2009年01月25日

指切った その後のその後

怪我から丸2週間経ち、そろそろ傷口テープを剥がさないとな、ということで勇気を出してやってみました。つーか、テープが血で固まってなかなか取れなかった……

で、取った後にきれいに洗って記念撮影。人によっては精神的ブラクラになるかもしれないので、見たい方はこちらをクリック
楕円っぽい感じの傷口自体は思ったよりもキレイで、一応くっついてます。傷口から先が赤黒くなっているのが判りますか? 指先を1mm厚くらいでスライスしてますね。

怪我した直後に描いたイメージ図と比べると結構違ってて、我ながら笑っちゃいますがw
yubi.png

ちなみに刃の進入方向は右から左へ。よくこれで指先が落ちなかったものだと我ながら感心してしまいます。改めて確認してみると、半分どころか八割方切れてますからね。

爪に近いところは辛うじて感覚があるんですが、傷口に囲まれた範囲は、完全に感覚がありません。直に触っても、布越しに触っているような感覚です。こりゃ完全に神経切れてますね。感覚戻るのかな?
で、まだ、押すと痛いです。キーボード打つくらいなら問題ないくらい回復してますけど、まだまだ加重はかけられないっぽいです。


そういえば、こういう場合の全治ってどうなるんだろ? 傷が塞がったら全治扱いなのかな? 
posted by plop at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

GOSAT打ち上げ成功

ニコニコ生中継とJAXAライブ中継の2窓で打ち上げの様子を見ていました。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2562173/3715526
いや、良かった良かった。やっぱり、当初の計画(21日)から延期になると成功するってジンクスは本当ですねw

生中継は打ち上げ前後30分くらいで、実際にロケットが飛ぶのを見ることができたのは30秒あったかどうか。生憎の曇り空だったんで、あっという間に雲に隠れてしまった上、その後の中継はJAXAに届いたメッセージとGOSATの説明が主で、ロケットと衛星の様子をリアルタイムで表示し続けたわけじゃないので。
ブースター切り離しとGOSATの軌道投入の様子は見れましたけど。

で、ニコニコ生中継だと、リアルタイムでコメントが入るんですが、予備知識を持たずに見に来てる人が多くてビックリ。てっきり、興味がある人ばかり集まってるもんだと。
発射前に機体から出てる白煙はなんだ?とか(液体燃料が蒸発してます)、打ち上げ後に今何をやってるかサッパリ判らない人とか(生中継のリンク先(JAXAの特設ページ)を見れば判ります)。JAXAはこういった層にもわかりやすいライブ放送をすべきなんじゃないかと思ったり。その旨はJAXAライブ中継のアンケートに書いて送りましたけど。
ちなみにニコニコでは12,000人以上がアクセスしてました。

まあ宇宙開発に関しては、M-Vの後継ロケットがなんで実績がまったくないLPGになんの?とか、射場をもっと赤道に近いところに移せないの?とか(パラオに打診すれば協力してくれるんじゃないかと思うんだけど…)、いろいろ言いたいことはあるわけですが。

それでも今日の成功はめでたい!
残念ながらJAXAの特設サイトには、相乗りした国産小型衛星7個の詳細は出ていないのですが、まあGOSATが無事に軌道投入できたのなら、衛星分離機構のエラーがない限り大丈夫だと思います。

このところ、マスコミは(意図的に)暗いニュースばかり流していますからね。誰がどう見ても明るいニュースである今日の打ち上げ成功が、なんらかのきっかけになればいいな、なんて思ったりします。
posted by plop at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

指先がくさい

指を切って、早10日。いまだ傷口テープを取らないままなんですが、指先がくさくなってまいりましたorz まあ、10日以上洗わないでいると人間ってのはくさくなりますからねぇ。こ、これは浮浪者の臭い!

いや、もう傷口は塞がってるとは思うんですけど、切った箇所から先の感覚がおかしいのと、傷口テープを通して見る指先の色がかなり嫌な色に見えるんで躊躇しているわけです。具体的に言うと、青黒い。これって結構取り返しのつかないことになってね?
指先に圧力をかけない限り痛みは感じないんですけど。


このところは買い物出るのも車しか使ってません。
まあ、部屋の片付けをするのにかさばるものを買ったりすることが多いんでどっちにしろ車出さないといけないんですけど。自転車はほとんど乗ってない、というか1kmも乗ってないんじゃないかな?
手袋はできるようになったけど、左手でブレーキをかける時に思い切り握れないんで、逆に危ないという考えもあったりします。

話変わって、指切った際に100円ショップで買った電子レンジでパスタが茹でられる容器ですが、それでそばやうどんが茹でられるかチャレンジしてみました。
 そば―時間をやや短縮して成功、ただし吹きこぼれる
 うどん―失敗、茹でムラができてしまった。その上吹きこぼれる
うーん、本当にパスタ用なんだ。これって。
うどんは平べったいタイプなんで、もしかすると断面が円に近い麺じゃないとうまくいかないのかも。

と、どうでもいい日常のことを書いてみました。サッカーがオフシーズンになるとどうしてもネタが切れるねぇ。
ホントは傷口を写真に撮って経過報告をしてみようかと思ったんですが、予想以上にグロくなりそうなんで控えてみましたw
でもさすがに、明日あたりには傷口テープ取らないとなぁ。どんなことになっているやら。
posted by plop at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

