2009年08月20日

前エントリーに補足

改めて前エントリーを見直してみて、書きたかったことが抜けてたり、説明不足になってたりしたので、補足してみようという試み。

1.安全保障に関して
 前エントリーで述べたように、世界の安全保障に関するコンセンサスに対して「反対」の立場を取っているのが日本の民主党だというのは周知の事実なわけです。
 さて、その世界の安全保障を蔑ろにしたした政党が政権を取ったとして、その言動をまともに取り合ってくれる国があるでしょうか? 例えば、自国の兵士をアフガニスタンの地で数十〜数百の単位で失っている米国をはじめとしたNATO諸国。そして、見捨てられてしまった当事者国であるアフガニスタンとパキスタン。加えて、そういった事態の推移を受けて、とばっちりを食ったイラン(自業自得でもあるが)や、その周辺に進出せざるを得なかったロシア+中央アジア諸国、トルコ。

 しかも当時のエントリーにも書いたように、民主党というか小沢はアメリカをはじめとした西側諸国はもとより、当事者国家からも『パブリックエネミー』扱いされてますからね。
 こういった国々と、民主党政権下の外務大臣がまともに交渉ができるとお思いになりますか?

 『いやいや、そんなこと思ってる国なんてないよ』なんて楽観的なことを思っているあなたは、マスコミに踊らされやすくて、しかもその事に気が付いていない幸せな方です。ある意味羨ましい。20代ならまだなんとかなります。
 もし、40歳過ぎてそう思っているなら、中国か朝鮮半島に移民したほうが幸せに過ごせると思います。(情報統制バンザイ!)

 マスコミにしろ、国家間の外交にしろ、多数派を作ってコンセンサスができれば、少数派または個人を叩くのは簡単なんですよ?
 日本自体が60年前にそれを身をもって体験しましたし、昨今のマスコミによる企業叩きを思い起こせば容易に想像が付くはずです。

 だからこそ、私は民主党を支持しないんです。


2.経済政策について
 現時点での民主党のマニフェストでは、どう考えても(いくら『節約』しても)財源が不足します。そうすると、これまでの予算案審議で民主党が強行に反対していた赤字国債を更に発行しないといけないんですけど、そうなった時に民主党議員の方々と、それに乗っかって赤字国債発行を批判していた方々はどうするんでしょうかねぇ?

 こちらとしてはある意味楽しみですけど。

 国の財政を「家計簿レベル」でしか論じられない、という点では『国民視点』というのはなるほどピッタリ当てはまります。しかしながら、国家運営ってのはトヨタとか松下みたいな馬鹿デカイ企業と同じ運営をしないといけないんですよ。一家庭に当てはめたらいけないレベルの額を扱ってるんですから。
 それがわかってないからこそ、民主党の国会運営はあんな無様を晒してしまう訳で。

 それが国民全般に伝わらないのは、マスコミのおかげです。


6.マスコミドーピング
 自民党は何をやっても批判され、民主党は何をやっても擁護され。
 これじゃあ、自民党の支持率が下がるのも仕方がありません。

 民主党は擁護されてなんかない!という方ももちろんいると思いますが、そういった方は、自民党の得点(主に外交)はことごとく報道されず、民主党の失点もほとんど報道されてないという点について是非ご説明していただければと思います。そうすれば私も翻意するかもしれません。

 ところが現状としてそうはなっていないわけです。
 顕著なのは、小沢の西松問題と世田谷の10億土地問題、鳩山の故人献金問題と相続税問題。ちょっと叩くだけでいくらでも埃が出てくるはずが、大手マスコミはすべてスルー。週刊誌が取り上げても、テレビ、ラジオ、新聞で取り上げないので国民がこれらの詳細を知ることはありません。
 翻って、安倍元総理時代の松岡農相から続いた農相叩き(松岡農相自殺の件でマスコミ関係者は野たれ死ぬべし、という持論はまだ変わっていません)、マスコミ自体が中共ベッタリなわりに中共に利をもたらしたと叩かれた福田前総理、そして世界中が信用バブル崩壊でアップアップな状況で総理の座に座り、半年で経済を立て直したにもかかわらず、漢字が読めないとかバー通いがけしからんとか叩かれる麻生総理。

 民主党の奴らは犯罪行為で億単位の金をせしめているにもかかわらず、自民党は法に触れていなくてもとにかく叩く、叩ける隙があったら叩く。これが公共の電波を使って行うことでしょうかね?

