2006年02月07日

紀子様ご懐妊、めでたいことです

今日はお仕事だったので、ワロス曲線ウォッチはお休み。昼の部はそれほど動きがなかった模様。夜の部では相変わらず良い曲線を描いているようですがw

で、紀子様ご懐妊のニュース。
一報を聞いた時は、またトバシだろと思っていたのですが、どうやら本当のよう。無事にお生まれになるといいですね。それにしても眞子様はもう14歳ですか……時が経つのは早いものですね。この前、小学校にご入学されるとかいうお話だった思いが……自分がすっかりオッサンになったんだなと思い知らされます。とほほ。

これで男の子がお生まれになれば、とりあえず60年くらい先までは天皇家も安泰ですね。
女の子がお生まれになったら、きっと自分は「またか(笑)」と思うでしょうね。でも、3姉妹というのもほのぼのしてていいんじゃないかと。もちろん女性天皇云々の話は今より活発になるでしょうけれども。

皇室典範改正案に関する議論は、なにやら右寄り左寄りの極論が錯綜して、私にはなにがなんだかわからなくなっています。自分としては、男性天皇に越したことはないけど女性天皇でも全然問題ないでしょイギリスだって女王なんだし、ってスタンスなので、あれほどヒートアップしているのが不思議に感じられます。
ただ、宮内庁という透明性が求められる現代に於いてブラックボックス化している庁が、天皇家や皇族を引っかき回しているというか、政争の具にしているように見えるのだけは勘弁してもらいたいと思っています。去年、皇太子殿下が記者会見で雅子様について宮内庁に苦言を賜ったことが表面化した例でしょう。
男性天皇だろうが女性天皇だろうがどっちでもいいので、宮内庁をもっと透明性の高い組織に改革するような改革案であれば諸手を挙げて賛成です。
posted by plop at 23:57| Comment(7) | TrackBack(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「女性」天皇はかまわんのです。格としては「帝」になりますから。
これはローマ教皇級の格で、極論すれば他国が新しく王国になるときに新王を承認する事すら出来ます。
しかし「女系」天皇になると、男系の連続性によって生まれる「帝」の格は失われ、実質的に王になってしまいます。
現行法では二度と帝の格を回復できません。
Posted by ECM at 2006年02月08日 00:58
>ECMさん
まあ、エントリーにも書いてある通り、どうなってもいいと思ってますんで。自分自身、そして国民に天皇陛下を敬う気持ちがありさえすれば、男性天皇、男系天皇、女性天皇、女系天皇、どうでもいいでしょということです。
それを損なわせているのが、宮内庁そして反日マスコミだと思っているので、女系云々言われても対応致しかねます。
で、「現行法では二度と帝の格を回復できません」というのであれば、法改正すれば問題なくなるという認識でよろしいのでしょうか?
Posted by plop(管理者) at 2006年02月08日 23:55
>法改正すれば問題なくなるという認識でよろしいのでしょうか?
失われた帝格を回復せしめる「法改正」とは「新規に帝政を敷く」という事です。
不可能です。
Posted by ECM at 2006年02月09日 01:58
連続投稿になってしまいます。申し訳ありません。
敬う気持ちがあれば、というのは同意できます。国内だけの問題であるなら。
「キング」と「エンペラー」の扱いの差は欧州などではかなり顕著です。
それらは彼ら自身が生み出した概念です。
「日本のエンペラー」が「日本のキング」になった場合、
皇室外交にどのような影響をもたらすか、
などということも考慮する必要があるのです。
外向けの力に、付加逆の変化を与えてしまう変更である以上、
どうでもいい、というのはちょっと困ります。
マイナスの影響があった場合、取り戻せない可能性があるからです。
Posted by ECM at 2006年02月09日 02:11
>失われた帝格を回復せしめる「法改正」とは「新規に帝政を敷く」という事です。
なるほど、ありがとうございます。一度法改正をして「女系」を認め、実際に女系天皇が誕生すると「帝」ではなくなるということですね。
それによって、皇室外交等に影響があると。

ご意見を聞いてなるほど、とは思いましたが、やはりどうなっても問題ないなという認識には変わりありません。確かに皇室外交は日本にとってなかなか良い手札ですが、政府・外務省が行っている外交に+αというのが基本だと思いますので、将来的に日本の外交が今よりもしっかりすれば+αがなくてもなんとかなると思います。もちろん+αがあれば、それに越したことはないですが、未来永劫絶対に必要な要素だとは思えません。

