2008年07月18日

自爆を見たり、雷対応したり

昨日はあまりの暑さになかなか寝付けず、ノートPCでHoI2をやりながらようやく寝付いたのは4時過ぎ(この頃にようやく室温が28度くらいまで下がりました)。この季節はここ3年恒例で戸じゃない網戸+カーテンの下15cmをまくり上げて冷たい空気を取り込んでいるわけですが、そのお陰ですぐ外の駐車場の音がやたら耳に届くんです。

今日も今日とて、駐車場で真夜中〜早朝に空ぶかしする馬鹿にうんざりしながら、眠気が訪れたんでうとうとしていたら、「プー」という短いクラックションの直後にエンジンの唸る音、そしてゴシャっともグシャっともつかない破壊音が。
寝ぼけていても単独事故の臭いがプンプンしたので飛び起きて外を確認してみると、植木を倒しつつマンションの壁に左後方から突っ込んでいる乗用車の姿がw そのすぐ脇には、あたふたするご老人の姿。どうみても車庫入れ中にブレーキとアクセルを踏み間違えた以外に考えられません。本当にありがとうございましたw
おそらく、間違えてクラックションを鳴らしてしまって焦ったところで、踏み間違いしてしまったんでしょうね。

ただ、マンションの壁にぶつかっただけならよかったんですが、ちょうど1階住人のエアコン室外機とベランダ用排水トイを直撃を直撃したのは不運でした。しばらくカーテンの隙間から観察していると、住人とおぼしき方々とおじいさんがなにやらやりとりしてます。まあ、普通に考えて弁償云々のことでしょうね。
それが済むと、おじいさんは自分の車の左後タイヤをスペアタイヤと交換し始めました。左後部はシャーシまでぐっしゃりいったんじゃないかと思うくらい凹んでましたからねぇ。とりあえず自走できる状態にしないと修理もままならないということでしょう。

自分の車はMTなんで、ATのような踏み間違いはかなり可能性が低いのですが、バック中にブレーキ踏みながらクラッチをガツンと繋いじゃったことはあります。当然、ショックとともにすぐさまエンストしましたが。最近はないけど、他山の石としないと。

と、予期せぬ事故で安眠妨害されたわけですが、当然すぐに眠くなって昼までオヤスミ。
起きてしばらくしたら、なんだか雲行きが怪しくなって空がゴロゴロいい始めました。この時期、雷は仕方ないですよねー。この辺で落ちないといいんですけどねー。という念が通じたのか、自宅周辺ではほぼ被害無し。

しかし、職場では瞬停が起こってしまったようで、昨日UPSを替えたところとは違うところでトラブル発生。まずは電話で解決を試みますが、ルータとかハブとかサーバとかの用語がまったく通じません。ちゃんと場所も指定して、再起動して下さいと言っているんですが……
埒が開かないので、急遽車で出動。着いてみれば、PCとルータを繋いでいるハブがおかしいことが判り、わずか5分で対処完了(電源抜き差ししただけ)。いやもう、なんというか、ちょっとでもこっちの言っていることを理解しようと努力して下さいって感じで。別に出向くのは構わないですけど、その時間だけ復旧するのが遅くなるんですよ?と言いたいです。「パソコンのことは全然わからなくて」って免罪符を出されてもねぇ。

もちろん、そんなこと言えませんが。

昨日、対処したおいたところはまったく問題なしだったんで、それはそれで収穫でした。
で、帰ってきて朝の事故跡を見たら、エアコンの室外機にはビニールカバーが。ああ、そういえばこっちも雨は降ってたっけ。連休前に呼び出された修理担当の方、乙です。
posted by plop at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。