2009年10月05日

哀悼、中川昭一氏

昨日は昼間から酒飲んで、テレビなんぞ見ずにニコ動見てた。
夕方からニコ動にも追悼動画が上がり始めた。もちろん見なかった。
夜にまた飲んで寝た。
今日、家に帰ってきて、追悼動画を見た。やっぱり泣いた。


訃報を聞いたときには、「ああ、またか」と。
故松岡農相と同じく、日本の農業を変えようとしていた。拉致問題にも積極的に対応していた。そして、金融危機で日本の被害を最小限に抑えつつ、
だからこそ、議員でなくなったタイミングでやられたのだと。あまり憶測で言いたくないし、実際のところは調査結果を待つしかないけど、第一印象はそうとしか考えられなかった。


これが、日本が「普通の国」になるために必要な犠牲だというのだろうか。だとしたら、それはあまりに重く、あまりにも厳しすぎる。
次の選挙までゆっくり休んで、また頑張って欲しいと思っていたのに……5年後10年後には、首相になってくれると思っていたのに……

農業政策と世界経済に精通し、そして本来の意味で「国を愛する」政治家を喪ってしまい、本当に悲しく、ただただ残念でなりません。
心より中川昭一氏のご冥福をお祈りいたします。


最後に、財務金融相だった時、日本からIMFに対して1000億ドルの資金提供を決定した際の、ストラス・カーンIMF専務理事の謝辞を。
http://www.imf.org/external/pubs/ft/survey/so/2009/new021309a.htm
"This commitment is the single-largest supplemental financing contribution by an IMF member country ever, and it clearly demonstrates Japan's continuing commitment to a multilateral approach to global economic and financial challenges. We are hopeful that other countries will join Japan in providing their support to the Fund's efforts."

当時の日経新聞記事
http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/e6cbed5d4afe00a07cfe4f3afaf5769f
【参考】「IMFへ1000億ドル」の意味と効力
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/11/imf1000.html
posted by plop at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。