2008年06月08日

W杯アジア3次予選 オマーンvs日本

1−1という結果自体は、まあアウェイならこんなとこでしょうと納得なんですが、内容があまり良くなかったのが残念。良いところもあっただけに勝てた試合だったよなぁ。

試合は、日没直前なのに気温38度という猛暑の中でキックオフ。体力を保たせるために、ゆっくりと試合に入るだろうとは思っていましたが、ちょっとゆっくりし過ぎましたね。ゆっくりした結果がこれだよ!

攻撃の時は、オマーンが(ホームなのに)ベッタリ引いていたこともあってうまく省エネかつリズムの良いサッカーができていたのですが、守備になるとオマーンのロングボールに手こずって何度もチャンスを作られてました。ボランチもSBも簡単に上がれるんでつい相手FWへのマークが緩くなってしまい、しかも相手より先にボールの落下点に入れない。ゆっくり試合に入った弊害が明らかに出てました。
で、セットプレーを何度か与えているうち、12分に右コーナー近くからのFKからボールがこぼれたところを豪快にミドルを決められて失点。この時も、PAすぐ外のスペースを埋めるべき選手が長谷部しかいなかったというチーム全体の集中力の欠如が見られました。防げた失点だっただけに残念。

失点後も攻撃時は良いリズム。特に前の試合の感想で上げた、サイドチェンジのスピードはかなり速くなってました。
しかし、相変わらずシュートの意識が低くてどうにも……何度も書きますが、引いている相手にはミドルシュートを多く打つか、サイドを深くえぐることで崩していく必要があります。ところが、またもや日本の悪い癖が出て、狭いDFラインとGKの間へのスルーパスを狙おうとするプレーが続出。ミドルレンジでフリーになる場面はたくさんありましたが、シュートは3本くらい。サイドを基点にしても、深くえぐってからクロスという場面はほとんど無し。

チャンピオンズリーグとか他国の代表戦を見てるとよく判るんですが、とにかく『隙を見つけたら即シュート』という意識が浸透しているチームほど強いです。遠目からでも枠内にシュートを打てば何が起こるか判らない、サイドでドリブル勝負してファールもらえれば御の字、ということなんでしょう。
これは他国の国内リーグ、特に欧州では、優勝を争う2〜3のチームと1部と2部を行ったり来たりするチームが半数という構成がほとんどということも関係していると思いますが。簡単に言えば、普段のリーグ戦からしてベッタリ引いて守るチームとの対戦が多いってことです。そりゃ経験値も上がるってもんさ。
その点、Jリーグだと1部で降格争いをしているチームでも、2部で上位を争っているチームでも、中盤をコンパクトにして組み立てるパスサッカー指向ですからね。日本代表が引いた相手を崩せないのもむべなるかな。
ただ、スコットランドリーグとはいえ常に優勝を争うチームにいる中村俊輔のシュート意識が低いのはねぇ……アシストとFKだけが仕事じゃ困るんだけど。

そんなことをつらつらと考えつつ、こりゃハーフタイムで修正するしかないなと結論。案の定、日本は攻めあぐねたまま1−0で前半を終えました。
30分にCKから中澤が頭で、33分にも中村俊輔からのクロスに大久保が頭で合わせながらもGKのナイスセーブに阻まれて惜しくも得点ならず、というプレーもあったんですけどね。まあ、この2本を含めても枠内シュートが4本ってのは少なすぎだろうと。

そして後半、入りからうまく修正してきたなというのがわかります。まず、大きなサイドチェンジが増え、サイドをより多く深く使うようになりました。前半でやや疲れが見え始めていたオマーンの守備陣は、左右に振られて足が止まり気味に。
相手のロングボール対策は、出所へのマークをキッチリ付け、落下点に早く入れるようDFの間隔を少し広めにとって、中盤が1人以上必ずフォローに入るよう約束事を徹底したようです。

これですっかり日本のペースになり、素早いサイドチェンジからPAに侵入する回数も増えてきます。
52分、長谷部からのスルーパスをPA左で受けた玉田が、ドリブル突破を仕掛けたところDFの足がかかってPKを獲得。これを遠藤があっさり決めて1−1の同点とします。さすが、サカつくなら『PK:SS』がつくであろう能力の持ち主。相手GKが可哀想になるくらいです。
でも実は、この時気になったのは玉田のプレーの方でして。明らかにシミュレーションだったからねぇ。自分は思わず顔を覆ってしまったくらいのヒドイプレー。これだから玉田は……とブツブツ言っていたらPKになったんで驚きました。

