2005年11月06日

鉄製フライパン初挑戦

先日、前の職場で一緒に働いていた人の結婚式に呼ばれまして、最近流行の引き出物カタログをいただきました。それで、前々から欲しかった28cm中華鍋とシャーレン(中華油こし)とおたまの3点セットを見つけて注文。それが今日届きました。(このメーカーのものらしいですが、残念ながら商品説明が見あたりません)

鉄製フライパンを使うのは初めてですが、はるか昔に「使用前にフライパンを空焼きする必要あり」と聞いたことがあったので、Google先生にお伺いを立ててみたところピッタリのページが見つかりました。

さっそく「焼き込み」に挑戦。
フライパンを軽く洗い、水分をふき取ったあとに高出力なコンロに置いて点火!
……コンロは物凄い勢いでゴーゴーいっておりますが、フライパンには目立った変化が現れませんぞ。鍋つかみのミトン装備(フライパンは持ち手も鉄です。とても素手では持てません)でなおかつ風呂上がりという悪条件の中、超強火にさらされて汗だくになりながらもフライパンを監視すること約10分。おおっ、ようやく表面の中央部分から虹色の部分ができ始めて、それが広がると黒かった表面が薄い青色に変わっていくじゃあ〜りませんか。
こりゃ面白い。
ミトンを使ってても持つ手が熱くなるくらいの熱さですが、それを我慢してフライパンを傾けて端の部分も焼き込んでいきます。しかし、面白いは面白いんですが、これでも火力が弱いのかなかなか焼き込みは終わりません。結局30分ちょっとかかって焼き込み終了。今ちょうど冷ましているところで、冷めたら薄く油を塗って保存です。

さて、今日はパスタ用のトマトソースを大量に作ってしまったわけですが、中華鍋のデビューはいつになるやら(笑)。
posted by plop at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。