2007年06月11日

解り合えない。草の根レベルで

ちょっと前に中国の食について書きましたが、今日もまた衝撃的な記事を見かけて書かざるを得なくなったというか。

回収紙をナプキンに、ようじ再使用も…中国紙報道
 【北京=佐伯聡士】食品の安全性に対する信頼が揺らいでいる中国で、レストランの紙ナプキン、つまようじなどに潜む様々な病原菌が健康を脅かしていることが分かった。

 中国の有力紙「南方週末」が、中国調理協会が2006年に行った調査結果などをもとに伝えた。

 同紙によると、規定では、紙ナプキンにはいかなる回収紙も使ってはならないが、実際には、低品質のナプキンに回収したゴミを漂白したものが流用されていた。製紙工場に10年勤めた男性は、「原料の中には、使用済みの生理用ナプキンや病院が廃棄したガーゼもある」と証言。恐ろしいのは色つきの紙ナプキンで、漂白剤すら使わず、ゴミを着色してごまかしただけのものがあり、大腸菌や結核菌、肝炎ウイルスなどが検出されたという。

 低価格のつまようじも、状況は同じ。海南省海口市で昨年、広東省から購入した大量の「回収ようじ」が見つかった。レストランやゴミ捨て場から回収したようじを水につけてよごれを落とし、包装し直しただけで、この種のようじからは大腸菌や結核菌以外にエイズウイルスまで検出されたという。これらの紙ナプキン、ようじが輸出されていたかどうかは不明。また、使い捨てのプラスチックのはしやスプーンなどの食器を、不十分な消毒を施しただけで繰り返し使うレストランもあるという。
(2007年6月10日3時3分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070610i501.htm

もうホントスイマセン、マジ勘弁して下さい……orz
前に中国産割り箸の事も話題にしましたけど、それをはるかに上回る勢いの衛生感覚。100円ショップで木材製品・紙製品を買うのは自殺行為なんだ、きっと。
だめだ、大陸のアジア人とは100年経っても解り合えないような気がしてきた。
2chの反応(痛いニュース)もどうぞ。

中国との感覚の違いは最近よく記事になってますね。太湖の汚染状況(2chの反応、痛いニュース)とか、放流した鯉があっという間に獲物にされたりとか。
もうアレです。中国人というか大陸人と島国である日本人との間には、色々な意味で溝とか壁が存在していて、それをお互いに許容するのは相当難しいんですよ。たぶん、何百年経っても。

前々から中国や朝鮮半島が嫌いではありましたが、嫌悪感を抱くまでは至ってませんでした……つい最近までは。
もうダメです。生理的嫌悪感が先に立ってしまって冷静に物事を考えられないレベルにまできてます。ネタにして笑えるならまだ救いがあるんですけどね……
posted by plop at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。