2008年02月12日

疲れが…

仕事とかの愚痴です。
読み飛ばし推奨

いやー、最近天気が悪いせいで(特に雪)外出するのが億劫になっていまして。外に出ず家に引きこもっているせいで、精神的に弛緩状態というか要はやる気なしモードになっていまして。その結果、全般的に注意力が散漫になってまして。

先週は、水曜木曜と天気悪くて不貞寝。金曜土曜で持ち直したものの(土曜は飲み会もあったし)、昨日一昨日は飲み会の帰り道、雪に変わりそうな雨の中を30分かかって家まで歩いたせいか体調を崩し気味で、1日の半分くらい寝て過ごしてしまう有様。

で、今日は仕事。仕事自体はなんとかミスなくこなしたものの、帰りにいつものドラッグストアに寄ったら、特売チラシを見間違えて半額のはず(と思い込んだ)冷凍さぬきうどんを定価で買ってしまうという、自分自身に完全敗北な感じの結果に。
どうやら新聞休みに加え、昨日が祝日だったために、いつも火曜水曜にやってる特売が今週に限って月曜火曜にスライド。そのせいでチラシの欄を見間違えたというわけで。閉店間際に行ったのも焦りを呼んで敗因に繋がってしまいましたとさ。
差額はたかだか200円程度なんですけどね。ワケのわからない後悔と敗北感が尾を引きます。

仕事は仕事で、またExcelのこと聞かれたりするし。
さっき書いたようにミスはなかったけど、いくら言っても理解してくれない人に何度も説明するという不毛なことを強要され、さらに精神力が削られました。

発端は2週間前。あちこちの席を回ってご用伺いしていると、パートさんに呼び止められてExcelの質問を受けたわけです。曰く、顧客の入金データをクレジット会社からCSV形式で受け取って、予め作成されているExcelシートに貼り付けると、計算用のシートに入金結果が出るんだけど、合計金額が合わないと。

んなこと言われても、こちとらExcelは素人に毛が生えた程度しか判らないし、その計算シートを作った人はすでに会社を辞めているし。いやまあそれなら、元々作った人から受け取った時点のファイルを使えばいいんじゃ?と思ってパートさんに聞いてみたら、いつ頃受け取ったか覚えてないし、しかも上書き保存して使ってるとかorz 知らんわっ!

かといって放っておく訳にもいかないので、どんな目的でどんな処理をしてどんな出力があればいいのか、あれこれ聞きながら計算シートに入力されている関数を追ったわけです。まあ、パートさんは「ここにCSVを入れればOK!」としか覚えてなかったので、関数を追うだけの作業になるのにそう時間はかからなかったのですが。

しばらくして、とあるセルにカーソルを合わせると、何故かそこだけ関数が消えていて数字が直打ちされてる。なんじゃこりゃと思ってすぐ上のセルから関数をコピーしたところ、問題なく計算結果が出るように。
どうやらCSVデータと顧客登録データを計算シート上でマッチング処理して、入金額を導き出すようになっていたようですが、顧客登録データの更新を怠っていて、マッチングされずに入金額が出てこなかった場合、とりあえずの数字合わせとしてその欄にCSVデータを手作業で付き合わせて直打ちしていた模様。……なんのためのExcel化なんだか。

あちこちセルを確認してみると、ポロポロと直打ちしている箇所がありますよ? パートさんに聞いてみたら、前月分ファイルをコピーして今月分ファイルとして作成してきたそうで(1月分→2月分→3月分………という感じで)、この3年ほどの直打ち分が累積していることが判明。
だから、関数を使ったExcelファイルは雛形を作っておいて、そこからの子コピーまでに留めておかないとダメだと以前から口を酸っぱくして言っているというのに。呆れてものも言えません。

とりあえずその場で、入金額がおかしくなっているセルの関数を直して合計額が合ってることを確認してもらい、このあと他のセルに直打ちがないか確認、そしてセルの修正方法を伝え、今後はその修正したファイルを雛形として使うよう言い含めました。

ところが先週、またも呼び止められ今度は顧客コードと顧客名が違うと言われ。いや、そんなの顧客登録データの間違いに決まってるでしょ、と思い調べると案の定。単なる顧客コードの入力ミス。
これまた毎月累積で間違いが拡大している可能性有りでゲンナリ。それ以上はとても面倒見きれないので、とりあえず顧客登録データを見直して下さい(お願いですから、と心の声を付け加え)、と言ってその場を離れました。

そして今週。というか今日。
また呼び止められ、先月分ファイルの合計額が合わないと。まあそりゃ当然でしょうよ、関数直してないんだもん。だから他のファイルも直せるよう、2週間前に関数の修正方法を伝えたはずなのですよ?
当然ながら作業は5分もかからず終了。そのパートさんはお客さんが来たり電話がかかってきたりで対応に追われ、こっちは念のための説明ができるまで30分ほど待ちぼうけ。

まあいいんです、この時間も勤務時間として請求しますから。でもね、なんで説明したことを試す前に投げ出して助けを待つだけになるのかがわからんのですよ。既に修正済みの今月分ファイルをコピーして先月分のCSVデータを放り込んでもいいし、関数を直してもいい。これくらいの応用もできないってのはどういうこと?
パートのおばちゃんだから仕方ないと割り切りたいものの、いくらなんでもそりゃねーだろ、という感情が上回っておりまして。精神力落ちてる時にこーゆーことされると、余裕ある対応が難しいですよ。

来週もまたなんかあるのかなぁ…やだなぁ……
posted by plop at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83762139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。