2008年06月03日

W杯アジア3次予選 日本vsオマーン

先週のキリンカップ、パラグアイ戦の前半だけを見て、攻守の切り替えの遅さ、前線の守備意識の低さと判断の遅さ、DFラインの読みと判断の悪さが目に付いていたので正直期待していなかったんですけどね。
昨日は久しぶりに面白い試合を見ました。

まあ、オマーンがべったり引いて守らず、意外とラインを上げてきたことも面白くなった原因の一つですが。各グループ2位までが最終予選進出だから、ここで日本相手に引き分けて勝ち点1を取っておけばかなり可能性が高まるはずだったのに……って、話しが逸れましたね。

さて、昨日の日本代表は、10分にCKから中澤が頭で決めて先制。22分にも、闘莉王が(脈絡無く)オーバーラップしたところへ中村俊輔がロングパス、闘莉王が丁寧に頭で落としたところに大久保が走り込んでゴール左隅へ。これがキッチリ決まって2−0と、序盤であっさりリードしました。

ここまでのチーム全体の動きもパラグアイ戦とは違って、攻守の切り替えが早く、前線からの守備も効いていて、DFラインの読みと判断も素晴らしく、オマーンにまったくサッカーをさせていませんでした。
攻撃になると、ボランチの位置でフリーになった遠藤が効果的にボールを散らし、そしてサイドに開く松井・中村俊輔が基点となって組み立て、オマーンの守備に的を絞らせません。

惜しくも得点ならなかった33分のシーン(松井の右からの低いクロスに、玉田がニアサイドへ走り込んだものの足に当てられず……ポスト柳沢を目指さなくていいってば……)を筆頭に、何度もチャンスを作りピンチを迎えない日本代表。GK楢崎が非常に暇そうです。

後半も気持ちを切らさずにゲームに入ることができ、49分に中村俊輔が右足でミドルシュート。これが左隅に決まって3−0と大勢決しました。
左足でキックフェイントをかけ、DF2人を置き去りにしてすぐに右足を振り抜いた見事な得点でした。ホント、左足ばかりに拘らなければいつもこれくらいのプレーができるのになぁ…

この後は、これ以上失点したくないオマーン相手に攻めあぐねて得点話し。特筆できるのは、C大阪の香川が交代出場で代表デビューしたことくらいか。最後の5分くらいは流そうとする選手と、攻めようとする選手の意思疎通がうまくいかない場面も散見されたけれど、特に影響なく試合終了。3−0と勝ち点的にも得失点差的にも、そして内容的にも文句なしの勝利を収めました。



そんなわけで完勝といって試合だったわけですが、強いて文句を付けるとしたら、松井と中村俊輔がサイドに開くことが多くSBのオーバーラップを阻害した場面があったこと、中央の選手を経由しての(横パス3〜4本の)サイドチェンジが遅いこと、くらいでしょうか。

残り3試合、引いて守られることが多くなった時に上記を改善しないと、崩すのは難しいと思うんですけどどうでしょうかね。
それと、昨日は遠藤をボランチ、DFラインの前に置いてボール供給の役目を任せていましたが、今後ここに遠藤を置くとびったりとマークがつく可能性があります。もしこの位置でボールを奪われることが多くなるようだと、ゲームプラン自体が崩壊しかねないですから、対策を施しておかないといけません。
もう一枚のボランチに長谷部ではなく鈴木啓太を使う?……う〜ん、守備はそれでうまくいくかもしれないけど、逆に鈴木啓太をボールが経由するようになるとチームのリズムが崩れかねないし……(個人的に、鈴木啓太のパス能力や攻撃時のポジショニングをまるで信用してません)

え〜っと、次は6月7日にアウェイでオマーン戦、その次は6月14日にアウェイでタイ戦ですか。そして最後に6月22日、ホームでバーレーン戦が待っていると。
アウェイ2連戦と厳しい日程ですが、昨日の8割の力を出すことができれば勝ち点4は取れるはず。うまいこと最終戦までにバーレーンと勝ち点差3以内で対戦できれば、1位通過も見えてくるでしょう。コンディション勝負になりそうだし、なんとか踏ん張って欲しいところ。

ま、例え敗退したとしても、「南アフリカなんぞに行かなくてよかったねw」といえるのが今回の予選のいいところだったりw
posted by plop at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99206198

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。