指切った その後

日曜夜にズッパリ切った指先は、腫れもなく、順調に回復しているようです。痛みも日々和らいで、今は痛みはまったくなく、あとはくっつくのを待つだけです。
昨日ガーゼを取り換えましたが、出血は完全に止まっていてガーゼにちょっとだけ茶色になった血がついてただけでした。よかったよかった。

そんなわけで、左手人差し指がしばらく使い物にならないので、日常生活で困ったこと工夫したことなどを箇条書きに。(ほぼ自分用メモ)

・マニュアル車の運転
 痛みが引いたらまったく問題なし。
 ただ、素早くハンドル切った時に左手をぶつけて痛かったですが。
 しばらく買い物は車で行くことになるかと。

・自転車
 手袋できないのはこの時期辛すぎ。手が冷えすぎる。
 昼間でも遠出する気に全くなりません。ガソリン価格が落ち着いてきた
 時期で良かったとしみじみ思います。

・麺類の茹で
 これまでパスタ、そば、うどんは大きめの寸胴鍋で茹でていたのですが、
 左手の握力がほとんど無い(1本でも指を伸ばしていると握力が出ない)
 状態だったので鍋で茹でるのは不可能と判断。湯切りの時に鍋をひっくり
 返して火傷なんてしたら目も当てられませんから。
 そこで、電子レンジでパスタが茹でられる容器を買ってきました。
 これがなんと大当たり。水と塩は少なくて済むし、茹で加減の調整も
 簡単、パスタの袋に書いてある茹で時間にプラス5分かかりますが、
 あらかじめ1L以上のお湯を沸かすことに比べれば逆に時間短縮です。
 2,3年前から100円ショップで見かけていましたが、なんでもっと早く
 買っておかなかったのかと後悔しきり。

・風呂
 血行が良くなるのは不味かろうと2日入りませんでした。
 昨日入ったのですが、やはり湯船にはいると指先に脈動を感じました。
 出血が完全に止まっていなかったら再出血してた?かも?
 患部は濡らすと不味いので、ラップでぐるぐる巻にしてセロテープで
 止めてからの入浴になります。

・洗い物
 なるべく洗い物が出ないように食事を考えているつもりですが、いつの
 間にやらシンクに溜まっていく食器達……お風呂上がりに指のラップを
 そのままに洗い物をするようにしています。

・キーボード
 人間慣れれば慣れるもので、左手中指が人差し指の分も頑張って働いて
 くれてます。時々、t,g,bは打ち間違えますけど。
 つまり「た」と「が」と「ば」の打ちにくさは異常。


それから、今日病院で治療費の精算をしてきました。
夜間診療だとその場で治療費が算出できないようで、当日は預かり金として5,000円支払い(預かり書を受け取って)、後日改めて精算する仕組みになっていました。
会計で精算してみると、4,790円とのこと。夜間で治療自体が面倒で時間がかかった割には安い?

これまで約7年間つくばで暮らしてきたわけですが、いろいろ設備が整っていて暮らしやすいとこだなぁ、と改めて感じています。24時間365日診療可能な病院が近くに3つもあるし、公園や自転車用道路も多いし、スーパーも多いし、駅もできたし。
あとは周囲の確認(特に歩道)を怠る車が少なくなれば、もっと安心感が出るんですけど。稀に珍走団も出るしなぁ。
posted by plop at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

指切った

それはもうザックリと、いやむしろズッパリと切ってしまいましたorz

(以下無駄に長いです)
続きを読む
posted by plop at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

新春ボードゲーム

昨日、友人から電話があり『明日、ボードゲームをやらないか』とのこと。突然の申し出に戸惑うも、こちとら物理的に太っ腹になるほどの寝正月状態だったので了承。お昼に集合とのことだったので、10時に出て、柴又帝釈天に寄りつつ向かうことにしました。

んが、なんと常磐線が信号機トラブルで遅れに遅れ、駅を出発したのはなんと11時半。駅ビルで1時間半待ちですよ。おまけに次の駅で、後ろから来た普通列車に抜かれるという有様。もうどうにでもしてくれ。と、心は折れかける方向に。
# この年末年始はJR東日本でトラブル続きでしたね。
# 新幹線、常磐線、帰りには横須賀線でポイント故障があったそうな。
# きっと北朝鮮か旧国鉄系労組の工作員の仕業じゃ!(嘘

結局、柴又帝釈天に寄れる時間なんぞ取れるわけなく、友人宅に辿り着いたのは13時過ぎ。まあ、遅れた割にはまだマシな方かな。心は折れかけでしたが。

で、今回やったのはカタンとニムト(Wikipedia)。カタンをやるのは(ブログ内で検索する限り)2年ぶり、ニムトも1年ぶりでした。
なんかもー、全員久しぶりなもんで始めのうちは探り探り。細かいルールも忘れがちで、途中で何度か修正が入ったり。

それでもカタンは、テストプレイも含めて5戦2勝と良い成績。周りがカンを取り戻す前にごり押しできたのが勝因かなと。
一方のニムトは9人中、下から3番目という有様でした。確か6回くらいやって、序盤でミスったのが3回。その内2回は出すカードを変えての大失敗でありました。
ぐはっ!いかんいかん、反省しきり。