 こういった傾向が、民主党政権誕生後にも継続された場合にどういうことになるのか、76年前にドイツで成立した政権が身を持って示してくれています。興隆しつつあったメディアを掌握した「ナチス」という政権が。



というわけで、補足をしてみましたが、どちらかというと愚痴にしかなってないような気が。まあいいかw
最後に、いろいろリンクを貼ってお茶を濁しつつ〆てみたり。

アニメ第一期「さよなら絶望先生」OPのパロディ。素晴らしいクオリティだと言う他ありませんw


この前の国旗切り刻みに関する動画。日本人の国旗に対する敬意のなさに泣き、海外の国旗に対する敬意に涙することに。



民放では希少な民主党追求動画。これは村尾アナGJと言わざるを得ない。

posted by plop at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

民主党を支持しない理由

本日、衆議院選挙が公示されました。
いよいよ、日本の今後10年、30年、50年を占う選挙が始まったわけですね。

さて、かねてから私は自民党支持を謳ってきたわけですが、ここで改めて民主党不支持の理由を書き連ねてみたいと思います。

1.安全保障政策が最悪
 まず、日本が貿易立国であることを勘案して、日本の政策で一番大切なのは外交と安全保障対策だと考えてることはこのブログで何度も繰り返してきました。

 そこで民主党の過去を振り返ってみると、安倍政権、福田政権、麻生政権と続けてきたインド洋給油任務&ソマリア沖海賊対策に、国会の場に置いてことごとく反対を表明してきました。
 その結果は、一年半前のこちらの記事を読んでもらった後に、昨今のイラク北部からカフカス、アフガニスタンとパキスタン国境付近の情勢を思い起こしてもらえれば十分かと。

 結局、民主党の「なんでも反対」によって、アフガニスタンとパキスタンではテロが鎮静化するどころかますます悪化。この一年半でどれだけテロが増えたことか……
 イラク北部からカフカスにかけては、ロシアとトルコとイスラエルが主導権を握り、ある意味安定しました。が、もはや国際的な注目すら無い状況(アメリカの目が届かないという意味)で、その内実は民族浄化に近いものだという説もあります。(クルド人の自業自得という話もありますが)

 そして、民主党が政権を取った暁には、今度こそインド洋給油任務からは撤退し、ソマリア沖の海賊対策も再考するとのこと。
 ただでさえ金融危機で世界中が不安定になっているというのに、わざわざ世界大戦への引き金を引きかねない消極的な姿勢を見せるとは……1929年の世界恐慌から第二次世界大戦への歴史の流れを中学生と一緒に学び直してこいと言いたくなります。
 このまま民主党が政権を取り、世界の軍事バランスを崩す動きをするのであれば、後世必ず『第三次世界大戦のきっかけは日本だった』と言われてしまいます。

 だから、私は民主党に投票しません。


2.経済政策に反対
 麻生政権で成立した予算案4つのうち、補正予算に関する事案をすべて停止するとのこと。エコポイント廃止、エコカー減税廃止、消費者庁設立の見直し、中小企業に対する特別融資制度、公共事業の停止などなど、ここ最近経済を下支えしてきた政策をすべて一旦完全に止めるんだそうな。
 せっかく4-6月期のGDPが上向いてきて、統計的にも感覚的にもうまく行きかけてるのに、急ブレーキかけてどうするんだと。気が狂ってるとしか思えません。

