2008年06月29日

J1 第14節

約1ヶ月の中断期間を終えて、昨日J1が再開しました。
のんびりテレビ観戦と思っていた金曜の夜、友人がタダ券を入手したとの連絡を受けて、国立の柏vs浦和戦を見てきました。えっと、今期初の生観戦かな?

この1ヶ月、各チームとも休養、戦力補強、戦術の見直し・徹底を行ってきたわけですが、中断明けのこの一戦でその成果が試されることになります。さて、どんな結果になるか。リーグ中盤のチーム力を計る上でも重要な一戦です。
まずは生観戦した試合から。

柏 2−1 浦和
 タダ券でバックスタンドの中央という良席に陣取って観戦開始。
 柏は中盤がフラット気味な4-4-2、イングランドスタイルによく似ています。前からこんな布陣でしたっけ? 浦和は3-5-2、ボランチは闘莉王と鈴木啓太、怪我から復帰のポンテがトップ下に入り、左サイドには海外から帰ってきた三都主と、布陣は変えずに選手を替えてきた感じ。
 序盤は柏が慎重になりすぎたか浦和のペース。高い位置でボールを奪ってFWに渡し、そこで溜めてサイドとボランチの上がりを待つという教科書通りの攻撃。惜しいチャンスを2つ作ります。柏はSBがまったく上がらないので、攻撃が組み立てられません。
 15分に三都主が負傷退場、相馬が交替で入ります。直後から柏の右サイドが上がるようになり、ようやく柏が全体的に攻め上がれるようになりました(ということは、三都主の攻撃力を警戒して引いていた?)。右サイドを基点にボールを散らす柏に、浦和は中盤のプレスが機能しなくなりボールを奪っても前線に繋げられなくなります。
 右SB蔵川のミドル、右スローインからのクロスなど、右サイドからチャンスを作っていた柏でしたが、得点は左サイドから。29分、不揃いになった浦和DFラインの裏にFW李が抜け出し、GKを抜いてゴール! 三都主の代わりに入った相馬が一人上がり遅れた隙を突いた見事なゴールでした。
 その後も試合は柏ペースで、浦和の前線3人は苛立ちが隠せません。チャンスはセットプレー絡みだけ。34分には惜しいシュートがありましたが、GK菅野がナイスセーブを見せてなんとか無失点に抑えます。1−0で前半終了。

 後半に入ると、浦和は相馬をSBの位置に下げてボランチをやや左にスライドして、柏右サイドの対策を施します。これが当たって浦和がペース取り戻しました。柏は右にボールを出したところで奪われるようになり、その直後に薄くなった中央を突かれて下がる一方。そして下がり過ぎた前のスペースを坪井、堀之内といったストッパーに使われてしまうほど。
 同点ゴールは堀之内のオーバーラップがきっかけでした。63分、柏の左SB大谷との1対1、ゴールライン付近でボールを奪われますが、大谷がパスの出し所を探しているところを堀之内が奪い返して大谷のファールを誘います。このFKをポンテが丁寧に入れ、ファーサイドで待ちかまえていた阿部の頭にピタリ。これまた見事なゴールでした。
 浦和は直後に冴えなかった高原に替えて永井を投入。一気に逆転を狙います。そして狙い通り、これまであまり見られなかった流れの中からのチャンスが多く生まれるようになりました。
 柏も70分にフランサを投入。ボランチのアレックスを外してFWがやや下がり目、フランサがトップに残る感じの4-3-3にしてきました。これでまた流れが変わります。柏はとにかくボールを中央のフランサに集め、フランサは少しでも余裕を持ってボールを受けると類い希なパスセンスで簡単に味方へパスを通してしまいます。これまでの右サイド一辺倒とは全く別チームのよう。その変化に浦和の守備はついていけません。
 こうなると試合はノーガードの打ち合いといった様相を呈してきます。浦和がゴール前まで攻め込んだかと思えば、10秒後には柏がゴール前まで迫ったり。どちらもDFラインの頑張りだけが頼りという状況。そして我慢比べに勝ったのは柏でした。
 84分、フランサが中央でボールを受けて前を向くとFWポポが左に流れ、浦和の選手がそれにつられて右サイドをがら空きにすると、そこに太田が走り込みフランサから絶妙なパス。太田は冷静に飛び出してきたGK都築の横を抜くシュートを放ち、ゴールネットを揺らしました。
 試合はそのまま終了。2−1で柏が中断明け初戦を飾りました。