アナログなボードゲームは、戦略と運の他にコミュニケーション能力も必要だったりするので、コンピュータゲームとは違った面白さがありますね。毎度書いてることですが。
麻雀も同じようなものですが、こういうボードゲームの方がより戦略重視になってて個人的には好きですね。ただ、時間と場所と人数が必要なんでそうそう集まれないのが残念なところ。これも毎度書いてることですけど。
とはいっても、パソコン使ってオンラインで出来るようになってもあまりやらないんだろうな、と思いますね。やっぱりこういうゲームは顔を合わせてやらないとね。
posted by plop at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

年末のご挨拶

とうとう2008年も大晦日ですね。

経済は大混乱(個人的には2007年夏からよく1年持ったなぁ、とは思いますが)、それに引きずられて政治も混乱、国際的な軍事バランスも大きく様変わりして、今後の展開があまり見通せない状態で迎えることになるとは。1年前は経済が混乱するとは予想していましたがここまでになるとは、というのが素直なところです。
とはいっても、バブル崩壊直後に就職活動をした経験がある身としては、マスコミが不況不況と騒ぐほど不況にはなってないんじゃね?と感じてるんですが。

とりあえず解散を先延ばしにして、来年度の予算と二次補正予算を組んで今後3年の経済計画を策定することができれば日本の経済は上向きになると思ってますから、楽観視ですね。個人的に。
麻生総理には敗戦処理をお願いすることになってしまいますが、なんとか踏みとどまって貰って。二次補正予算さえ組めれば、あとは自民党が割れようが民主党が崩壊しようがかまわないので。
加藤、山崎が新党結成の動きなんてのが読売新聞に載ってましたが、
むしろさっさと自民から離れろや、似たような議員を引き連れてって
くれれば尚良しという感じ。


国際情勢は、アメリカの国力(経済力≒軍事力)が衰える中、さっそく中東ではイスラエルを中心にきな臭くなってきました。欧州もイギリスが大きな経済的ダメージを受け、ユーロ圏では国によってダメージがまちまちでEUの統一見解なんてものが有り得ないものになってきてます。
中国・ロシアも経済的なダメージが大きく、今後は軍事力をちらつかせながらの外交をしてくるでしょう。
そういった情勢を考えると、日本はそろそろ外交力として、そして経済貿易ルートを守るためにも正式な軍事力を持つべきでしょう。とはいっても、国内の状況がそれを許さないですからねぇ……さてさて、一体日本はどこへ向かうやら。


スポーツでは北京オリンピックがあったり。でも、女子ソフトボールや女子サッカーが好成績を収めたことより、男子サッカーや野球やバレーの不甲斐なさの方が印象に残っててなんともねぇ。

サッカーでは鹿島がリーグ連覇を決めました!が、カップ戦はすべて敗退。選手層の薄さ、特にSBの控えがいないのが響きました。
ナビスコ杯で大分が初めてのタイトルを取り、ACLでG大阪が優勝して日本勢が連覇。そして昨期のACL覇者である浦和の崩壊、など国内だけでも見所たっぷりでした。その割には1試合しか生観戦に行かなかっんですよねぇ。失敗した。
今期残るは明日元旦の天皇杯決勝のみ。G大阪がACL出場権を得ることができるかどうか。


今年一年、例年にもまして更新が滞ったり、サッカーしかネタがない期間ばかりの中、お越しいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
posted by plop at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

DIY 日曜家補修in実家

昨日から実家に戻っております。

今日は、以前から気になっていた実家のダイニングキッチンの揺れを直すために両親共々いろいろやりました。
2年くらい前からダイニングキッチン、つまり料理+食卓メインでありながら生活通路になっているあたりの床が、歩くたびに揺れるようになっておりまして。
原因ははっきりしていて、家の基礎であるコンクリートが沈んでその上に乗っている柱が浮いた状態になっているからに他ならないわけで。ただ、誰も彼も面倒くさいから「いつかやらなきゃねー、ねー(AA略)」って感じで放置していたわけで。

まあ、さすがにこの半年ほど、誰かが歩くたびに「地震?震度3くらい?」ってくらい揺れるようになって、これはヤバすぎるって話になりつつあり、今日ようやく補修に着手したわけです。

床下収納をごっそりと外し、高校時代のジャージつまりイモジャーに使い古しのスニーカー、タオルを頭に巻いてマスクに軍手とフル装備で床下に潜ってみました。
固めた土の上に等間隔にコンクリートの基礎があり、懐中電灯で照らしてみると……床下収納近くの箇所が一番ダメージが大きく、基礎と柱の間が2cm以上空いてまして、こりゃ大変と更に奥に潜ってみると、計12箇所が0.5cm〜2.5cmの隙間が空いておりましたよ。

ああ、こりゃあ揺れるわけだ。ダイニング全体が横に渡した木材だけで宙に浮いていた状態なんだから。人間+家具で最低250kg以上、その荷重を常時受けていれば、そりゃ下が固めた土なら荷重が集中するところから凹んでいくのは道理。家族5人揃っていた頃は、400kg以上の荷重が毎日かかっていたわけで、築20年以上ともなると12箇所浮くというのも当然という感じでして。
20年以上手を入れなかった結果がこの有様だよ!
まあ、父曰く、「総コンクリートのベタ基礎にしたかったが、施工した工務店が『大丈夫ですよw』と言ったから……今は後悔している」とのことでしたが。