 更に、民主党が打ち出している月2万6千円の子供手当、高等学校無償化、高速道路無料化、などとにかく何でもかんでも『薄くバラまく』政策には財源の裏付けがなく、最新のマニフェスト(民主党のマニフェストは日々更新されてますw)では、これら手当のために年38万円の配偶者控除と扶養者控除を廃止、企業に対する減税措置、ガソリン等にかかっている各暫定税率廃止などなど。それでも足らなくて『財源をどうするのか』と問われる始末。

 ちなみに子供手当に関しては、国籍に関する要件がありません。つまり、在日だろうが、不法入国の中国人だろうがブラジル三世だろうがフィリピン人だろうが、対象年齢の子供さえいれば誰もが平等に貰えるわけです。日本国民の税金を。

 高速道路無料化に関しては、車一台につき年5万円の自動車税負担をかけて、無料化を実現するとのこと。つまり、利用者負担ではなく国民全員で負担しましょうという社会主義国家、共産主義国家的な考えで行われます。
 なんというか、風に煽られてるアドバルーンにしか見えないんですが。

 だから、私は民主党に投票しません。


3.政権が長続きしないと予想
 何故か秘書が犯罪行為で逮捕されながら議員辞職もせずに『代表代行』というよくわからない役職についている小沢。
 故人献金を指摘されながら、説明責任は果たしたと強弁してこれまでの自身の言動と正反対の行動を取って『代表』の座に居座る鳩山。

 この二人のここ数ヶ月を見るだけで、いつ逮捕されてもおかしくない=政権が長続きしない、と考えてもおかしくないでしょう。いや、ただ単純に二人が逮捕されて「ざまぁwww」で済めばいいんですが、1.の安全保障関係で述べた通り世界の危機にあって、のんびり政局やってる暇はないんですよ。
 ここで半年もゴタゴタしようものなら、それだけで『日本が世界大戦の引き金を(ry』と言われても仕方ないんです。それだけ切羽詰まってる状況なんです。

 更に、うまいこと小沢と鳩山が逮捕されずに済んだとしても、民主党内の右派左派の意見の相違(自民スピンアウト組と旧社会党右派の寄せ集め故)、それに加えて社民、共産、国民新党と意見がバラバラな政党と連立を組むって言うんですから、向かう先は戦後最大のグダグダ政権たる『細川政権(Wikipedia)』しかないわけで。
 ただ、さっきも言ったように、半年もゴタゴタしているわけにいかない世界情勢なんですよ。

 だから、私は民主党に投票しません。


4.日本国と国民に対する敬意がまるでない
 昨日、麻生総理が党首討論の場で問いただした、民主党鹿児島支部での決起集会における、国旗切り刻み事件。これですべてが語れるかと。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090817/elc0908171755028-n1.htm
 各種外交交渉やスポーツの国際大会で使われ、文明開化の時代から国旗として国民に広く認知され、しかも法律で国旗と定められている日の丸を、切り刻んで加工して民主党の党旗に模すとは……
 この記事の写真を見て、『国民の生活第一』という言葉が信じられる人はどれくらい居ますか? 私にはとてもその言葉が信じられません。少なくとも民主党の言う『国民』は『≠日本人』ということを確信させてくれました。

 だから、私は民主党に投票しません。
 

5.支持団体が胡散臭い
 判っているだけで、朝鮮総連(Wikipedia)、民団(Wikipedia)、解同(Wikipedia)、
日教組(Wikipedia)、自治労(Wikipedia)、連合(Wikipedia)と、反日または左翼組織からの支援を受けています。こういう反日または左翼的な組織が金の出所である政党が、果たして本当に日本国のため、日本国民のために政治を行うでしょうか?
 私は絶対にそうは思いません。確信しています。
 もっと詳しくこれらの団体について知りたい場合は、Wikipedia行きのそれぞれのリンクと、こちらのサイトを参考にしてみて下さい。背筋が凍ると思います。