ECMさんの仰りたいことはわかりましたが、主張がはっきりと書かれていないので、なんとも返答が難しいというのが本音です。せっかくのコメント欄ですし、はっきりとご自分の主張を書いていただいて構いませんよ。
今までのご意見からすると男系天皇で場合によっては女性天皇を認めるという解釈をしますけれども。
Posted by plop(管理者) at 2006年02月09日 02:48
>今までのご意見からすると男系天皇で場合によっては女性天皇を認めるという解釈をしますけれども。
そう捉えて頂いて差し支えありません。
女性蔑視のつもりはありませんが、こういう場合の正当性とは連続性とほぼ同義です。
ECM個人としては、旧宮家の中から最も血の濃い家柄を皇族に復帰させるというのが妥当な線だと思っています。

>未来永劫絶対に必要な要素だとは思えません。
それはそうであります。しかし、それを突き詰めれば象徴天皇制そのものも、「必要不可欠ではない」ということになりませんか?
象徴天皇を残すのであれば、その由来にまつわる事柄も同時に残していかなければ意味は無いとECMは考えるのです。
こういう問題は、何に主眼を置くか、それに尽きますね。
天皇制を現代日本の付属物と考えるか、芯と考えるか。
おそらく絶対の正解などは無いのでしょう。
Posted by ECM at 2006年02月09日 03:26
>そう捉えて頂いて差し支えありません。
了解しました。
実は私も今回の皇室典範改正については、女性天皇容認が落としどころじゃないかと。今までの小泉改革と同じように左右からの反対意見を受けて、中間付近の結論が出そうな気がします。
ただ、もし女系天皇容認となっても個人的に反対はしないというスタンスは変わらないです。
それよりも、まずは宮内庁をなんとかして欲しいのですよ……

>象徴天皇制そのものも、「必要不可欠ではない」ということになりませんか?
そうですね。突き詰めるとそうなると思います。
今の皇室報道を見ていると、皇族の方々にかかる負担というかマイナスな面があまりに大きいように思えて、外交くらいはやらなくてもいいんじゃないかなと感じていまして。
ただ、実際に天皇制がなくなるということを想定していない上での意見になっているのは確かです。

仰る通り、これから先も絶対の正解が出ない問題なんでしょうね。
Posted by plop(管理者) at 2006年02月09日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

秋篠宮妃紀子さま第3子を懐妊
Excerpt: 皇室の秋篠宮妃紀子さまが第3子を懐妊され秋ごろ出産予定だと ニュースで見てオメデタイ話しで秋になるのが楽しみである 今は自民党内でも慎重論が多い皇室典範改正の議論が行われてて 俺は女系の意味..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2006-02-08 10:48

紀子様ご懐妊で皇室典範改正を見送りって・・・
Excerpt: それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!  さて今回は紀子様ご懐妊で国会の皇室典範改正案が見送りになる方向がでてきた..
Weblog: ジュンの我流日記
Tracked: 2006-02-09 11:21

「こふのとり」舞い降りた。秋篠宮妃紀子さまご懐妊。
Excerpt: きょう飛び込んできた久々の嬉しいニュースです。 秋篠宮妃の紀子さま。 3人目のご懐妊が確認されたとのこと。 午後9時からの宮内庁の記者会見で正式発表されました。 まずはおめでとうございます! ..
Weblog: 新「とっつあん通信」
Tracked: 2006-02-09 14:21

天皇問題 その28 文藝春秋3月号 34ページ 3本の記事
Excerpt: 10日に発売された『文藝春秋』における皇室関係の記事タイトルは、最下段の写真の通り。 月刊誌の悲しさで、今般の紀子様のご懐妊については情報が及んでいないが、もちろん月刊誌の素晴らしさで、丁寧で綿密な..
Weblog: 時事問題ショートコメント!
Tracked: 2006-02-13 01:06

天皇問題 その29 元号問題を考える 女系天皇論の隠れた元凶
Excerpt: 突然だが、「明治以降の終身天皇制における一世一元制が、女系天皇を「必然」としている」、という話をしよう。 このことは(私の知る限り)まだ誰も論じていないが、女系天皇という皇統断絶への、隠れた重大要因..
Weblog: 時事問題ショートコメント!
Tracked: 2006-02-19 06:30

「男児出産」確率80%という「科学的根拠」(週間新潮)
Excerpt:  週間新潮2月23日特大号P32の記事によると、紀子妃殿下のご懐妊に関して、「永田町では”80%の確率で男子が産まれるらしいぞ”などと囁かれてい」るとのこと。  こんな話がまことしやかに流れるのは、..
Weblog: 乳頭おじさんのニュース解説
Tracked: 2006-02-21 12:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。