そんなわけで、引き続き基礎と柱の間に木材を詰める作業をしたわけです。
役割分担は、潜る人:自分、木材加工:父、サポート:母。

まずは物置に転がっていた1cm厚のベニヤ板を、父が柱より一回り大きい12cm平方サイズに次々と加工。自分は手動油圧ジャッキを手に、床下の地面に新聞紙を敷きつつ匍匐前進。なんだか強度とは関係なさそうな横木が柱と柱の間に打ち付けてあって、地面との間は30cmくらいしかなく、肘とつま先で5cmずつ進まざるを得ません。ハッキリ言ってきつい。

匍匐で移動して、ジャッキで基礎近くを持ち上げて、加工された木材を挟み込んでジャッキを下ろし、という作業を12回。それも均等に隙間が空いてる訳じゃないし、1cm厚のベニヤを2枚挟んでもダメなところもあるし、基礎が斜めに傾いてるところもあるし、地面からの底冷えが酷いし。洒落にならんほど厳しかったデス。
頭に思い浮かんだのは、映画「大脱走」の脱出トンネル。あれは30m以上ありましたっけ? たかだか2mでこんだけ大変なのに……当時の連合軍の捕虜はおかしい。あらゆる意味で。


それに加えて、床板自体がベコベコに凹んでしまうところもあり、まあそこは甥っ子姪っ子がソファーから飛び降りる着地点で、ここ5年ほど実家で何度か預かっているうちに、経年劣化も加わってベコベコになったということなのですが。
そこに関しては、床板と横の太い柱の間に断熱材が入っていたので、カッターで断熱材を切り取って、家具と天井の間に入れる耐震用突っ張り棒で持ち上げてあげれば大丈夫なんじゃないかと。そう考えて母の運転でホームセンターに赴き、購入。帰宅後、早速つっぱってみましたが……ああ、これは人の体重を支えるほど丈夫じゃないな、と床下から様子を見つつ床板を踏んで貰って実感。これは一日保たない。

そこでまた父に加工して貰い、55cm×25cmの1mm厚ベニヤを床板の下に投入。その下に更に3cm角の60cm角材を入れて(再びホームセンターで購入)、床板を支える形に。ただ、床板と柱の間は43mmなんですよねぇ。しかも微妙に45mmのところもあるし。
ちなみに断熱材の厚さは25mm。いや、そりゃねえだろと。床との隙間空きすぎだろと。最近はアイシネンみたいな吹きつけ系断熱材が好んで使われるのもわかるわ。

結局、上から床板、ベニヤ、角材、横柱という順で設置して、角材と横柱の隙間には一緒にホームセンターで買ってきた3mm厚のゴム板を投入することで解決しました。

まあ、基礎も床板も最終的な1mm単位の微調整が非常に手間取りましたけどね。あっちを上げればこっちが上がり。薄くて丈夫で劣化しない1mmくらいの材料を探すのにも手間取ったし。

午前中から開始して、昼食をはさんで終了したのが17時半。
おまけに常に匍匐姿勢で力仕事、床下に流れ込んでくる冷気と地面からの冷え込みに体力を奪われ、身体はガチガチになってしまわれました。
風呂に入って夕飯に鍋を食べて暖まりましたが、時間が経つと今度は身体の左側が筋肉痛に。主に左側を下にして身体を支えて作業していたためだと思われます。現在、湿布を4箇所に貼り付けております。


しかしその甲斐あって、ダイニングを歩いてもまったく揺れなくなったし、今ソファーに座っているその足元のベコベコ感はまったくなくなりました。よかったよかった。
posted by plop at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

たまにはパソコンのことも書いたり

たまにはサッカー以外のことも更新してみたり。今日はパソコン関連。

1. Firefox3.0の件
 以前、ノートPCのHDDを交換した際にFirefox3.0にしてみたら使ってる途中でやたら長いディスクアクセスが出て、しかもメインのデスクトップでも同じ症状が出たんで辟易していたのですが、まあ我慢してそのまま使っていたわけです。
 で、最近になって、ブックマークにRSSをたくさん入れてると遅いよ、(一定時間毎にRSSを自動更新するから)ってな情報を見かけたんです。RSSはブログの更新を確認するにはかなり便利なんで躊躇ったんですが、更新チェックソフトに自分好みのものを見つけたんでRSSをゴッソリ削ったんです。
 そしたら、全然ディスクアクセスが出ない。Firefox2.0と同じくらいの軽さになりました。この半年間の微妙なストレスはなんだったのやら……

2. 更新チェックソフト
 21世紀になる前は、ダイヤルアップだったんでWWWCをよく使ってました。登録したページが更新されたか確認してくれるソフトです。その頃はこれくらいしかなかったし、個人的には使い勝手が悪かったんですが、まあ仕方なく使っていたわけです。(テレホーダイ、ブロードバンドと変遷するうち存在自体を忘れてましたが)
 で、上記の通り、RSSの更新チェックをブラウザと切り離す必要が出てきて、探してみたところdiff browserなるものがあるのを発見。最低限の更新チェック機能と、結果をHTMLにしてくれる機能、そしてなによりUNIX使いとしてはdiffってのが差分発見にはピッタリの名前ってことで早速インストール。
 うん、これはなかなか。チェックするページもブックマークをインポートすればかなり手間が省けるし。ただ、Shift+左クリックで範囲指定やCtrl+左クリックで複数指定ができないから、チェックしないページを削除するのが面倒だったけど。それ以外はかなりいい感じ。