 だから、私は民主党に投票しないのです。


それでもオレは民主党に投票する!という方は、一度冷静になって考えて下さい。今の民主党の幹部達が、自民党が下野した93〜95年に何らかの形で政権運営に携わっていたことを。そして、その時期にどれだけ重大な事件や災害があったかを。
 オウムサリン事件や阪神大震災における後手後手な対応をもう一度体験したいというなら、もう止めることはできません。頑張って下さい。いろいろと。
posted by plop at 23:09| Comment(2) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

靖国参拝&ガンダム

今日は予定通り、靖国神社への参拝とお台場ガンダム見に行ってきました。

靖国は、4年前の大混雑のようなことはなく、10分とかからず参拝できました。4年前は炎天下の中、1時間近くかかりましたからねぇ。あの日は、静粛さを保ちながらもどこか期待に満ちた空気がありました。ですが、今日は静かに淡々と、という感じでしたね。
yasukuni2009.jpg
ただ、高校生や大学生くらいの若い人が結構目に付いたのと、九段下駅から靖国神社への道すがらのビラ配りがいつにも増して多かったのが印象に残ってます。

特にビラ配りに関しては、外国人参政権反対人権擁護法反対、中共による民族弾圧批判(主にチベット東トルキスタン)などなど。
ここ数年ネットを通じてジワリと拡散してきた情報が、民主党政権が現実のものとなりそうな情勢と相まって、ここで食い止めないと取り返しのつかないことになるという危機感が、今日の集中投下に現れたのだと思います。
今までは、ここまで焦点を絞ってませんでしたからね。さて、間に合うのかな……


参拝を終えて、新橋駅へ行ってみると……なんと、ゆりかもめの新橋駅で入場規制されとるw この事態を避けるために、11時前に着くように時間調整したんだけど、無駄でした。
お台場に遊びに行く家族連れ、コミケに方々(歴戦の兵はこの時間にはいませんがw)などなどで満杯のご様子。しかしながら、こういう混雑にはもう慣れっこなのか、駅員さんの連絡と誘導は非常にスムース。思ったより待たずに乗れました。

で、わざわざ一駅先の船の科学館駅まで行って、車窓から木々に囲まれて立つガンダムを見て、それから歩いて会場へ。順路通りに進んでいくと……おお!後姿が!って、でけぇ!!
gundam01.jpg

"Caution"表示とか作りこみすぎ拘りすぎw さすが日本人w
gundam02.jpg

なんだこの、ひざ裏や後部バーニアの作りこみっぷりは……外人が「日本はいつかロボット兵器を作るに決まってる!」と力説するのも理解できるわ。これ完全に原寸大モックアップだw
gundam03.jpg

正面からの一枚。
これって、自由の女神像にも匹敵しねぇ?
常設すべきって声が上がるのもよくわかります。
gundam04.jpg

左肩の東京五輪招致マークと頭のアップ。目の部分は光ってるし、時々首動くし、年甲斐もなくワクワクしちまいますよ。そして、肩周りの関節のディテールもスゴイ。
gundam05.jpg

コックピット周辺のアップ。AパーツBパーツの繋ぎ目もよくわかります。この辺も"Caution"だらけw 拘りすぎだろw
gundam06.jpg

いやあ、凄かった。もういっそのこと実物作るために国で研究しちゃえw と思わせるほどの期待感というか高揚感というか、ワクワク感をもらっちゃいました。

帰る道すがら、実際に兵器になったとしてもあんだけ背が高くて的がデカイんじゃ、まともな戦力にはならんだろうなー、とは思いましたがw
まあ、そこは、騎馬警官的というかパトレイバー的な運用なら問題ないように思ったりも。自衛隊が海外派遣されたら、基地内に立たせておくだけ。こうかはばつぐん、かもしれないw
posted by plop at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

前エントリーの補足

おおっと。
久々のエントリーだったんで、不安になって見直してみたらいろいろ不備がありました。まずは、党首討論のアーカイブサイト。

新聞三社(日経、朝日、読売)の合同サイト「あらたにす」の配信。
http://allatanys.jp/S001/ex31000.html
ニコ動はこちら。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7918680
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7916254(高画質版)

