2006年02月01日

ワロス曲線w

今日は日本市場もおしなべて下げ基調だし、ライブドアもまあ普通に2桁台に入ってきてあまり面白くなくなってきたので、先日ちらっと紹介したドル=ウォン相場、いわゆるワロス曲線をリアルタイムで見ていました。(ワロス曲線の解説はこちら

以下が今日の値動き(日本時間13時〜15時)のチャートです。(クリックで拡大)
won.jpg
このサイトドル=ウォン相場を見る前に2chをチェックしていたら、13時過ぎから投機ファンドが参戦するとの情報が(笑)。
そこでずっと張り付いて相場を見ていたわけです。

チャートをすぐ見てわかるように1ドル=961ウォンが今日の韓銀の介入線だったようですが、13時(チャートの4:00)からの30分弱のウォン買いドル売り(赤いローソク)に抵抗できず、一休みしたところで息を吹き返した(連続で緑のローソク)ものの、14時前からのウォン買い、そして14時40分過ぎからの更に強いウォン買い(長〜い赤ローソク)に耐えきれず一時1ドル=959ウォンを突破してしまいました(笑)。リアルタイムで見ていると、赤が一気に長くなり、そのあと少しずつ短くなって、また一気に赤が、という攻防が見られたのですがそのあたり画面キャプチャではお伝えできないのがもどかしいです(笑)。

で、ここ5営業日のドル=ウォン相場を見てみると、ものすごい勢いでウォン高が進んでいます。
その結果起こったのがこれ。輸出だけに頼って内需がほとんどない韓国では、ウォン高は致命的ともいえる経済「逆」効果をもたらします。
ウォン高が一時的なものならいいんですが、これが長期間続くようだと韓国の経済はボロボロになってしまいます。
かといって、韓銀の外貨準備高日銀(財務省)と比べると(リンク先は昨年末の数字です)、国の経済規模からすると多いですが絶対額ではたった1/4です。かなり足りていません。先週から何度も、というかほぼエンドレスで介入させられている韓銀の外貨準備高がいつゼロになってしまうやら、つまり1997年の通貨危機と同じ状況が起こるんじゃないかという不安がつきまとうのです。

ちなみに韓国は、2004年11月にウォン高対策として紙幣発行を考えていたとのこと。もし、この方針がそのままなのであれば、これから韓国を待ち受けるのは近年稀に見るインフレ。通貨危機の再来か、それともアルゼンチンの経済破綻の再来か、といった様相です。(いや、さすがに紙幣増刷なんて愚は犯さないと思うんですが、なにせ韓国ですから…)

こうなってくるといつ破綻するのか、そして通貨危機の時のように日本に泣きついてくるかが楽しみになってくるものです。最近は靖国にこだわって韓国の方から対話を拒否していますが、さてさて、自国民を刺激しないようにして、いかに日本に助けを求めてくるか。本当に楽しみで仕方ありません。
予想通りであれば少なからず日本にも影響が出るかとは思いますが、それ以上に楽しみなのですw
posted by plop at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

マネロン続報

昨日のエントリーの続きですが、トラックバックを送ってもらったGO!!中三's Luckさん(感謝です!)のYahooニュースを見てみたら、ライブドアのマネーロンダリング疑惑について調査が進められているとのこと。

昨日書いたことがすぐにニュースになったことに驚きつつ、もうちょっと遅かったら完全にタイミングを外してピエロになるところだったなぁ、と安堵したり(笑)。

さてさて、このニュースが報道されたことの意味を考えると、中国・北朝鮮に対して「今回はライブドア潰したが、今度同じ手口できたら速攻潰すよ☆」と表明したとしか考えられないのですが、どうでしょう。
その他に考えられるとしたら、金曜日に上がってしまったライブドア株に釣られて参入しようとする個人投資家への警告でしょうか。イコール、鉄火場で貪欲に稼ごうとする機関投資家への警告とも受け取れますが。(いいかげん素人を嵌め込むのはやめとけや、つーこと?)