3. 新パソコン
 買っちゃった……
 ほぼ2年前にフルハイビジョンの液晶テレビを買って、DVIとHDMIでパソコンと接続できるようになってることを知って、いつかは欲しいなぁと思ってたんですが。自営業ですから仕事上必要なものは経費に出来ますし、そろそろVista搭載パソコンがないとサポートができなくなりつつあったし。
 ふらふらとネットを彷徨ってたら、パソコン工房で3日間キャンペーンをやってまして
 Intel Core2 Duo E8400
 DDR2 800 2GBx2
 500GB 7200rpm Serial-ATAII
のパソコン(本体のみ)が、66,000円ほどで買えるとなってまして。2日悩んで購入を決意しました。
 先週届いて、早速セットアップ。ふむ、いかなVistaとはいえ、これだけリッチな環境なら遅いはずもなし。これまで扱ったノートパソコンとは雲泥の差です。逆に言えば、最低でもCore2 Duoにメモリ2GB以上ないとVistaはまともに動かないといっても良いような気も。
 なんにせよ、快適な環境を得たようであります。あとは、今このブログを更新しているメインパソコンとの移行時期とデータ移行くらいですかね、考えなくちゃいけないのは。
posted by plop at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

筑波山に紅葉を見に

一昨年、電動自転車でチャレンジした、
 自宅→(自転車)→筑波山神社→(徒歩)→筑波山山頂
を、今度はマウンテンバイクでチャレンジしようと。急勾配の旧参道をできるだけ歩かないで漕いで登り、徒歩で筑波山山頂の往復を目標に据えて行ってみました。

続きを読む
posted by plop at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

今月3回目の更新

えと、約2週間ぶりのご無沙汰であります。

このところ何をしていたかというと、HoI2でフランスやイタリアを使ってみたり、2回連続でJリーグタイムの録画に失敗して素で凹んだり、お仕事探して貰う用の経歴書をしたためたりしておりました。
時間的な一番比重が大きかったのはHoI2。しかし、録画失敗の精神的ダメージがなければ、もうちょっと更新できたと思うのですが……

--------------------------------------------

フランスでHoI2の方は、40年5月のドイツ侵攻に備えて、工場建設&マジノ線伸張&軍備拡張に勤しんでいたのですが……なんとアンシュルス(ドイツとオーストリアの合併イベント Wikipedia)が起こらず、ドイツが引きこもりに。
43年になってもどこでも戦争が起こらない、あ、いや日本と中国はずっと一進一退戦争してたけど、ヨーロッパとはまったく関係ないし。
フランス国民としては願ったりな展開だよなー、このまま時間を進めて1960年まで行っても面白いかも……という考えがチラリとよぎりましたが、ゲーム的にそれは無理なのでドイツを併合する事に。

長くなるので割愛しますが、1947年にいきなり日本に喧嘩売られてドイツ攻略が後回しになったため、独ソの戦力は積み上がっていくばかり。51年にはドイツ350師団、ソ連800師団を数え、ゲームの処理速度は落ちる一方。
ゲーム内は1ターン1時間で、24時間毎に日次処理が行われるのですが、この日次処理が平均5分以上かかるようになってからは茨の道でした。
メインPCでニコニコ動画を見つつ、時々サブPCに戻って処理が進んでいるか確認したり、本やマンガを読んだりして日次処理待ち状態。最も遅い時で、リアル1時間経過でゲーム内1週間しか進まないなんてこともありました。もちろん一切操作無しで。

さすがに辛すぎたので、サブPCをメインPCの隣に引っ越し。モニタはメインPCのプライマリモニタにアナログ接続する事で解決しました。今日、雨に降られつつサブPC用のコンパクトキーボードとワイヤレスなミニマウスを買ってきて準備完了。これでニコニコ動画見ながら、HoI2もできるってわけです。目の前にキーボードとマウスが2組ある様は、どこのトレーダーだよとセルフ突っ込みせざるを得ませんが。

あ、フランスでのゲーム自体は、ドイツとソ連を併合して1953年で敵がいなくなったので終了ということにしました。
DAIM+SMEPが入っているノートPCの方で、イタリアも開始。難易度を「難しい」にしたら常時ICが-20%されて涙目。

--------------------------------------------

で、サッカーですが。Jリーグ以外にも、W杯予選があったり、ACL準決勝第2戦があったりしたようで。

Jリーグの方は、鹿島が首位をキープ。浦和が優勝戦線から脱落。札幌の降格決定。千葉が降格圏から脱出。代わりに大宮が降格圏へ。と、ある程度予想通りの展開になっているようで。
あ、嘘。鹿島が首位をキープできるとは思ってなかったw
実際にどんな内容だったかは、この2節ダイジェストすら見れなかったのであまりわかりませんが、浦和と大宮に関しては懸念通りでした。
Jリーグ公式サイトでダイジェストのネット配信をしているのを今更見つけたのですが、解説音声がないとイマイチ…)

W杯の最終予選もあったみたいですね。一応、テレビは付けておきましたが、この時はHoI2優先だったので音声だけ聞いてる状態。まあ、いつも通りだったようで。チャンスは作りながら決めきれずに1−1のドロー。
岡田監督のままじゃこれ以上の上積みもないでしょうから、例え予選突破しても、W杯本戦じゃまたグループリーグ敗退ですね。ジーコの時と変わらない雰囲気になってきてるでホンマ。
オシムさんが倒れてしまったのが本当に惜しい……何度言っても詮無き事なのですが……