ニコ動のノーカット再放送じゃ、50コメントくらいしたなぁw
ちなみに、一時間半で入場者4万超え、コメント40万超えと注目度の高さを伺わせました。


チラ裏も一応URL貼ったんだけど、あれじゃあわからんよな、ってことでもう一度URLを。
http://chiraurasouko.blogspot.com/

民団や総連や自治労がネット工作するなら、俺らもやってやるぜ!とばかりに、政府の中の人らしい人だったり、海外駐在の商社or金融機関らしい人だったりの、隠語だらけ、かつ、信憑性の低い話が盛りだくさんですw
読み終わったら、ワロスワロス でサラリと流すのが一番ですね。


うっかりチラシの配布サイトはこちら。
http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/
http://chirashihokanko.web.fc2.com/
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/Chirashi01.html

恐らく、お子さんをお持ちの家庭に一番効果的な一枚。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/Chirashi02.html#Chirashi202
日教組はマジで滅ぶべき。


土曜日は久々に仕事がないから、靖国神社→お台場ガンダム→アキバ にでも行ってこようかなーと思ってます。そういや、初めて靖国神社に行ったのは4年前の郵政選挙前だったっけな。あの時も、選挙前は厳しい情勢だった……
posted by plop at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

党首討論を見た

なんと、3ヶ月ぶりのご無沙汰となりました。
仕事に慣れるまでの時間もさることながら、小沢疑惑云々の後の動きがあまりになかったり、鳩ぽっぽの故人献金発覚の後の動きがあまりに鈍いもので、やる気がなくなってたり。

それでも最近は、2chで○○関係のチラ裏(チラシの裏に書いたような妄言ですよ?)が多数投下されるようになってきて持ち直し、しかもつい今しがたニコニコ動画でノーカット党首討論を見たおかげで、かなり持ち直しました。

この党首討論、先日NHKと民放にノーカット放送を拒否されたアレです。(さすがにこの件に関しては頭にきたので総務省に抗議文を送ったのですが、それはさておき)ニコニコ動画での再放送はかなり面白かったですw

鳩山党首の話の聞かなさっぷりはスゴイし、麻生総理の具体的な数字を上げた成長戦略と民主党へのツッコミは見事と言うしかなく。あの放送を見て、「民主党スゴイ!」とか思った人がいたら、脳の病気を疑っても仕方ないレベルでした。


ちなみに、最近のマスコミの支持率調査では、メディアによって差がありすぎたりして、個人的にマスコミへの不信感が増しつつ、チラの云々かんぬんが実際に実行に移されてると安心したり。


あ、そういえばミンス民主党の安全保障政策がでましたね。ようやく。
うん、さすが脳内がお花畑な人が半数以上を占める(想定)連立政権。ゲームでしかありえないような内容に頭痛が・・・ちなみに、これはあらゆる面でシビアな洋ゲーでは許容されないレベル(設定)です。


さて、なんだかんだで劣勢なのは変わりないようなので、うっかりチラシを置いたりしようかな。4年前の衆院総選挙では、負けたら海外移住も視野に入れていましたが、今では負けても一蓮托生ってな気になってます。公示ももうすぐ。頑張らねば。



あ、そういえば、のりPやお塩先生の件ですが、チラ裏では仕込んでいたりいなかったりだそうで。しかし、おおまかな方向性は変わらないらしく。

個人的な予想としては、あれを橋頭堡としてテレビの信用を完全に失墜させる方向に行くんじゃないかと思っていたり。
競馬的に言えば、
 ◎朝の情報番組司会者
 ○芸能人と殆ど変わらない局アナ
 ▲選挙報道番組の司会者
 △お笑い出身の司会者
あたりが引っ張られるんじゃないかなーなんて思ってます。
時期としては、公示の前後か投票日前日or当日あたりかなーなんて。
posted by plop at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。