2008年07月17日

J1 第17節

今週は水木曜日もJ1。この蒸し暑い中、中2〜3日で試合に臨む選手達には頭が下がります。
あ、昨日落としたサングラスは案の定出てきませんでしたorz またスーパーに行ってみたんですが、やっぱり出てきませんよねー。仕方ない、この際だからノートPCのメモリと一緒に買うか(ややヤケ)。

川崎 2−1 清水
 BSで視聴。そしてまたもや川崎が逆転勝利。第8節の柏戦も視聴してたら0−2から逆転したおぼえが。
 試合の方は、3-5-2の布陣できた川崎を、中盤ダイヤモンド型4-4-2でサイド中心の攻めと中盤のプレスで上回る清水、という構図で始まりました。川崎は中央にボールを入れてもすぐに囲まれ、サイドに回してもすぐに数的不利を作られてボールを失ってしまいます。清水は攻撃に転じると、手数をかけずにゴール前までボールを運んで何度か惜しいチャンスを作ります。
 15分、左サイドからのクロスに、ファーサイドで待ちかまえていた矢島がトラップを失敗しながらもうまく反転してボレーで決めました。清水が幸先良い先制点を得ます。
 その後も清水のペース。FWも自陣まで引いて守り、高い位置でボールを奪うと中盤やSBまでが上がってきて攻めきるといういいサッカーを見せます。一方の川崎はボールを持たされることが多く、中盤のマークも厳しいためかボールを引き出す動きも減退気味。例えうまくボールを繋げてもPA近くでは、中盤以上に連携が合わずチャンスを作ることができません。0−1のまま前半終了。

 後半に入っても流れは清水のまま。しかし清水も前半と後半開始直後に得たチャンスを決め切れません。川崎は、状況を打開するために55分あたりから布陣を変えてきます。左サイドの山岸をSBの位置に下げ、右ストッパーの井川をSBにスライドしてダブルボランチの4-4-2になりました。これでサイドの数的不利が改善され、ようやく川崎はサイドで基点を作れるようになり互角の展開に。さらに65分には、トップ下の大橋に替えてボランチの田坂を入れて、谷口を1列前へ。この交替で中央でもパスが回るようになり、川崎がペースを握るようになります。清水も、川崎のサイドが上がりきったところで何度かカウンターを仕掛けますが、なかなかシュートまで持ち込めず。
 徐々に押され始めた清水は、68分に左サイドの兵働に替えてボランチの本田拓也を投入。ダブルボランチにして守備の安定を図ります。しかし、この変更でサイドに人数がかけられなくなり、川崎DFラインからの斜めのロングパスに対応できなくなりました。中央ではパスで崩され、サイドへはロングパスで基点を作られいつの間にか防戦一方の清水。
 ペースを掴んだ川崎は、73分に中盤の村上に替えてFW黒津を投入。4-3-3にして勝負をかけます。その直後の75分、右CKのこぼれ球を拾って左サイドへ展開。ボールを受けたジュニーニョが鋭いクロスを送り、競り合いでこぼれたボールが詰めていた谷口の足元へ。これをしっかりと谷口が押し込んで川崎が同点とします。
 清水は80分に矢島に替えて藤本を入れますが、時既に遅しといった感。押しまくる川崎は、88分またも左サイドから崩して山岸がクロス。GK西部が弾いたところにまたもや詰めていたのは谷口。2−1と逆転に成功します。4分あったロスタイムも無難に時計を進めて、川崎が鮮やかな逆転勝利を飾りました。

 川崎は後半途中までの停滞したサッカーから、ちょっとした布陣変更で切っ掛けを掴んで、3トップにしてからは恐ろしいくらい勢いがつきました。開始10分後と終了10分前だけを見せたら、別の日にやった試合じゃないかと思うくらい。悪い時間帯で目に付いたのは、ボールを引き出す動きの無さとフォローの悪さ、攻守の切り替え、こぼれ球に対する反応の悪さ、とキリがないくらいなのですが。良い時間帯で目に付いたのは、思い切りの良いフリーランニング、こぼれ球への反応の早さ、攻守の切り替えの早さなどなど。これが前半から出来ていれば、苦戦することも無かろうにとも思ってしまいます。
 清水は、後半途中までしっかりと引いて強固な守備ブロックを作り、中央でもサイドでも川崎の攻撃を許しませんでした。後は、何度かあったチャンスをもう1本だけ決めていれば違う展開も望めたのですが。それと川崎が4-4-2にしてきた時に、ダブルボランチにしたのは結果的に失敗でしたね。ダイヤモンド型でサイドを抑えていたからこそ、中央も効果的に守ることが出来ていましたが、サイドで基点を作られてしまうと今の清水では守りきるのは至難の業。せめて、ダブルボランチにすると同時に4-5-1にしておけばなんとかなったかもしれません。まあ、これも結果論ですね。
 今の清水は、前半のデキを後半最後まで続けることが一番大事。監督も我慢のしどころでしょう。戦略的にも試合中の采配的にも。