柏はサイドが消極的になると、途端にゲームプランが破綻する布陣でしたが、消極的な時間帯が多すぎました。それでもなんとかなったのは、FWの献身的な守備とDFライン、特にCB古賀と小林の頑張りが大きかったでしょう。後半は危ない場面でシュートを防ぐことが多かったです。
攻撃に関しては、後半途中まで右サイド一辺倒、フランサが入ってから多彩な攻めを見せました。ただ、浦和もできたように対策は比較的簡単でしょう。相手としてはフランサが出てくるまでは左サイドに重点を置いて守備をして、フランサが出てきたらマンマークのような形でボランチを付ければいいわけです。フランサの走らなさと、接触プレーを避ける傾向は現代サッカーでは異常ですからw
今後は相手の対策をどう打ち破っていくのかが鍵になりそうです。

浦和はベストと思われる布陣で臨みましたが、三都主の負傷、高原の不調、ポンテもどこか痛めたようで、セットプレー以外はいいところ無く敗れた感じです。
個人的に一番問題だと思うのは、闘莉王と鈴木啓太のボランチ。守備面で見れば最強と言えますが、いざ攻撃となるとパスセンスとパス能力に疑問符が付く2人の組合せは最悪だと思います。実際、ボランチからサイドへのなんでもないパスが10本以上サイドラインを割っていました。前線へのパスも意外性がなく馬鹿正直なものばかり。これでは前線の選手に余裕が生まれません。ポンテも余裕を持ってボールを扱えたのは5回あったかどうか。ここを変えない限り、首位から落ちるのは時間の問題でしょう。
まあ、阿部と闘莉王のポジションを入れ替えれば解決するような気もしますけどね。エンゲルス監督はどんな策を施してくるか。

余談になりますが、久しぶりに高原のバックドリブルを見れたのはある意味嬉しかったw どこまで戻っちゃうの?って感じで。
それと三都主がフツーになっててビックリ。なんか小さくまとまっちゃった感じ。しかも交替するまで気付かなかった。目の前にいたのにw


あとは録画しておいたJリーグタイムのダイジェストから簡単に。

名古屋 0−4 鹿島
 名古屋はツキにも見放されて完敗。オフサイドでゴール取消やPK失敗で得点を奪えず。相変わらずの5月病具合に苦笑するしかありません。8月頃には調子を取り戻すでしょうが、その頃には中位に落ちてそうな予感。
 鹿島はこれ以上ない中断明け初戦になりました。過密日程からくる疲れが取れ、シーズン当初までコンディションが上がっている証拠でしょう。相手が攻め疲れたところで駄目押しに2点取るあたりさすがです。ACLやナビスコが再開するまではこの調子でいけそうです。

大宮 2−0 東京V
 大宮はデニス・マルケスの2得点で快勝。戦術も熟成が進んでいるようで、これから面白い存在になりそうです。今一番生観戦したいチームの一つ。改修されたスタジアムも見てみたいし。
 東京Vはイヤな雰囲気を感じます。来日が遅れたブラジル人のコンディションが今一つ、DFも崩れる場面が多かったようで、中断前より状況が悪くなっているんじゃないかと。柱谷監督だと立て直すのは困難なように思いますが、さて。

清水 2−1 京都
 清水は逆転で勝ち点3をゲット。しかしながらシュート5本というのはさすがに少なすぎです。それほど守備が堅いとはいえない京都相手ですからなおさら。フェルナンジーニョが抜けて攻撃の組み立てがまだ確立できてない?
 京都はフェルナンジーニョが先制しましたが、堪えきれず最後はセットプレーからのオウンゴールで逆転負け。以前よりシュートまで行くことは多くなりましたが、まだ12点しか取ってないのは厳しい所。あの時1点取れていれば、という試合が続きそうです。

新潟 2−1 川崎
 新潟は2点リードをなんとか維持して辛勝。57分に一発退場+PKの危機がありましたが、ここでPKを止めたのが大きかった。これからはアレッサンドロ以外の選手がどれくらい得点できるかで、順位が決まってきそうです(チーム14得点中アレッサンドロ7得点)。特に矢野には奮起してもらいたいところ。
 川崎はまたしても自慢の攻撃力が不発。というより、高畠監督に代わって布陣が変わったせい? まだ熟成が進んでないと言うことでしょうか。ジュニーニョの来日が遅れて、この試合に間に合わなかったのもあるかもしれません。一度試合を見てみないとなんとも言えませんね。

横浜M 0−1 磐田
 横浜Mは完封負け。惜しい場面はあったものの「当たり川口」に防がれてしまいました。で、メンバーを見たら河合がボランチで松田がCBに。中断前は逆じゃなかったっけ? FW大島も控えだし、コロコロ変わりますね。
 磐田は後半の1点を守っての勝利。中断前の3連敗を引きずらなかったことで、ホッとしたことでしょう。このところナビスコも合わせて3連勝、しかもすべて完封というのもいい材料。守備が安定してきた証拠でしょう。
posted by plop at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101830762

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。