ACL準決勝は、これまた予想通りというかチームの勢いの差がそのまま出て、G大阪が浦和を撃破。
G大阪は精神的な軸というか、選手の全体的な共通意識・共通理解がかなり深まっているな〜、とココ最近感じる事が多いですね。不調になっても、すいっと立ち直ってくる辺りとか特に。今年は、FWがある程度固定できてさえいれば、首位に立っていてもおかしくないほど。

浦和は、ブッフバルト監督を引き留められなかったのが全てでしたね。昨年はブッフバルト時代の遺産でなんとかなりましたが、今年は選手の我が儘を聞き入れる形でオジェック監督を更迭したのが効きました。あれでチーム崩壊するだろうなと思ってましたが、意外と粘ったなという印象。
来年は何人か主力選手を放出しないと、早々に内紛が再発するでしょうね。

--------------------------------------------

最後にお仕事のこと。
履歴書とか経歴書の類を書いたのは10年ぶりくらい。仕事用ノートを引っ張り出していろいろ思い出しながら書きました。
でも思い出すのは、恥ずかしい失敗だったり、とんでもない大失敗だったりがほとんどで、書いてて胃が重くなってきたw
posted by plop at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

うちのHoI2は、日米同盟で世界征服

このところ、いつもの仕事の曜日を変えてもらったり、とあるコネを使って新しい仕事を探してもらったり、あまりやりたくないWebページ更新の仕事をしていたりでブログに手が回りませんでした。
HoI2自体は、9月中に一段落して実はその後まったくやってません。一応、終わりましたという意味でまとめてみようかと。

以下、いつも通り興味のない方はスルーで。


続きを読む
posted by plop at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

うちのHoI2で第3次世界大戦が終わったので、第4次世界大戦を起こしてみた(2)

長くなったので、今週のHoI2その2。
興味のない方はスルーの方向でお願いします。続きを読む
posted by plop at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

うちのHoI2で第3次世界大戦が終わったので、第4次世界大戦を起こしてみた(1)

もはや週刊HoI2と化しています。
興味のない方はスルーの方向でお願いします。続きを読む
posted by plop at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

うちのHoI2で第3次世界大戦が起きた

まあ、HoI2アルマゲドンの続きをやっているわけで。
興味のない方はスルーの方向でお願いします。続きを読む
posted by plop at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

生活のリズムがおかしくなったので、HoI2を再開したら余計おかしくなった

ちょっと間が空いてしまいました。

先週の食中り後から、もともと乱れがちだった生活のリズムが滅茶苦茶に。夜中に起き出して、ネットをぶらぶらしていつも見るトコ見たらやることなくなって、久しぶりにHoI2やるか、と手を出してしまったのが3日前。

最近はニコニコ動画でもHoI2のリプレイ動画がちらほらふえてきてて、どうも最近はアルマゲドンという拡張パッケージを使うのが流行みたい、と今まで仕舞いっぱなしだった追加ディスクをインストール。ちょっとだけ試しにやってみました。ノートPC(ドゥームスデイのみ)ではソビエトを選んでいるので、今度は日本を選びます。操作性は全く変わらず、生産時に旅団を付けることができたり、外国ICの使用や併合した国の研究機関をそのまま使うなど、ちょっと改良が加えられていました。バランスももしかしたら変わっているのかも。

と、変わってるところ探しをしているうちにどんどん時間が進んでいきました。あとはお察しの通り、この3日間はすっかりHoI2漬けという有様でして。
うちの日本は、すぐに中国へ手を出す愚挙を冒さずにひたすら内政に務めました。といっても、工場を建てて研究を進めるだけなんですが。戦略シミュレーションは、内政やってる時が楽しいっていう自分は異端ですかね?


せっかくなのでこれまでの経過をメモ。
HoI2やったことないとなにがなんだかなので注意。続きを読む
posted by plop at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

食中り、その後

別段ネタもないので、食中りのその後を。

・昨日、体重を計ってみたらここ10年で最低値の70.5kgを記録。
 土曜日の段階でこれだと、木曜日の全盛期には68kg以下にまで落ちていた可能性が。
 食中りダイエット恐るべし。
・で、その後丸二日以上、お通じがありません。
 胃から大腸まで消化器官内がすっかり空っぽになったせいか、催さないんです。
 これはこれで心配だったり。
・なんとなく部屋が油臭くて気が滅入ります。
 調理中は換気扇を回していたんですけど、なんとなく部屋全体に饐えた油が染みついて
 しまった感じで……例えるなら中華料理屋の換気扇にこびりついた汚れのような臭い。
 空気を入れ換えたいけど、外は湿度も温度も高くてそれもできません。

もう8月も終わりなんですね。早いものです。
posted by plop at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

食中りで酷い目にあった

(ちょっと汚い話なので、読む際には注意。やばそうなら早めに引き返して下さい)

原因は水曜日、BSを見ながら食っていた夕飯でした。
その日は久しぶりに春巻き(中身は線キャベツとウインナーとスライスチーズですが)にしようと、数ヶ月オイルパンに保管しておいた油を使ったんです。油の量はそれほど多くなかったんで、フライパンで揚げるというより炒める感じにして。この時点でニオイが変だったのに「もったいないから」と強行したのが不味かった。

何はともあれ、調理終了。テレビを付けたらJリーグやってて、Jリーグダイジェストを見ながらその春巻きもどきを食っていたわけです。食べれないわけじゃない、だけどやっぱ不味い。それが食べている時の印象でした。中身のおかげでかなり中和されているとはいえ、この不味さはただごとじゃない、やっぱり途中からでも新しい油に切り替えるべきだったかと後悔してました。

