2007年04月16日

試験、反省の弁

落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。


昨日は帰ってくるなり酒飲んで寝てしまいましたが、やはり自ら失敗と思われるところを振り返っておかないとまた同じ事を繰り返すことになると思い、こうして反省の弁をしたためる事にした次第であります。

えー、まず午前の問題。
四択マークシートで55問。制限時間は1時間40分。
この55問のうち実に10問がDB絡みの問題でした。今の今までDB関係の仕事をしたことがないので、DBの問題が増えるとかなり厳しいことになります。過去問じゃ8問くらいだった覚えがあるのですが。この10問のうち3問くらいしか当たってないのではないかと。
それから全然知らない単語が結構出たこと。電話の呼量単位「アーラン」とか、何それ?って感じで試験中に半笑いですよ。そんなのが5〜6問。もちろん適当に答えて運任せ。

すでに模範解答が情報処理推進機構のページに上がってますけど、恐ろしくて答え合わせできません。確か半年前の情報セキュリティアドミニストレータの時も同じ事を言っていたような気がしますが。
たぶん6割くらいしか取れてないと思うんで、今回は午前で落ちた感じがします。この十何年か断続的に10回ほど情報処理技術者試験を受けてますが、午前を落としたのは2回目です。

午後1の問題は記述問題。
4問中3問を選んで解答します。制限時間は1時間30分。
これまた半年前と同じで、問題を選ぶのに手間取ってしまってまたもや解答欄を埋めることができませんでした……あと3分あれば……もっと見切りを早くしないと。
ただ、解答の内容は前より手応えがありました。直前に過去問を解いた成果でしょうか。少なくとも「おいしい洋なしタルトの作り方」は書かずに済みました(笑)。
ま、午前で落ちていたら採点自体されないんですがね。

午後2の問題も記述問題。
2問中1問を選んで解答します。制限時間は2時間。
もうこの時には落ちた感触を掴んでいたので、「そして考えるのをやめた」状態で臨んだわけです。
そしたらあれよあれよと解答欄が埋まっていって、あらまあ1時間程で終わっちゃいました。しかも結構自信あり。奇跡的に午後1まで通っていれば受かるんじゃね?と思うほど。


う〜ん、今回も思ったのは自分には圧倒的にDB関係の知識が欠けているのが問題ってことですね。そのお陰で午前で終わったっぽいですから。
よくWebサーバ上のアプリケーションを通してDBにアクセスする際の脆弱性によって情報漏洩が起こってますからね。ことセキュリティ全般という話になると、DBが絡まないわけにいかないわけで。
逆にDBの知識をある程度詰め込めば、試験に関してはなんとかなりそうな気がしてます。こうなったらDBの資格を取るくらいの勢いで勉強するしか。そうでなければ、DB絡みの仕事に就くか。まずはテキストを買ってくることから始めたいと思う次第。

あ、もしかしたら2〜3年するとファイル交換ソフトに関する問題とか出るのかも。それもヤダなぁ。
posted by plop at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38947666

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。