たぶん、テレビやラジオではこの話題はあまり取り上げないでしょうけどね。だって、この問題を突っ込んでいくと、最終的に中国・北朝鮮に行き着いちゃうもの。マスコミはそんなことしません。(何故かというのは、「韓流 電通」とかでぐぐってみると面白かったり)
posted by plop at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

今週は面白かったですね

先週はライブドアショックと通常国会が始まったことが相まって、細かいニュースを収集できませんでした。貝になったように、ひたすら値が戻るのを待った日々……

しかし、今週はライブドアの件を含めて面白いニュースが目白押しでしたね。特に北東アジア(中国・韓国・北朝鮮)関連で。
ざっと並べてみるだけでも、一気に動きが活発になっているのがわかります。

北朝鮮に対するマネーロンダリング規制
偽造紙幣取り締まり
・上記の韓国内の報道
スイス、北朝鮮との取引停止
ヤマハの無人ヘリ不正輸出
陸軍陸自の地対空ミサイルデータが朝鮮総連経由で流出

米、欧、日と北東アジアに対する締め付けが一気に厳しくなったのが分かります。ま、米は以前から同じ態度ではありますが、北朝鮮の動きがトロイためいよいよ圧力を強めてきたという感じ。逆に欧は、今まで無関心(or裏で支援)していたのが一転、圧力をかけ始めました。米となんらかの政治的取引が成立したんでしょうか。
それにしても、日本の締め付けの激しさにはビックリしました。特に無人ヘリと地対空ミサイルについては、よくぞ表沙汰にしたと思います。日本にスパイ防止法があったら、何人か懲役刑を受けてもおかしくないのですが。

で、これを踏まえて以下の記事を読んでいただくと趣深いものがあります。
ライブドアのマネーロンダリング疑惑
まあ、前々から言われていたことですが、ライブドアの資金源はアブナイところが多かったらしいです。(私は2年くらい前から耳にしていたので、ライブドアに見向きもしませんでした。詳しくはぐっちーさんのブログをどうぞ)
ライブドアマーケティングと関係の深い投資ファンドの資金の一部は、北朝鮮・中国が出所なんじゃないかという憶測もあったりなかったり。ライブドア関連の株を使ってマネーロンダリングをしていたんじゃないかという話があったりなかったりするわけです。

と、そんなわけでマネーロンダリングの場が次々と潰されたのが先週から今週にかけての動きだったわけですが、一週間前からドル=ウォン相場に異変が起こっています。何やら、ウォンがヘッジファンドの標的になってありえない動きをみせているそうな。詳しくはワロス曲線をどうぞ。無限Won-Upには非常に笑わせてもらいました(笑)。

それはさておき、これをみると通常の市場とは違いあからさまに人為的な操作がされているのがわかります。
これが、韓銀がアホ過ぎるから起こっていることならまだいい(いいのか?)のですが、ワロス曲線のページでもLesson6の「△注意」で書かれているように、表だって北朝鮮に資金を流すことができない韓国が意図的にこの操作を行っているんじゃないかと、個人的には邪推してしまうのであります。
この場合の資金の流れは、韓国→ヘッジファンド(華僑系)→タックスヘイブンのダミー会社→ダm(以下略)→中国→北朝鮮 って感じでしょうか。

長々と書きましたが、つまり、全世界から総スカンを食らって北朝鮮の資金源が枯渇してきたのかしらん?と思うわけです。その結果何が起こるかというと金正日体制の崩壊ですね。お金無ければあの体制はどう考えても維持できませんから。拉致問題や核問題、その他問題は山積みですが、解決する前に相手がいなくなってしまいそうな雰囲気がじわじわ。
こういう追い込み方は70年前に日本が置かれた状況に似ているので、北朝鮮が暴発しないか心配ではあります。トリガーを引いた以上、戦後初めて戦争とはいかないまでも紛争事態までは起こることを覚悟してのことでしょうが……けど、今の北朝鮮にプレッシャーをかけるにはこれくらいしか方法がないのも確かです。現に6ヶ国協議再開という話も出てきてますしね。
とりあえず私にできることは、ヤバそうになったら株を全部売ることだけですけど(笑)。


ちなみに、2004年に円がヘッジファンドに狙われた時の日銀の介入について、こちらをどうぞ。1日1兆円の介入で、ヘッジファンドはことごとく討ち死にしたそうな。日銀砲恐るべし。100兆の準備資金は伊達じゃありません。
介入額の一覧はこちら。これがあったからこそ、今の景気回復があると思うと、日銀ってのは凄いなと思うのであります。
posted by plop at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

9月2日の靖国参拝

9月2日に友人と、予定通り靖国神社を参拝してきました。
前にも書きましたが、この日はポツダム宣言を受諾した日。実際に敗戦が決定した日にあたります。(8月15日は玉音放送がなされて、組織的な抵抗が終了した日)


missouri01.jpg missouri02.jpg
これはハワイに行った時の写真。
記念館になった戦艦ミズーリ(左)と、そこに保存されているポツダム宣言受諾書類(右)