食べ終わって、ニコニコ動画見たりブログ書いたりしている間は特に自覚症状もなく、強いて言えば胸焼けがするかなー程度でした。何事もなく就寝。

ところが翌朝7時前、胃腸の異変を感じて冷や汗をかきながら飛び起きました。
あちゃーきちゃったかー、原因はどう考えても昨日の春巻きもどきです。本当にありがとうございました。などと考えながらトイレに飛び込むと、もうなんというか、水、というかお湯? これまでに経験したことのない下痢っぷりに慌てながらも、これ一回で済むならまあ問題ないか、と高をくくっていました。

当然のように、1時間もしないうちに第2波。またしても水、というかお湯。おまけに胸焼けが酷くなって、胃がひっくり返りそうな感覚が襲ってきます。これは偉いことになったと思いつつ、もうこの時点で身体の力が抜けてまともに動けなくなっていました。外出なんて論外な感じ。
自慢じゃないですが、内臓は強い方で(座高が高いせいなのか)今までちょっとダメになったものを食べてもほとんど症状がでなかったんです。消費期限1週間超え未開封なものや、賞味期限1ヶ月超え未開封なものであれば、問題なく消化できていました。

なので、胃腸のトラブルに対する備えが弱く、胃薬くらいしか常備していません。で、その胃薬すら一度も飲んだこと無し。取り敢えず下痢はどうしようもないので、胃薬を飲んで胃だけはなんとかしようとしました。
で、その時に飲んだ水が、2時間後にそのまま出てきた時には本当に焦りました。なんでそんなことが言えるのかというと、水が胃を素通りして腸の中を動いていく様子が手に取るようにわかったからでして。もうこうなると薬に頼る他ないと判断して、10時になるのを待って車でドラッグストアへ。自転車なんかとても使える状態じゃありません。

いつ漏れるかわからないので、ケツにクッキングペーパーを挟み込んで出発。ドラッグストアで水無しで飲めるチュアブル式の下痢止めを買って車の中で即服用しました。この時、大人用おむつを買うかどうか本気で迷いましたよ。
その下痢止めのおかげか、それまで1時間おきだったのが2時間おきに。しかし内臓で水分を吸収してくれないのは相変わらずで、これは脱水症状で相当不味い状態になると思い、粉末スポーツドリンクを常温で準備。無理矢理にでも水分が摂れるようにしました。
それと、胃腸薬と下痢止めをほぼ同時服用したのがいけなかったのか、下痢止めを飲んで1時間後に強烈な吐き気が。ものすごい勢いで冷や汗をかきながら(形容でなく)、ゲロゲロやっていると半日経っても未消化の春巻きもどきが出てきました。ちなみに水分は胃を素通りするのでほぼゼロ。よっぽど悪くなった油だったんだな、とここで再認識。

倦怠感にさいなまれ2時間毎に、寝る→便意で起きる→水出す→出した分水分を摂る→また寝る、を繰り返し。翌日、というか今日の午前4時頃までこんな感じでした。あと、下痢止めの効果が4時間なので、4時間毎に下痢止め服用。
パソコンいじる気力はないし、ファイアーエムブレムも進める集中力なし、本を読んでも内容が頭に入らず。かといって、完全に寝てしまうと身体の力が抜けて漏れてしまうので、それもできず(クッキングペーパーを挟んでおいて良かったと思ったことが2〜3度…)。なにもできず、夢うつつな状態で過ごすしかありませんでした。

今日の朝になって完全に峠を越えたようで、ようやく安心して就寝できました。(そういえば、夜中に火薬庫が爆発したような雷の音で跳ね起きたっけ…3時頃?)
お昼に起き出してみると、胃のむかつきもなくなり水曜の夜以降はじめて空腹を感じました。非常用に買っておいたレトルトおかゆを2パックと鰯蒲焼きの缶詰で、40時間ぶりの食事です。あ、カップ焼きそばも追加で。

そんなわけで、文字通りクソミソに終わった昨日一日でした。
今日も不調が続くようなら病院に行って、点滴して貰うか、もしかしたら入院もあるかなと思っていたほど酷かったので、意外に早く落ち着いて助かりました。回復の早さに自分自身で驚いています。
これまで「疑わしきは食さず」の精神で食べ物には注意を払っていたんですが(賞味期限過ぎていても、自分の感覚を信じてという意味で)、ここ最近は多少ダメになっていても「もったいない」が先に立ってしまって捨てずに食べていたことが今回の悲劇を招いてしまったのだと反省しています。一人暮らしで助けがないんだから、もっと注意しないと。

ここまで書いてわざわざ言うまでもないですが、皆さんも古い油には注意しましょう。
食中毒と同等かそれ以上の症状になる可能性があるので。
しばらくは、揚げ物のニオイをかいだだけで吐き気を催しそうで、ちょっと怖いです。特にスーパーの総菜コーナーとか……
posted by plop at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

北京五輪閉幕

何事もなく終わりましたねー、北京五輪。
いや、チベットや東トルキスタンではテロ頻発、外国人記者が拘束されたり暴行受けたり、北京でもデモが許可制になって届けを出したら即逮捕、無許可でやろうと公園に集まったら公安に即囲まれるなんて話しは聞き及んでいますけど、選手や関係者に被害はなかったという意味で。北京ではでっかい花火あがらなかったなー

