2008年07月29日

U-23代表はアルゼンチンと親善試合をしたようです

五輪本番前の最後の試合ということで、前半途中から見始めました。
実家で視聴してましたが、ようやく37型プラズマテレビを買わせることに成功したため、非常に綺麗で見易かったですw 前回のアテネ五輪あたりから、ずーっとずーっとテレビの話題が出るたびに買えー買えーと小言のように言っていた甲斐がありました。

さて試合の方ですが、3-4-3でもなく4-3-3でもなく4-5-1、しかも4-3-2-1のような布陣は初めて見たような気がします。これが格上相手用の布陣と言うことでしょうか。
残念ながら機能していたとは言い難かったですけどね。アルゼンチンの攻撃を中盤で止められずに最終ラインと共にずるずる下がってしまい、1トップが孤立無援になる時間がほとんど。ボールを奪ってからの切り替えの速さもアルゼンチンに劣っていて、後ろからの飛び出しとミドルパスorロングパスがうまく噛み合った時以外は、自陣を抜け出すのも一苦労という感じでした。
アルゼンチンの読みベースの守備がとんでもなくスゴイんで仕方ないんですが。例えば、中央で奪ったボールを簡単にサイドのスペースに出したりすると、SBが追いつく前に相手のボランチかSBが触っちゃいますから。

それでも、前半にはセットプレーから何度か決定的なチャンスを作ったり、後半開始直後は両サイドを深くえぐって決定的なチャンスを作ったりと、良い攻撃の形は見せていました。
60分あたりから雨が強くなってくると、残念ながら日本の攻撃も水入りという感じに。逆にアルゼンチンは水を得た魚でした。ピッチに水たまりが出来るかどうかというくらいの豪雨になってしまったんで、ボール扱いの技術と自信の差が歴然と出てしまい。
68分、カウンター気味の攻撃からFWディ・マリアに、華麗な反転トラップからゴールを決められ0−1。
この後も日本はDFラインをなかなか押し上げられず、アルゼンチンに流れを握られたまま、84分に雷雨が激しさを増したところで試合中止と相成りました。

最後「勝ち点1を取るためのパワープレー」のシミュレーションができなかったのは心残りでしょうが、全体的に現実を見据えた戦略戦術の確認ができたんじゃないかと思います。格上相手にはまず失点しないこと、得点の狙いはセットプレーと前後半開始直後など相手がリズムを掴む前、という約束事は徹底していたと思います。
問題は、中盤とFWの距離が空きすぎて攻守にバランスを欠いた時間帯が多かったこと。ゴール前に人数をかければそれほど失点はしないでしょうが、それだけで90分持ちこたえられるかというと否でしょう。やはり、ある程度DFラインを押し上げて中盤でボールを保持して、チーム全体を落ち着かせる時間を増やさないとマズイと思います。

北京五輪の試合日程は、
8/7 vsアメリカ(天津)
8/10 vsナイジェリア(天津)
8/13 vsオランダ(潘陽)
で、グループ2位以内に入ることが決勝トーナメント進出の条件。うん、これは厳しいw
アメリカ相手でも互角、ナイジェリアとオランダは格上ですからねぇ。まずアメリカ相手に勝ち点3を取って、あとはなんとか引き分けて、勝ち点5を狙うしかなさそうな感じ。逆に言えば、アメリカ相手に1点だけ取って、残り試合はスコアレスドローでもいいわけですから、今日の試合はある意味現実的だったといえるんじゃないかと。もちろん、3試合失点ゼロっていうのが非現実的だと言われればそれまでですけどねw

ま、中国から選手スタッフ全員が五体満足で帰ってくることが今大会のファーストプライオリティですからね。実は、決勝トーナメントに進めなくてもいいと思ってたりします。
posted by plop at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。