靖国神社は、さすがに8月15日とは違いかなり空いていました。あの日だけで20万人以上の人達が参拝に訪れたそうですから、それと比べてしまうのはどうかと思うのですけれど(笑)。

yasukuni05.jpg
8月15日のエントリーと比べるまでもなく
こんな感じで、普通の大きい神社と変わりない参拝客の数です。

残暑厳しい中、汗を拭き拭き拝殿まで赴きます。前は1時間以上かかった道のりですが、この日は5分もかからず。途中、テレビカメラを1台見ましたが、その他におっ!と思うようなところはありません。
蝉の声がうるさいですが、とても都心とは思えないような喧噪とは無縁の世界。これで暑くなかったらいうことなしだったのですが。でも、久しぶりに神社特有の「場の雰囲気」を味わうことができて良かったです。(きっと日本人じゃないとわからない感覚ですね)

そしてお参り。日本が降伏してから60年が経ち、ようやく日本は戦争の陰を引きずるのを止めて「普通の国」に変わろうとしています。その流れが早まるのか澱むのか、1週間後の衆議院議員選挙で答えが出ることでしょう。
そんなわけで、国のために命を落とした方々のご冥福を祈りつつ、小泉首相が選挙に勝てるようお願いしてきました。

お参りを終えて、今度は前回混んでて買えなかった靖国神社のお守りを買いました。
そしてこれまた前回あまり見れなかった遊就館に赴きます。しかし、このあと待ち合わせが入っていたのでゆっくりじっくり見るのを断念。1階に展示されているゼロ戦や機関車やおみやげ屋さんを覗いて、喫茶で海軍珈琲を飲むにとどめました。
yasukuni06.jpgゼロ戦、意外とデカい

そして最後にもう一度おみくじを。
実は前回、おみくじを引いて末吉でした。しかも内容はどちらかというと凶。その後、ちょこっとした不幸が立て続けに起きたので(金額に直すと1回につき1万円くらいの不幸)、厄落としの意味でもう一度引いたのです。今度は吉。さて、これで厄落としになったかどうか…

1時間ほどで靖国神社を後にしました。
そういえば帰りがけに気づいたのですが、意外と外国人の方が靖国神社を訪れていました。来た時は1人、そして拝殿で1人、でも帰る時には7〜8人ほど見かけました。あの参拝客数からするとかなり外国人比率が高かったことになりますね。たまたまだったのかもしれませんが、こういった場所に外国人の方が来てくれるのは嬉しいことです。
posted by plop at 02:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

防災の日

月も改まって、今日は防災の日ということで関連するサイトを集めてみました。

tenki.jp 言わずと知れた日本気象協会のページ。天気予報から災害情報からなんでも揃っています。ただ、アクセスが集中するとすぐに落ちるのが玉に瑕。今日のリニューアルで改善されたのかな?

WLine World 天気予報サイト。地域ごとの週間天気予報とアメダス、この季節だと台風情報が手軽に見れるので便利。
WheaterEYE 天気予報サイト。都道府県別の天気予報と実況天気図や衛星写真が見れます。WLine Worldより大きな写真が見れるので、より詳しく見たい場合はこちらを。
ウェザーニュース 天気予報サイト。ランドマークや郵便番号検索でのピンポイント天気予報を出しているのが特徴。布団を干せるかどうか判断するのに重宝します。

Yahoo!地震速報 地震速報サイト。日本気象協会提供の地震情報を速報で更新しています。やや更新が遅いですが、Yahooだけあってサーバ落ちることはまずないです。
防災研 高感度地震観測網 地震速報サイト。全国各地の地震計からの情報をリアルタイムに収集・解析して速報を出しています。Yahoo!が更新されていない時はこっちを見ると、たいてい更新されています。日本最速?

東京電力 雨量・雷観測情報 落雷情報サイト。ゴロゴロと空が鳴りだしたらここを見ます。関東のみですが雨と落雷の情報が3分or6分置きに更新されるので、自宅または仕事場が停電するかどうかの目安を得ることができます。

内閣府 防災情報 総合防災情報サイト。作りはわかりづらいですが、災害対策(事前・事後)と地震・火山に関する情報がまとめられています。
HIR-NET地震速報 リンク集サイト。地震速報以外にも津波情報、火山情報など様々な情報サイトのリンク集になっています。たまにリンク切れがあったりするのはご愛敬?!

