2009年10月28日

いまさら情報処理技術者試験について書いてみる

試験を受けたのは10月18日(日)だから、もう10日も前のことなのですね。
春に体調不良で受けられなかった情報処理技術者試験(情報セキュリティスペシャリスト)を受けてきたのです。10日前に。

端的に結果を言えば、惨敗。

春に受験票を確認して、午前の試験がIとIIに分かれたのは知ったのですが、今回実際に試験用紙が配られるまでその事実を忘れていました。というか、受験票を確認することすらしなかった己の落ち度……

翌日に情報処理推進機構のページで答え合わせをしてみたら、案の定、午前Iの試験で落ちてました。
30問で60点が合格ライン、つまり6割18問は正解しなくちゃいけないところ、わずか13問正解という厳しさ。
それもそのはずで、一夜漬けでに2〜3年前の過去問ばかりやってて、今春から変わった試験要領に沿ってないんですから。せめて今春の過去問に目を通しておけばと悔やまれます。

受験票を確認してなかったせいで、試験開始が9:30だということを知らず、9時前に着いちゃうし……

ちなみにどんなんなってたかというと、午前II以降はセキュリティ関連の問題が主なんですけど、午前Iはより広範囲にIT業界に関する知識レベルを問う形式になっていたんです。しかも他の試験と共通問題。具体的に言うと、プロジェクト管理だったり開発手法だったりデータベース基礎だったり組み立て手法だったり。問題の約半数に見たことも聞いたこともない単語ががががが

こんなんわかるかっ! んなことは、管理責任者やらプロマネ(プロジェクトマネージャ)やらが知ってりゃいいんじゃい!

……という専門バカを足切りするために、午前の問題を2つに分けたんでしょうね。近頃、IT分野は専門性が高くなりすぎてちょっと毛色の違う部署に行くと使い物にならなくなる人が多い、という批判を受けてのことでしょう。要は、広い分野で知識を活かせるIT技術者を育てていこうという建前が形になったわけですね。

あーあ

でもまあ、良い事もありました。
情報セキュリティスペシャリスト試験は、春秋の年2回行われるようになったんで、次は半年後に受けられます。前は、セキュリティスペシャリストと情報セキュリティアドミニストレータに分かれて年2回で、自分はセキュアド取っちゃったんで実質年1回でしたから。

それと、午後Iの試験が文章問題を4問中3問回答しかも90分でという御無体な条件ではなくなり、4問中2問に緩和されてました。これまで数回受けて、回答を埋めきれたことがなかった午後Iですが、今回は埋めることができました!

今回は午前Iで足切りされたので、午前II以降の回答は採点されませんが、手ごたえはあったので次回受けるときには対策が立てられそうな気配がします。


あー、書きたいことはあっても、習慣から外れてしまうとズルズルと書けなくなるものだなー
と、しみじみ感じる今日この頃でした。
posted by plop at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。