ここからはダイジェスト。

京都 2−1 鹿島
 京都はなんと柳沢の3試合連続ゴールで先制!試合終了間際に佐藤勇人のミドルシュートで突き放して勝ち点3と、これ以上ない勝利でした。この頃、調子良さそうだったので結果にはあまり驚きません。ただ、加藤久監督のチームは好調期が短いし、そこから落ち込むとなかなか戻らないのが心配なところ。
 鹿島は野沢が今期初ゴールとなるミドルシュートを決めましたが、前節同様途中で勢いが減衰してしまったようで、引き分けることすらできず。三日天下でしたねw とはいえ、逆転を狙いに行っての敗戦のようなので仕方ない面も。今のところ、途中交替で中盤に入って試合を落ち着かせることができる選手がいないのが厳しいところ。中田が今のチームに合うようになれば大丈夫だと思いますけど。

浦和 3−2 東京V
 なんとトップ下に入った闘莉王のハットトリックで浦和が勝利(ただ3点目は公式記録変更の可能性有り)。しかし、セットプレーで2点、PKで1点というのはどうなんだろう。しかも相手はそれほど守備が堅くない東京Vだし。
 東京Vは相変わらずのブラジル人頼みの攻撃。2点取ったものの、セットプレーで守備の脆さを見せてしまいました。ブラジル人トリオが点を取った時は、必ず勝ち点を稼いでおきたいところなんですが。

新潟 2−2 千葉
 新潟は、アレッサンドロ(PK)とマルシオ・リシャルデスの得点で逆転しながら追いつかれて勝ち点1。ただ攻撃陣、特にアレッサンドロのPK以外の得点がしばらく無いのが気がかり。
 千葉は先制しながら逆転されて、後半に追いつく際どい展開でしぶとく勝ち点1。相変わらず厳しい状況が続きますが、少しでも勝ち点を積み上げていくしかないですからね。

FC東京 1−1 G大阪
 どちらも早々に失点して、その後は勢いが落ちていった模様。この気候ですし仕方ない。
 FC東京の失点シーンは、「あれ?なんで足止まってるの?」という感じが続いている気がします。集中力が保たないんですかね。集中さえしていれば、かなり堅いDFラインだと思うんですけど。徳永のミドルシュートは技有り!見事でした。
 G大阪は先制したものの、その後は引き過ぎてしまって逆に攻め込まれる展開。後半は持ち直したようですが、シュートが決まらず勝ち点1。こういう時は、セットプレーの得点力があるといいんですけどね。特にDF。

神戸 1−0 横浜M
 神戸は前半守勢に回り、我慢の時間。後半に横浜Mの勢いが落ちたところで攻勢に転じ、セットプレーから貴重な得点。その後も守りきれる辺り、調子が良いんだなと思います。これで3試合連続1−0の勝利。順位も9位まで上げてきました。再開直後は16位だったんですけどね。
 横浜Mは監督交代直後の試合を飾ることができず。相変わらずいい形を作りながらもゴールが遠く、攻め疲れたところを逆襲されるという、監督交代前と同じ展開を繰り返している模様ですね。リーグ戦は全て1点差負けで5連敗。順位もいつも間にやら16位まで落としています。もうしばらく混迷状態が続きそうな感じです。

柏 1−0 大宮
 柏が、78分フランサの華麗なループシュートで貴重な1点をもぎ取って勝ち点3をゲット。それまでの時間帯は大宮の攻撃に崩されることが多く、シュートミスとGK菅野の好守で耐える展開でした。こういう試合をものに出来ると、チームに勢いがつきますよね。
 大宮は、再三再四ゴールに迫り14本のシュートを放ちながら無得点で敗戦。デニス・マルケスの不在がこれ以上なく痛い試合になってしまいました。いつの間にか3連続1点差負け。厳しい時期が続きそうです。

磐田 2−1 名古屋
 磐田は先制点の取られ方が酷すぎました。何故、自ゴール前であんな連携ミスをするのやら……川口はもっと激怒するべき。それでも後半に入ってわずか4分で逆転するあたり、調子の良さが窺えます。あとは集中力を切らさないようになれば、上位と当たっても大丈夫でしょう。……ん?名古屋は上位チームか……更に上位と当たっても大丈夫ってことで。
 名古屋は先制点をプレゼントしてもらったにもかかわらず、前半のうちに追加点を奪えず、後半の立ち上がりに2失点で逆転負け。先制すると引き過ぎてしまって失点、先制されると攻め急いでしまうという状態になっているようです。名古屋は毎度シーズンを通して、自信→過信→焦り→諦め、というサイクルを繰り返していますが、ちょうど今「焦り」の時期に入ったようです。この時期は一進一退で、快勝後完敗といったことも珍しくありません。totoをやっている方は要注意w


札幌 0−0 大分
 札幌は、結構いい攻めを見せていたようですがシュートを決めることができず。ホームでスコアレスドローとしてしまいました。夏は涼しい北海道なんですから、この時期にほーむの利を活かしたいはずなんですがね。
 大分は、アウェイで勝ち点1を稼ぎました。これで再開後は3勝2分、失点2という好成績(ナビスコ含む)。順位も中位で安定していますね。優勝争いには届かないけど、降格争いとは無縁の位置。チームの規模からしてもちょうどいい感じじゃないでしょうか。
 あ、GK西川とDF森重が五輪に出ますが、頑張って欲しいものです。西川は世界ユースの時の安定感とボールへの反応速度が素晴らしく、個人的にお気に入りGKの一人なのです。
posted by plop at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103085684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。