と、こうして書いてみると、どちらかというと自分用のブックマーク避難所のような感じになってしまっていますね。

……ネタに困ったときはブックマークから抜き出してまとめるか。
posted by plop at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

最近の朝日新聞

衆議院総選挙も近づいてきたことですし、たまには社会的な話題も。

年明けに取り沙汰された、NHKの番組が自民党議員からの圧力で改変されたと、朝日新聞が捏造して報道した事件で、最近朝日新聞が取材資料の漏洩があったと認めて謝罪したそうな。
しかもリンク先を読むと朝日新聞が報道した改変問題自体は、なあなあにして忘れてもらおうと思っているような節がありますね。厚顔無恥もここに極まれりといったところでしょうか。

そして、今日の読売新聞の記事ですが、長野県知事の田中康夫が党首になった新党日本の記事に関して、朝日新聞長野総局員・西山卓記者が虚偽の取材メモを作成して記事したとのこと。
この記事の中で、責任者はこう言っています(以下引用)
吉田慎一・朝日新聞社常務取締役(編集担当)の話「実際の取材をせずに、あたかも取材をしたかのような報告メモをつくり、それが記事になるという、朝日新聞の信頼を揺るがす極めて深刻な事態が起きてしまいました。記者倫理に反する、決してあってはならないことであり、深く責任を感じています。田中康夫・長野県知事や、亀井静香・元自民党政調会長ら関係者と読者のみなさんにも深くおわびいたします」

が、まあ何を今更という感じで(笑)。
朝日といえば珊瑚というくらい捏造を行う新聞だというのに、自覚はないようです。(リンク先は珊瑚事件を中立な立場で書いています)
要は朝日新聞への信頼なんぞ毛先ほどもありませんよ、と。

インターネットを通じてより1次情報に近い情報を得ることができるようになってからというもの、私のマスコミへの信頼感はゼロに等しくなりました。あまりにもマスコミの恣意的な解釈が多すぎます。
捏造を得意とする朝日新聞は論外ですが、例えNHKでも、今回の引用元の読売新聞でも、取材で得た情報を意図的に隠して自分たちの意見に沿った情報しか流しません。
つい2〜3日前にも日本テレビが、郵政法案反対派の八代氏が例外として自民党から公認候補として立候補、という誤報を流していました。当然謝罪は無しです。

こういうことを繰り返されると現時点でほぼゼロのマスコミへの信頼度が更にマイナスへと振れてしまいます。そろそろマスコミの中の人たちは、自分たちの立場を客観的に見つめ直して行動することを求められるのではないでしょうか。
というか、せめて売国ではないマスコミ(読売系とか産経系とか)は何が国民に求められているか自覚してもらいたいものです。

朝日?つぶれればいいです。
posted by plop at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

靖国神社に行って来ました

今日8月15日は太平洋戦争で日本が負け、第2次世界大戦終了60周年という記念の年ということで、初めて靖国神社に参拝してきました。

10時頃、JR飯田橋に着いて靖国通りへ向かいます。駅から15分ほど歩くと靖国通りに出ました。この辺りまで歩いたところで、物々しい警備体制が敷かれていることに気が付きました。きっといつもはこんなに機動隊の皆さんはいないのでしょうが、さすがに今日は投石避け装備の警察車両が靖国通りにずらっと並んでいます。反対車線も合わせて20台ほどでしょうか。

yasukuni01.jpgこんなランクルやらプラドやらマイクロバスが(笑)

そんな車両を横目に見つつ、人の流れに沿ってしばらく歩くと、靖国神社に到着しました。
老若男女を大きな鳥居が出迎えてくれます。というか、ここは靖国神社の入り口のようで本殿というかお参りする拝殿はまだまだ先の様子。

神社の敷地に入ってからも周りの人の流れに乗って進みます。鳥居を2つと神門を通って、人の流れが止まったところで、ようやく拝殿を見ることが出来ました。




神門の大きな菊の御紋中門鳥居から見た拝殿
yasukuni02.jpg yasukuni03.jpg

人並みはじわじわとしか進まず、拝殿に達するまで30分くらいかかりました。
その間、報道ヘリが何度も周回しているのをウザがってみたり、各所に構えられているテレビカメラがどの局のものかチェックしたり(TBSとフジはカメラにマークがありました)してみます。
そしていよいよお参り。
最後の戦争から60年。お陰様で日本はその間ずっと戦争をせずに平和です。と祈っておきました。