日本はメダルを25個獲得。特にアメリカの牙城を崩したソフトボールの金、陸上トラック競技で男子初のメダルとなった100mx4リレーの銅、水泳北島選手の2大会連続2冠が印象に残りました。
メダルの数的には目標を達成したのかわからないですが、内容はなかなか良かったんじゃないかと思います。
メダルに手が届かなくても健闘した種目もありましたね。女子サッカーの4位(采配が良ければメダルは獲れたと思うので残念)とか、トライアスロン女子で5位に入った井出選手とか、バドミントン女子で4位になった前田・末綱ペアとか(あ、女性ばかりw)。彼女達のプレーは実力以上のものを出していたように見えました。見てるこっちも力が入っちゃうくらい。負けても拍手を送りたくなる健闘でした。
心配だった大気汚染や水質汚染(特にトライアスロンとか)は被害なかったみたいですし、なによりなにより。

まあ、てんでダメだった競技は見ててイライラしましたが。
まずはもちろん男子サッカー。予選リーグ0勝3敗、1得点4失点。戦略、戦術、調整、メンタルタフネス……どれもこれも、世界と伍していけるものは見つけられないほどの惨敗でした。選手個々の技術体力は、世界平均よりちょっと下だというのに、上記のその他の部分で差を埋めるどころか逆に突き放される始末ではどうにもなりません。

そして予選リーグのカナダ戦を見て、メダル無しに終わるだろうと予想した野球は案の定4位。しかも準決勝以降連続逆転負け。もう呆れ果てて笑うしか。さすが短期決戦の采配をこれっぽっちも知らない星野監督だけはあります。帰国後のインタビューでも「敗軍の将、兵を語らず」とほざいて責任逃れ&今後の教訓つぶしに汲々としていました。晩節を汚しましたねw
日本の野球にパワーがないなら、1点2点のリードを守りきる野球をすればいいのにそれができない。サッカーと同じく「敵も知らず己も知らない」状態で国際大会に挑んでしまっては、惨敗するだけといういい例です。

男子バレーは完全に実力負けでした。高さもスピードもパワーも劣っているんだからミスを極力減らして、相手のミス待ちが基本にならざるを得ないんですが、それすらできず自らミスを重ねて相手を助ける始末ですから。今後も本大会に出られるかどうかというボーダーラインを彷徨いそうです。


まあ競技についてはこれくらいで。
中国ウオッチャーの方々のブログを読んでいると、中国にとってはむしろ五輪後の方が大変そうな感じなのでそちらも少々触れてみようかと。

日々是チナヲチ。さんの開会式の感想は、中国らしさを前面に出していて「マスゲームでマスをかいた」と高く評価w 共産党に染まっていない中国人の友人の言葉も紹介していて「全く救いようがない」とのこと。ブログ主の御家人さんは、五輪が中国共産党の終わりの始まりになるととらえているようなので、これから目が離せなくなりそうです。

北京趣聞博客さんには、110m障害のアテネ大会金メダリスト劉翔選手が棄権した時の中国人のパニックと、暴動になるんじゃないかというくらいのネットでの罵詈雑言を紹介、そして何故そこまで棄権した選手が責められるのかという理由も書いてくれています。なるほど、そういうことでしたか。日々是チナヲチ。さんのこのエントリーの後半を読むと、より趣深くなります。
その他にも日本人選手の中国における報道なんかもいくつかあるので、旬は逃していますが興味がある方は是非。
その1 その2 その3 その4 その5
posted by plop at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

ファイアーエムブレム、まずは一周クリアしてみた

先日、衝動買いしたファイアーエムブレムですが、五輪の合間にちまちま進め2週間かけてようやく一周クリアしました。

前にやったのがGBAの烈火の剣なので、比較対象としていいのかわかりませんが、烈火の剣よりは簡単だったしやや短かかったです。DSで初めてのファイアーエムブレムシリーズということで、やや難易度設定を易しめにしたのかなと感じました。
ストーリー的にもオーソドックスというか単調というか。ユニットの種類や昇進も初代に近い感じに簡素化されています。初めてこのシリーズに触れる人が世界観を知るにはちょうどいいんじゃないかと。

逆にシリーズを体験していた人にはやや物足りない感じ。烈火の剣には支援システム(ユニットを隣り合わせて置くと、だんだん友情が深まってパワーアップ)や、輸送システム(パラメータに体格があって、体格が大きいユニットがより小さいユニットを格納(背負う?)できる)があって、複雑だけれども戦術の幅が広くて面白かった覚えがあります。よくペガサスナイトとドラゴンナイトを数ユニット使って空挺強襲したものです。まあ、その分各マップの難易度は高めでしたけど。
その他にも、お金も足らなくなることはなかったし、ユニットが殺されてリセットする回数も少なかったし(育成中のユニットを前に出したら、予想外の攻撃回数を受けて殺られるということは何度かありましたが)。

ああ、それと、タッチペンの操作性は異常にいいです。パソコンでシミュレーションゲームをマウスでやるのと変わらないほどの快適性。今までちまちまと十字キーとABボタン、時にRLボタンを使ってあれこれ煩雑な操作をしていたのが嘘のよう。こればかりはシリーズ体験済みの方にも是非味わって貰いたいところ。

とりあえず一周したことで、サウンドルームとか会話集とかも開けるようになったんで、まだ空いている欄を埋めることを目指して二周目を始めてみようかと。
posted by plop at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。