2008年08月29日

食中りで酷い目にあった

(ちょっと汚い話なので、読む際には注意。やばそうなら早めに引き返して下さい)

原因は水曜日、BSを見ながら食っていた夕飯でした。
その日は久しぶりに春巻き(中身は線キャベツとウインナーとスライスチーズですが)にしようと、数ヶ月オイルパンに保管しておいた油を使ったんです。油の量はそれほど多くなかったんで、フライパンで揚げるというより炒める感じにして。この時点でニオイが変だったのに「もったいないから」と強行したのが不味かった。

何はともあれ、調理終了。テレビを付けたらJリーグやってて、Jリーグダイジェストを見ながらその春巻きもどきを食っていたわけです。食べれないわけじゃない、だけどやっぱ不味い。それが食べている時の印象でした。中身のおかげでかなり中和されているとはいえ、この不味さはただごとじゃない、やっぱり途中からでも新しい油に切り替えるべきだったかと後悔してました。

食べ終わって、ニコニコ動画見たりブログ書いたりしている間は特に自覚症状もなく、強いて言えば胸焼けがするかなー程度でした。何事もなく就寝。

ところが翌朝7時前、胃腸の異変を感じて冷や汗をかきながら飛び起きました。
あちゃーきちゃったかー、原因はどう考えても昨日の春巻きもどきです。本当にありがとうございました。などと考えながらトイレに飛び込むと、もうなんというか、水、というかお湯? これまでに経験したことのない下痢っぷりに慌てながらも、これ一回で済むならまあ問題ないか、と高をくくっていました。

当然のように、1時間もしないうちに第2波。またしても水、というかお湯。おまけに胸焼けが酷くなって、胃がひっくり返りそうな感覚が襲ってきます。これは偉いことになったと思いつつ、もうこの時点で身体の力が抜けてまともに動けなくなっていました。外出なんて論外な感じ。
自慢じゃないですが、内臓は強い方で(座高が高いせいなのか)今までちょっとダメになったものを食べてもほとんど症状がでなかったんです。消費期限1週間超え未開封なものや、賞味期限1ヶ月超え未開封なものであれば、問題なく消化できていました。

なので、胃腸のトラブルに対する備えが弱く、胃薬くらいしか常備していません。で、その胃薬すら一度も飲んだこと無し。取り敢えず下痢はどうしようもないので、胃薬を飲んで胃だけはなんとかしようとしました。
で、その時に飲んだ水が、2時間後にそのまま出てきた時には本当に焦りました。なんでそんなことが言えるのかというと、水が胃を素通りして腸の中を動いていく様子が手に取るようにわかったからでして。もうこうなると薬に頼る他ないと判断して、10時になるのを待って車でドラッグストアへ。自転車なんかとても使える状態じゃありません。

いつ漏れるかわからないので、ケツにクッキングペーパーを挟み込んで出発。ドラッグストアで水無しで飲めるチュアブル式の下痢止めを買って車の中で即服用しました。この時、大人用おむつを買うかどうか本気で迷いましたよ。
その下痢止めのおかげか、それまで1時間おきだったのが2時間おきに。しかし内臓で水分を吸収してくれないのは相変わらずで、これは脱水症状で相当不味い状態になると思い、粉末スポーツドリンクを常温で準備。無理矢理にでも水分が摂れるようにしました。
それと、胃腸薬と下痢止めをほぼ同時服用したのがいけなかったのか、下痢止めを飲んで1時間後に強烈な吐き気が。ものすごい勢いで冷や汗をかきながら(形容でなく)、ゲロゲロやっていると半日経っても未消化の春巻きもどきが出てきました。ちなみに水分は胃を素通りするのでほぼゼロ。よっぽど悪くなった油だったんだな、とここで再認識。

倦怠感にさいなまれ2時間毎に、寝る→便意で起きる→水出す→出した分水分を摂る→また寝る、を繰り返し。翌日、というか今日の午前4時頃までこんな感じでした。あと、下痢止めの効果が4時間なので、4時間毎に下痢止め服用。
パソコンいじる気力はないし、ファイアーエムブレムも進める集中力なし、本を読んでも内容が頭に入らず。かといって、完全に寝てしまうと身体の力が抜けて漏れてしまうので、それもできず(クッキングペーパーを挟んでおいて良かったと思ったことが2〜3度…)。なにもできず、夢うつつな状態で過ごすしかありませんでした。

今日の朝になって完全に峠を越えたようで、ようやく安心して就寝できました。(そういえば、夜中に火薬庫が爆発したような雷の音で跳ね起きたっけ…3時頃?)
お昼に起き出してみると、胃のむかつきもなくなり水曜の夜以降はじめて空腹を感じました。非常用に買っておいたレトルトおかゆを2パックと鰯蒲焼きの缶詰で、40時間ぶりの食事です。あ、カップ焼きそばも追加で。

そんなわけで、文字通りクソミソに終わった昨日一日でした。
今日も不調が続くようなら病院に行って、点滴して貰うか、もしかしたら入院もあるかなと思っていたほど酷かったので、意外に早く落ち着いて助かりました。回復の早さに自分自身で驚いています。
これまで「疑わしきは食さず」の精神で食べ物には注意を払っていたんですが(賞味期限過ぎていても、自分の感覚を信じてという意味で)、ここ最近は多少ダメになっていても「もったいない」が先に立ってしまって捨てずに食べていたことが今回の悲劇を招いてしまったのだと反省しています。一人暮らしで助けがないんだから、もっと注意しないと。

ここまで書いてわざわざ言うまでもないですが、皆さんも古い油には注意しましょう。
食中毒と同等かそれ以上の症状になる可能性があるので。
しばらくは、揚げ物のニオイをかいだだけで吐き気を催しそうで、ちょっと怖いです。特にスーパーの総菜コーナーとか……
posted by plop at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーも。くそみそと聞いて飛んできました。

油は洒落にならないですよね。
自分もカレーパンに中って死ぬ思いをした事があります。

三日で5Kgダイエットみたいになりましたよ。
30円引きの結果がこれだよ!と。

症状は大体一緒でしたねー。
動く気力も無くなるの。動くとヤバイし。

あと、体に酷いダメージを与えると
暫くそれ系の臭いがまるでダメになるよね。
油の他に日本酒・焼酎でも経験済みですわ。

まぁ回復している様で何より。
今度の飲み会は油祭りだな。嘘だけど。
Posted by settler at 2008年09月01日 09:26
ども。ホイホイとついてきちまったようですな。

うんうん唸りながら、そのカレーパンの話を思い出してました。

なるほど症状ほぼ一緒、と。水分摂れないのと、あの倦怠感は体験しないとわからないね。マジ。

油祭りktkr!
というか、今日スーパーに行ってみたら油の臭いしないw
脳がシャットアウトしているらしいw
どんだけトラウマなんだと、自分に突っこむ今日この頃です。
Posted by plop(管理者) at 2008年09月01日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。