それにしても、拝殿の前は混雑が激しくなって大変です。まあ、私は通勤ラッシュの経験も1985年の科学万博で行列も慣れていますし、身体がデカいですからあまり気にはなりませんが、慣れていない人や体格が小さい人には少々キツいと思います。というか、むしろ翻弄されている人が多かったです。

yasukuni04.jpgそして拝殿

やることはやったので、とりあえず記念ということで靖国神社のおみくじを引いてみました。
結果は末吉…orz
良いことが一つもないおみくじは初めてです。とほほ。

そして人混みを離れて神社内をぶらぶらしてみます。と、なにやらスーツを着てはいるものの、とてもカタギとは思えない雰囲気を醸し出している集団がちらほら。当然の事ながら珍走団のような特効服気味な格好に身を固めた右な方々はあちこちで見かけるのですが、まさかそっち系の方々もいらっしゃるとは。
そして普段は閉めているであろう北門から続々と黒塗りの車が入ってきます。どうやら「靖国神社に参拝する国会議員の会」とか言うものに出席するためらしいです。それにしては警備がやや手薄じゃね?とは思いつつ、遊就館という記念館を覗いてみました。
1階部分は無料、2階から先は有料(大人800円)ということだったので、混んでいることもあってゼロ戦やら大砲やら蒸気機関車やらを展示している1階部分だけをさらっと流して終了。今度空いている時に来てゆっくりと見たいです。

11時頃にはいろいろイベントが始まるようなアナウンスがありましたが、あまりに暑くて汗だくだくだったのでそのまま帰路につきました。

今回は終戦記念日ということもあり人が多くて、霊廟という感じの荘厳というか静謐な感じは受けませんでした。そういった雰囲気の靖国神社を感じてみたいので、人が少ない時にもう一度来てみたいと思っています。

(追記:8/16 2:15 私が行った時間は平和でしたが、その後ごたごたがあったようですね。こういう事を無くさないとそのうち中国韓国に付け込まれそうな気がしますが)
(更に追記:藤沢生活改め湘南生活さんからトラックバックをいただきました。8/15に靖国参拝した方々のブログを集めたエントリーに、私のエントリーが入っていました。ありがたいことです。あれこれ読んでみますと、どうやら私が行ったのはまだまだ空いていた時間帯だったようです)
posted by plop at 18:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

ロンドン同時爆破テロ 続報

NHK BS1で流しているBBCの生放送からの情報ですが、現在までに33人の死亡が確認されたとのこと。
この様子だと、最終的に死者は60人を超えてしまいそうです。

観光客も多数巻き込まれているという追加情報があり、病院では英語が分からない負傷者が多く出ており通訳が必要な状況になっている模様。

また2年ほど前、ロンドン市で地下鉄テロを想定した救助訓練を行った際、その訓練で地下鉄内で爆発・火災が発生すると酸素が足りなくなり犠牲者が増える可能性が高いことがわかったそうです。

マドリードの死者200人超に比べれば被害は少ないですが、テロ事件としてはかなり多数の死者を出していることに変わりありません。
なるべく犠牲者が少ないことを祈るのみです。
posted by plop at 00:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

ロンドン同時爆破テロ

今日は午後からBSニュース(NHK BS1)をずっと見ていたのですが、夕方からはロンドン同自爆はテロのニュースだけを流していました。

第一報は、ロンドン名物二階建てバスで爆発が起き、バスの半分が吹き飛んだということでした。イギリス時間では朝のラッシュ時ということで、かなりの死者・負傷者が出てしまうなと思っていました。
その後、地下鉄の3ヶ所(すべて走行中の列車?)でほぼ同時に爆発があったとのこと。

BS1は、20:00からBBCの特番ニュースを生で流しています。それによると、今のところ確認された死者は2名。負傷者は150名を越えている模様。観光客が巻き込まれたという情報はないようです。
英政府・警察からは、地下鉄およびバスはすべて運行を見合わせており、市の中心部からなるべく離れるようアナウンスがされています。

