2006年08月27日

ぐきゅ〜

仕事先で前々から営業所を遠隔地アクセスできるよう、NTTのグループアクセスを試してるんですが、結局ライトは諦めてプロでやってみることに。
それでもどうもうまく行かなくて、この1週間を棒に振ってしまいました。

いや、ルータのメーカに問い合わせてみたらDMZを設定しないといけないみたいなんですが、その設定がまたやっかいで。普通、DMZとかネットワークを大幅に変えないといけないものは、2〜3ヶ月くらいかけてじっくり準備しないとどこかでミスってしまうもんだし。でも、時間はないし。

そんなこんなで今日は久しぶりの休日。
明日の作業に備えていろいろ下調べしようと思っていたら、仕事先からヘルプコールであります。中国製のなんだかよく分からないチープなデジカメのドライバをパソコン(Win2k)にインストールしてみたら、インターネットに繋がらなくなったそうな。
仕方なく現場まで出向いて調べてみると、本格的にまずい感じになってました。

まずもって、ブラウザからルータ自体にアクセスできない。というか、DHCPサーバ(ルータがサーバ)にアクセスできないからIPアドレスが取れてません。
なんじゃこりゃ、と思ってIPアドレスをDHCPから固定に変えてみても症状に変わりなし。でも、ルータにpingもtracertも通る。
クエスチョンマークを大量発生させながらネットワークボードのドライバを再インストールしてみても効果無し。
で、ifconfigで色々調べてみているうちに、ifconfig /displaydns で全然DNSが引けていないことに気が付いたわけです。もちろん、ifconfig /flushdnsをしてもそのまま。
………
……

怪しいドライバが、どうもパソコンのDNSクライアントを狙い撃ちしたらしく、ループバック(127.0.0.1)しか見えなくなってしまいました。つまり、同じセグメントしか見えないわけで。
同一セグメント内でファイル共有が使えたのは不幸中の幸いでしたが、こうなるとデジカメのドライバを削除したくらいじゃ元に戻らないのは経験上わかりきってます。
今日は、仕方なくデータをネットワーク経由でNASにバックアップしただけ。明日OSを再インストールする予定です。

立て込んでるときに限って、こういうやっかいなトラブルが発生するもんなんですよねぇ。はぁ。
posted by plop at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22902473

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。