ちょっと話は逸れますが、日本のレフェリーの技術レベルはかなり世界レベルに近づいてます。きっとJリーグで玉田が同じブレーをしたら、流すか即イエローでしょう。PKを取る主審はほぼゼロだと思います。
それでも世界レベルになれないのは、精神的な部分が大きいと思っています。選手とコミュニケーションを取り一緒に試合を作る、試合の流れを乱さないという意識が低く、逆に試合を壊す有様。ちょっと前の「うるさい死ね」発言問題の対応を見ると、Jリーグも審判協会もそういった精神的な面を重視していないのは明らかですし。(「うるさい死ね」でググったら2番目に記事があってビックリw)
スペシャルレフェリー(笑)以外の主審だと、レフェリーが黒子に徹している良い試合もあるだけに、審判全員の精神面でのレベルアップを図ることができれば、Jリーグのレベルも更に上がると思うんですけどね。

さて話しを戻して1−1の同点後ですが、日本は逆転を狙おうとイケイケな感じになってしまいます。やや攻め急いでいるじゃないかと思われる選手もいたり、やや不安な感じ。相手の足が止まり気味、こっちはまだ体力十分な状況なだけに今のうちに、という気持ちはよく判るんですが、結果的に前半と同じく一発で裏を狙うパスが出てしまうようになり、そこからカウンターを受けるという展開がちらほら。

そしたら57分に、今度はオマーンにPKが与えられました。カウンターから繋がれて、FWサレハがドリブル突破したところを闘莉王が後から引っ張ったような形。直前にPKがなければきっと流していたんじゃねって感じのプレーでした。禍福はあざなえる縄のごとしですねぇ。
しかし、このPKをGK楢崎が落ち着いてストップ。最後までキッカーとボールをよく見て動かず、相手の迷いを誘った楢崎の勝ちでした。

その後は、完全に足が止まったオマーン相手に攻め込むものの、パスが雑になりがち&シュート意識の低さから枠内シュートが打てない日本と、カウンターを狙うもただ前へボールを蹴るだけのオマーンという図式になってしまいそのまま時間経過。チャンスの数もシュートの本数も増えていただけに、得点前と同じように攻めることができればこの時間帯に逆転もあったでしょうが……

ああそういえば、74分に揉めてましたっけ。右からのクロスに飛び込んだ大久保とGKアルハブシがぶつかり、大久保が「てめぇ、わざと足出しやがったな」とばかりに蹴ってしまい一発退場。まあ確かにわざとだと思うし、股間を蹴られたのは同情するけど、いただけないプレーだったなぁ。そのまま痛がっていれば相手に警告が出たかもしれなかったのに。
このゴタゴタの中で、DFアルナウフリが主審の目の前で松井を突き飛ばして一発退場になったのがせめてもの救いでした。(バカだねぇw)

85分あたりになるとさすがに日本も体力の限界に近づき、マークがかなりずれるようになってきました。どちらも相手SBの位置めがけてロングボールを入れて、そこを基点に攻撃するという展開。特に日本は後半に入ってSBの上下動が大きくなっていたし、中盤のチェックもできなくなってどうにもこうにも。
逆に攻撃になると、SBが高い位置に残っていたりしてかなりチャンスを作ることができてしました。まさにノーガードの打ち合いって感じで。

ここで不思議だったのは選手交代。どう見てもいっぱいいっぱいだったのに、ここまで日本の選手交代は78分に松井に替えて山瀬を投入したのみ。玉田の替わりに矢野を入れるか、鈴木啓太か今野をボランチに入れて遠藤を一つ前にして山瀬の1トップ、なんて策もあったと思うんですが。
結局、ロスタイムに入るまで選手交代はせず、しかもその選手交代は玉田と矢野、右SBの内田と今野という、10分前に替えてても問題ないんじゃね?という無難なもの。岡田監督がどんな考えだったのか推し量ると、中盤のコンビネーションを崩したくなかったってところ?かな? でも、守備バランスは崩壊直前だったしなぁ。よくわからん選手交代でした。

最後はグダグダ感が漂いつつある中、試合終了のホイッスル。勝ち点1を分け合う結果になりました。
アジアのアウェイらしく、厳しい気候があったり(今回はオマーン側にダメージが大きかったようですがw)、あからさまな『誤審』があったりとそういう面では楽しませてもらいました。結果はまあ納得だし、内容は悲観するほどでも無し。ある意味次に期待できるとも言えるでしょう。

さてさて、次のタイ戦は勝っておかないと最終戦がなかなか厳しい条件になりましたね。連続になる長い移動と熱帯での試合ですけど、なんとか今日修正できた点をそのままに、コンディションを維持しつつ臨んで欲しいものです。あ、あとシュートはバンバン打つべし。10本打って決まらきゃ、20本30本と数打つしか点取る術は無いのであるよ。
posted by plop at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99780967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。