2008年08月10日

北京五輪 男子サッカー 日本vsナイジェリア

う〜ん、2戦目こそは初めから2トップで積極的にやってくれると思ったんですがねぇ。
またしても1トップ、そして案の定選手も消極的な動きに終始しました。

前半から中盤を厚くしているにもかかわらず、ボールを引き出す動き、スペースを突く動き、パス&ゴーがまったくなく、引き気味のナイジェリアを崩すきっかけすら作れない有様。たまに良いタイミングでサイドにボールがでても、ゴール前に1人しかいなくて右の内田も左の安田もクロスが上げられないことがほとんど。シュートは面白いくらいほぼ枠外へ、枠に行っても力無いシュートばかり。
ナイジェリアは良い形でボールを奪えた時だけに人数をかけてくる効率重視の攻め。何度かビッグチャンスを作られますが、シュートミスに助けられて無失点で前半を折り返します。が、どうみても失点は時間の問題でした。

なので、後半は失点するより前に得点することを狙ってくるかと思ったんですが、これまたメンバー変更無し。
で、案の定先に失点するわけです。58分に、中盤のミスからボールを奪われカウンター。最後はゴール前で細かく繋がれて綺麗に決められました。
ビハインドを背負ってようやく2トップにしました(64分)が、前掛かりになったことでカウンターを受ける回数も当然増えます。日本も早めにゴール前にボールを送れるようになってチャンスの芽を作れるようになります。こうなるとどちらが先に得点するかが勝負の分かれ目ですが、またもナイジェリアがカウンターから得点を決めて見せました。
74分に、ナイジェリアが低い位置から中盤でボールをうまく繋いで、戻りきれない日本の中盤を置き去りに。あとはドリブルで突破したあと、逆サイドにクロス。交替出場のFWアニチェベが決めて、0−2。

この時点で大勢決定です。79分にナイジェリアが気を抜いた隙を突いて(GKのキックミスが基点)、豊田がゴールを決めますが、時既に遅し。日本は1−2で敗れて、予選リーグ敗退が決定しました。


事前の準備試合では、人もボールもよく動くサッカーを見せていた時もあったのに、本番でそれができないというのは、監督およびスタッフの戦略ミスとメンタルコントロールの失敗が最大の敗因だと言わざるを得ないでしょう。絶対に勝ち点が必要な試合で、消極的なプレーに終始させてしまう。しかも2試合続けて。
選手達に能力があっても、その指揮官たる人間に能力がなければどうにもならないという例とも言えます。

結局の所、アジア以外の国際大会で決勝トーナメントに進めた監督は、トルシエ(世界ユース、シドニー尾五輪、2002W杯)以外ほとんどいない、という事実から考えると、選手に「上司が戦う姿」を見せないと闘志もモチベーションも上げることができないんじゃないかと思うようになりました。監督が、協会やJリーグやマスコミといった組織と戦い、代表が強くなるよう有利になるよう常に働きかける姿を見せないと、選手も「口だけじゃねぇか」と心のどこかで思ってしまい、それが本番になって、監督の采配と相まって消極的なプレーの披露につながるんだと。
つまり国際大会で上位を狙うのであれば、日本人監督では不可能ということです。日本人監督は協会やらJリーグやらの事情を考えてしまったり、代表監督の仕事後のことも考えてしまうでしょうから本気で喧嘩することができません。それじゃあ、今の日本代表に足りない精神的なタフさは身に付かない、本番で勝つことはできない。
今にして思えば、協会と喧嘩しなかったジーコがW杯本番で惨敗したのもそのせいだったんだと思うのです。

実は、昨日読んだKET SEE BLOGさんのエントリー、ほとんどそのままなんですけどw
ストンと腑に落ちたんで、自分なりにまとめてみました。
posted by plop at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。