映像を見ている限りでは、巻き込まれた人達も救助に当たっている人々もかなり落ち着いて対応しています。英政府が、テロに備えて常に訓練をしていたという発表をしていましたが、それも頷けます。
地下鉄での爆発では、爆発で照明が全て消え、衝撃で乗客が倒れ込み、その後煙が充満して碌に息もできないような状況にありながら、乗客は誘導に従って集団パニックに陥ることなく避難できたようです。ただ、地下に取り残されている人達もまだ多数いる模様。被害が少ないことを祈るばかりです。

現在のところ、アラブ系のテロリスト組織(おそらくアルカイダ)による犯行が濃厚のようです。
マドリードでの列車爆破テロとの類似点があり、またWebサイトに犯行声明も出ていて、アラブの戦士、ムジャヒディン、アフガニスタン、イラクといったキーワードが並んでいるとのこと。ただし、どの組織が出した声明かはわからないようです。

G8サミットにあわせて行われた今回のテロ。
狙いは、アラブ・中央アジアに向けられていた世界の視線が、アフリカその他の地域に向いてしまうのを阻もうとしたのでしょうか。
今回のサミットでは、地球温暖化とアフリカ問題が主な議題として各国首脳が話し合いを行う予定でした。世界からアラブ・中央アジアの問題が「とりあえず終わったこと」として認識されてしまうと、資金源が細ってしまうというような懸念がアラブ系テロ組織にあり、それが動機になったのではないかと考えてしまいます。

こういった自分達の益体もない主義・活動のために、関係ない市民を狙って殺傷するいう行為には軽蔑以外の感情を抱くことができません。
テロを撲滅するのは、宗教・経済などの問題が根底にあるので難しいこと承知ですが、今世紀中にはテロに至るバックグラウンドを改善していかないといけないのではないでしょうか。

最後に、このテロの犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。
posted by plop at 22:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

攻撃ヘリ緊急着陸

このところ尼崎の列車事故やヘリ墜落が続いたせいで、列車のオーバーランやヘリの不時着が殊更ニュースになることが多いですが(こういうのもマスコミ全体における無自覚な印象操作ですかね)、今回のは目撃した人はさぞかし驚いたことと思います。

今回、不時着したのは陸上自衛隊の攻撃ヘリAH-1S。アメリカ製のものをライセンス生産して配備している機種ですね。
機体の異常を示すランプがついたため緊急着陸したということなので、フェイルセーフはきちんと機能しているということですね。乗員の判断も正しいと思います。
これが、異常を示さずにいきなり故障して墜落するのが一番まずいわけですから。

昔、近くの自衛隊基地の基地祭に行ったことがありまして、その時にAH-1Sの地形追随飛行からの空対地攻撃(もちろん模擬です)を見学しました。
ヘリって比較的高いところを飛んでいる時はローター音からどのあたりにいるかわかるものですが、低空だと音が乱反射してどこにいるかわからなくなるんですよ。500mくらいしか離れていなくても雑木林の向こう側に隠れられてしまうと、もうどこだかわからない。
で、基地から見てちょっと高台にある雑木林の上にそいつが姿を現して、あの細っこい機体を前傾させ(ヘリは基本的に前傾しないと前に進みません)、林から5m上くらいのところを滑るようにして基地に向かってきた時は、『ああ、実戦なら確実に死を覚悟できるな』と思わせるものでした。

まあそんな、日頃はお目にかかれない攻撃ヘリが近所に不時着する様を見たのでは、それはそれはビックリしたことでしょう。民間のヘリのように丸っこくないですし迷彩塗装ですし。
個人的にはそんな光景に出くわしてみたくもあるのですが(笑)。
posted by plop at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

またJR西日本か

お昼にこのニュースを見た際の、正直かつ率直な感想。

またJR西日本か!
何回事故を起こしても人命軽視は変わらずか!


1991年の信楽鉄道事故
といい、2002年の救急隊員を巻き込んだ二重事故といい、本気で安全を追求しようという姿勢、現状を改善していこうという姿勢が全く見られない。
おまけに似たような事故を何度も起こしながら改善できないとは…

国土交通省はJR西日本に対して強硬な手段を執らないと、この会社の体質はいつまで経っても変わらない。かといって、あれだけの路線を抱える公共交通機関に対して、営業停止処分やそれに類する処置を与えるのは現実的ではないのも事実。
こうなるともう、第三者機関による安全監視体制でも構築するしかないんじゃないかと思う。

死者数50名超えって、いったいどこの発展途上国だよ…
事故に巻き込まれた方々、その関係者の方々の事を考えるといたたまれない…
ネットの片隅ではありますが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
posted by plop at 21:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。