2006年03月14日

ホワイトデー

一応バレンタインデーでいただいたお返しする日、と世の中一般で認識されている日なので、お返しを渡しました。……母&弟奥さんに。

まあ、収入が減った無職自由業としてはなるべくこういった所でお金をかけずに済ませたい。そんなわけで、唯一自分で作れる卵白クッキーを昨日大量に作成。作りも作ったり4種類60枚(抹茶、ココア、アーモンド、ココナッツ)。100円ショップで買ってきた小分け用の紙袋に入れて、近くの西武で買ったクッキー詰め合わせと共に渡したという次第です。

昨日は西武のお菓子売り場がやたら混んでましてね。それも男性陣の姿はあまり見かけず(いや、平日昼間だから当然なのですが…)、母娘二人組や、中高生くらいの女の子集団、年配のご夫婦などなど、なんだかデカイおっさんが入ると浮きまくりな場が形成されておりました。
それでも仕方なく回っていると、洋菓子区域以外は人がパッタリいなくなるんです。和菓子とか、総菜とか。近くに人が集まっているのに人が寄ってこない、そんな店の人達は容赦がありません。群れからはぐれた子馬を見つけたかのように、声をかけて気を引こうとしてきます。時にはカウンターから出てきて、こちらの歩行スピードを落とす作戦に出てきたり(笑)。そんなときはショーウインドウに視線を固定し、絶対に目を合わせないようにしないといけません。

そんなこんなでちゃんとしたクッキー詰め合わせを買い、隣のジャスコへ。卵白クッキーを作っている時にバターと卵と小麦粉がちょうど切れてしまったのでした。卵と小麦粉は(安売りじゃないですけど)すぐに手に入りましたが、なんといつも買ってるバターが売り切れ。おまけに代用品のケーキ用マーガリンも売り切れ。まさかまさかの事態に売り場の前で5分ほど固まってしまいました。

仕方なく他のスーパーに行くと、小学生の男女混成旅団が遊弋中。どうやらホワイトデーに、みんなで集まって手作りお菓子を作ろう!ということのようで。「コーンスターチあったー!」「あと何買うのー?」とかとか、微笑ましい限り。
若い世代のホワイトデーの認識ってのはずいぶんと変わりつつあるんだなと思ったりしてました。なるほど、これだけ手作り機運が高まってくればバターも売り切れるってもんですね。バレンタインデーもそうみたいですけど。

さてさて、今日実家に来て母にクッキーを渡したら、離れて暮らしている妹からチョコレートを預かってきたそうな。……一ヶ月遅れのバレンタインデー??
1個250円の小さなチョコは、大変おいしゅうございました。お返しどうしましょ。
posted by plop at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。