2008年06月14日

W杯アジア3次予選 タイvs日本

前節バーレーンが引き分けてくれたお陰で、条件的に随分と楽になりました。今日のタイ戦で引き分けでもOK、勝てばほぼ3次予選突破決定です。

試合の方は、前半から日本が圧倒。中盤から積極的にプレスをかけてくるタイの守備網をうまいこと突破して、FKをもらったり、流れの中から決定的なチャンスを何度も作ります。
が、どうしてもシュートが枠に行きません。先制点が入る23分までに5回以上は決定機があったにもかかわらず、枠内シュートは1本あった?って感じで。
タイの攻撃はときどきカウンターがあるのみ。日本は、うまいことボールの出所を抑えていました。

そして、ショートコーナーから闘莉王がヘディングシュートを叩き付けて先制すると、やや楽勝ムードが漂い始めます。日本の選手達がちょっと安心したのもあるし、タイの集中力が落ちたこともあったと思います。タイトしては、ここで勝ち点3取らないと予選敗退決定ですからね。その上、得失点差もありますし。

というわけで、あとはあんまり見てませんw ネットしながら音声だけ聞いてる感じで。

気持ちが切れかけのタイは、危険なプレーが増えてきて別の意味でハラハラし始めてしまいます。幸い怪我に至るようなことはありませんでしたけど、選手のコンディションがそれほどよくない中の試合でしたから。こういう意味で東南アジア相手は恐いです。
39分には、またもCKから今度は中澤が頭で合わせて2点目。
0−2といいスコアで前半を終えました。

ところが後半に入ると、今度は一変してタイが積極的に攻め込むようになります。ハーフタイムで選手達の気持ちを切り替えることに成功した模様、逆に日本は明らかにモチベーション維持に失敗してました。
動きが良くなったタイに前線からのチェックが行き届かなくなり、中盤を長めのパスで楽に飛ばされ、簡単にDFラインと中盤の間にあるスペースを使われるようになり、日本はいいように押し込まれます。

って、実は後半は前半以上に見てませんw どっちかに点が入ればちゃんと見ようと思っていたのですが。
押し込まれている割に、日本は決定的なシュートを打たせていなかったようで、なんとか堪え忍んだ模様。というよりは、むしろタイの決定力不足に助けられたのかな?

70分に中村俊輔と松井に替えて、中村憲剛と矢野が入ると前線からのチェック機能が復活して、ようやく互角の展開になった様子。こうなると地力に勝る日本が優勢になってきます。
何度かピンチはあったものの、徐々に攻撃のリズムを取り戻してきた日本は89分にトドメの一発。中村憲剛が上手くDFラインの裏に抜け出して、スルーパスをボレーでゴールに叩き込みました。

終わってみれば0−3と快勝。これで3次予選通過はほぼ確定です。
今日は前半のほとんどの時間を支配して、セットプレーからながらも2得点。後半は入り方に失敗してタイに押し込まれ放題。しかし無失点で耐えきり、選手交代でテコ入れに成功。最後にトドメを刺すというかなり良い試合だったんじゃないかと。

問題は、相手がタイだったからこそ後半持ち直したんじゃないかという点。例えばバーレーン相手だったら完全に崩されて、2−2にされてもおかしくなかったんじゃないかと思ったりするわけで。
最終予選でも同じようなシチュエーションを迎える可能性はあるわけで、その時に今日のような後半の入り方をしないよう気を付けないとひっくり返されるかもしれません。まあ、まだ先の話しですが、時間があるんですから今のうちに改善しておかないと。
そういや、最終予選っていつからだっけ?
posted by plop at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。