2009年01月01日

天皇杯決勝

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


そんなわけで、2009年初めてのエントリーは当然のように天皇杯決勝。G大阪vs柏です。弟夫婦と甥っ子姪っ子が来て賑やかな中、それなりに見ておりました。

試合の方は、疲れがピークでまともに動けないG大阪が我慢の展開、柏がぐいぐい攻め込んでいきます。
前半はG大阪GK藤ヶ谷が大活躍、ファインセーブを連発します。結局、柏が有利に展開しながらスコアレスで終了。何度も決定的なチャンスを得ながら決めきれない柏と我慢しきったG大阪という対称的な内容でした。

G大阪としては自分たちの肉体的な疲れを考慮して0−0で後半の後半まで粘り、最後に1点を取るという非常に現実的なプランできました。対する柏も、準決勝のFC東京戦と同じプランでした。すなわち後半からフランサと李を投入して、相手が疲れたところで攻勢を強めるというもの。その方がフランサが自由に動けるスペースが増えるということでしょう。


後半開始から柏はフランサを投入、次いで58分に李、と石崎監督は一気に勝負に出ました。
前半からの流れもそのままに攻勢を続ける柏。フランサがフリーでボールを受けると後ろから続々と選手が飛び出して、パス選択の幅が広がり、そこへフランサから相手の意表をつくパスが通ると、G大阪は前半にもまして防戦一方。またも決定的なシーンがいくつか柏に訪れます、がシュートは枠を外れたり、またもGK藤ヶ谷に阻まれたり。

しかし、フランサにパスが入る瞬間に必ずチェックが入るようになると、柏の攻撃は勢いをなくしていきます。70分を過ぎた頃には、逆にG大阪がボールをキープするようになってきました。
ゆっくりとボールを回しながら、じわじわと柏を押し込むG大阪。柏は攻め疲れが出てきたのか、DFラインの押し上げも中盤のチェックもできなくなってボールを奪うキッカケすらなかなか作れません。

前半とは打って変わって、試合はいつの間にやらG大阪のものになっていました。柏もフランサを起点に大きな展開を見せることがありますが、低い位置から攻撃が始まるのでフランサの良さがあまり活かせず、その上SBとボランチのパスミスも多発してリズムを取り戻せません。66分に山根が負傷退場して、石川を投入せざるを得なかったのも影響したと思います。

一方、G大阪西野監督は75分を過ぎてもまったく選手交代をせず、じっと機を伺います。延長、PK戦までを考えて試合に臨んだが故の我慢の時間だったのでしょう。
後半もスコアレスで終了。勝負は延長戦に持ち込まれました。


延長になってもG大阪に傾いた流れは変わりません。
柏はボールを高い位置で奪うことができず、時折相手のミスから人数をかけて攻撃することはありますが、シュートまで行くことはほとんどできず、逆にカウンターを受けることもしばしば。
しかしG大阪も攻めながら、前線の選手の動きが更に鈍くなってきた上に中盤の運動量もかなり落ちて決着をつけるところまでは攻め切れません。

延長後半が始まる105分に西野監督が動きます。FW播戸を投入。
そしてこの采配がピタリと当たりました。延長後半も9分を過ぎた116分にゴール前の混戦から、播戸が一度はシュートを止められながらもこぼれ球をもう一度シュート。これが同じく好セーブを随所に見せていた菅野の横を破り、ゴールネットを揺らしました。
勝利を確信した西野監督は、直後に遠藤を下げる余裕を見せ、選手達も柏にほとんどボールを渡すことなく時計を進めていきます。

ロスタイム2分が経過してタイムアップ。120分の激闘は1−0でG大阪に軍配が上がりました。


この試合、柏が前半にゴールを決められなかったことと、後半に入って早いうちに交代枠を使い切ったことで、75分を過ぎてからは柏にとって手の打ちようがない展開になってしまいました。FC東京戦で、采配が『当たり過ぎた』ことが原因の一つでしょう。
そして早々に3枚目のカードを切る必要に迫られたこともこの展開の中では影響大でした。石川の投入、または他の選手の投入を、G大阪のベンチの動きを見ながらできたのなら、もっと違う展開にできたのではと感じました。

そういった展開に持ち込んだ西野監督の方が一枚上手だったとも言えるでしょうね。
自分から動いて試合を決めに行った石崎監督、後の先を狙ってひたすら耐えた西野監督。どちらが上かということは言えませんが、この試合に限っては西野監督が上回ったと言うことです。


さて、これでG大阪は来期ACLの出場権を得たわけですが、中盤の選手層の薄さとDFの弱さの解消とFWの補強など、オフの間にやることはたくさんありますね。
特に遠藤が抜けたときにどうするか考えておかないと、どのタイトルにもあと少しで届かないなんてことになりそうです。

柏は、ボランチの展開力と読みの弱さ、SBの経験の足り無さが露呈した今期後半でした。来期は監督も代わるし、ある程度チームを土台から作り直す作業に入るわけで、補強と併せてこちらもやることたくさんです。
とは言っても、コーチの高橋氏が昇格ということで当面は「石崎スタイル」を踏襲するのかもしれません。まあでも、まず手を入れるべきは前述のようにボランチでしょうね。この位置で攻撃を組み立てられる選手がいないと、今日のように手も足も出ない時間帯が長引いてしまいます。


これで日本国内のサッカーは3月までお休み。
さあて、欧州CL観戦の準備を始めましょうかね。
posted by plop at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。