2008年02月22日

またパンク!しかも釘!

今日は自転車で仕事場に向かいました。片道15kmちょい、そんなに大した距離でもありませんし、今日は昨日入れ換えたパソコンのチェックだけで荷物もほとんどないしで、ほいほいっと出かけたわけです。

仕事場に着く直前、工事現場の横を通った時に何かイヤな音がしたなーと思っていたら、帰る時に後輪がパンクしてました。あらあら、こんな時に限って携帯空気入れと修理セットを忘れてきましたよっと。
まあ幸い実家が近いので、てくてくと自転車を押して30分。暖かい陽射しの中、ちまちまと修理を始めました。

なんか変な風に2箇所穴が空いてるなー、と思いつつ、チューブにヤスリがけしてゴム糊を……ゴ…ム……糊? って、なあぁ!? 押し出したゴム糊がただのゴム玉になってるぅ!れぅ〜
いくらチューブに付けようとしても、指で伸ばそうとする端から勝手に丸まってゴム玉を形成するでございますのことよ。
考えてみれば、自分が高校生の頃からあったパンク修理セットだから15年以上は経過しているわけで、ゴム糊がただのゴムに変化するのもしぶしぶ納得。

まあ最近は100円ショップでゴム糊が買えるから便利なもんですよね。実家のママチャリを借りて100円ショップでゴム糊調達。ああ、ちゃんとゴム玉にならないw普通の接着力だw
穴2つふさいで、タイヤを元に戻してっと……あれ?なにかが……釘が!ぶっすり刺さってるぅ!れぅ〜
なんてこった
こんな短いのがなんで道路に落ちてて、なんでぶっすり刺さってしまうのだらふ。
でも変な風に2箇所穴が空いていた理由がわかりました。釘がチューブを貫通したからですね。

釘抜いて、ちょいとその辺を回ってみてまあ大丈夫と判断。帰途についたのですが…2〜3km進んだところでまた空気が抜けてきました(泣)。またもや30分歩いて実家に戻り、もう一度パンク修理。
嗚呼、やっぱり。タイヤ戻した時に釘が残ってたものだから、穴を塞いだパッチのすぐ横に小さい穴が空いて…orz 我ながら非常に頭が悪い。
パッチを重ね貼りして、ようやく修理完了。実家に着いてからなんと3時間後のことでありました。とほほ〜

本当なら14時には帰り着いているはずが17時に。どうせお昼過ぎには帰れるだろうと、お布団を干していたのですが……すっかり冷たく……
【教訓】10km超える距離を走る時は、空気入れと修理セットを必ず携帯すること。
posted by plop at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85795712

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。