2007年07月17日

初期不良に当たった

今日はいつもの仕事先でパソコンを1台セットアップしました。OSへのパッチ当て、オフィスやプリンタドライバのインストールなど問題なく終わって帰宅。

ところが3時間もすると電話があって、画面が真っ暗になってウンともスンとも言わなくなったというじゃないですか。
一体何事?と押っ取り刀で駆け付けてみると、なるほどウンともスンとも言わなくなってます。どうせモニタのケーブルが抜けた程度だろうと高をくくっていたのですが(苦笑)。

仕方ないので本体のカバーを開けて各部の動作を確認できるようにして電源ボタンを押してみると、CPUファンが動いておりません。HDDの駆動音はするもののアクセス音はほんの一瞬。そして、電源部付近からほのかに電子部品が焼ける臭いが……

これはどう考えても初期不良に当たったので、エプソンダイレクトのサポートに連絡して修理を依頼しました。焦げ臭いことを伝えたら、重点検するため一週間預からせてくれとのこと。いつもなら1日で返ってくるんですけどね。
でも、日通と提携してピックアップサービスをしてくれるのは非常にありがたいです。こちらでは梱包するだけで、送料は向こう持ちだし。

エプソンダイレクトからは、これまで70台以上パソコンを導入していますが、これほどの初期不良は初めてかな? だいたい1年に一回くらいしか修理依頼が必要なほどの故障は起きていない(自分でHDD交換は何度かあり)ので、たまにはこんな事もあるさと達観してます。
カバーを開けてみて、サムスン製HDDが入っていたのはちょっと残念でしたが。
せっかくならセットアップ中に不具合が出てもらいたかったものですが、まあ早いうちに出た方がいろいろ都合が良いです。下手に使い始めてデータが溜まってからだとバックアップの手間がかかりますし。

と、対応が速くて丁寧なので、会社用パソコンにエプソンダイレクトはお薦めですよ。というお話でした。
posted by plop at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48263375

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。