2008年06月13日

動画、というよりむしろ曲紹介(その1)

さて、動画紹介をしようと目論んでから約一週間。相変わらずリストアップ作業は捗りません。このままではズルズルと引き延ばすだけになってしまうので、とりあえず終わったところから紹介していくことにしました。

まずはVOCALOID関連の動画、というよりむしろ曲をずらずらっと紹介したいと思います。
VOCALOIDの歌を聞いたことがない、あまり興味がないという方でもついクリックしてみたくなるような紹介ができたらいいな。というわけで、基本的に評価が高い(再生数、マイリストが多い)ものをピックアップしました。
あ、ニコニコ動画のアカウント持っていない方は申し訳ない、アカウントを取るかYouTube等で探してもらう他ないです。

それと、パソコンで音楽聞く時はヘッドフォン推奨です。パソコンの径の小さいスピーカーだと、低音は足りないし高音は耳に届く前に減衰してしまい、本来の音とはかけ離れた音が耳に入ることになりますから。
こちらのサイトでお気に入りのヘッドフォンを探してみてはどうでしょう。インナーイヤーなら3000円も出せば、満足するものが買えますよ。ちなみに自分は、KOSS The PlugSennheiser MX400,MX450を主に使っています。これでもパソコンスピーカーとは雲泥の差。
もちろん10000円以上出せるならそれに越したことはないし、もう既に持っているなら余計なお世話だと聞き流して下さい。

今回のお題はカバー曲。初音ミクの発売で一気に火がついたVOCALOIDブームですが、発売直後は既存の楽曲を歌わせたものが多く、2007年末あたりまではかなりの割合を占めていました(あくまで自分の感覚で、ですが)。

まずは定番の2曲。2ch界隈をウロウロしていれば一度は遭遇する「Ievan Polkka」。
「あ、らっつぁっつぁ〜」の出だしで始まるアレです。
と、サビの「こなぁ〜〜ゆき〜〜〜」でお馴染み、レミオロメンの「粉雪」。
「Ievan Polkka」は、これホントに日本語入力で作ったの?と思うほど日本語離れした発音で、販売元のクリプトンも驚いた逸品。しかもこれ、発売されて一週間もしないうちに作られてます。初音ミク=ネギ、という非公式な公式を作り出したのもコレだったりします。
「粉雪」は投稿者コメントにもあるように、ミクとカラオケに行ったらこんな感じかなと。人間離れした高音とちょっと舌足らずな発音で歌うミクは、慣れると微笑ましく感じてくるから不思議なものです。



ミクは音楽ソフトなので、パソコンの性能の許す限り声を重ねることができます。いわゆるミクペラーズ。
Dreams Come Trueの「未来予想図U」と、ZONEの「secret base」はメインボーカルもコーラスもすべてミク、しかもアカペラでしっとりと歌い上げます。他のアカペラ曲は、『ミクペラーズ』タグから探すと良いです。
ル・クプルの「ひだまりの詩」は、ソロでメインボーカルのみ。ミクカラ(=ミクとカラオケ)な曲です。ポップやロックなど、テンポ速め方が得意と言われているミクですが、調教次第でバラード調の曲もしっかりと歌えるんですね。
で、調教次第では戸川純の「好き好き大好き」なんてものも歌えてしまえるわけで。AメロBメロの微妙な外し具合と、サビの病的な力強さの再現度にはビックリしました。




もちろん、ロックなミクもいます。JUDY AND MARYから2曲紹介「くじら12号」と「そばかす」。さすがにYUKIの力強さまでは再現できませんが、一つ一つの声の出し方やブレス、声の裏返り方なんかは忠実に再現しています。「くじら12号」は2007年11月26日の総合マイリストランキング1位になったほどで、これを初めて聞いた時は、ミクでここまでできるのか!と感動すら覚えました。(6/16追記:投稿者による削除・再投稿があったので差し替え)
実は「クラシック」もあったのですが、権利者削除されてしまいました。残念。




さて、次はミクからちょっと離れて、初音ミクより前に発売されたVOCALOID「KAITO」と「MEIKO」のカバー曲を紹介。

KAITOは、ミクが出るまでその存在すらほとんど知られていなかったそうですが、ミクが大ヒットしたことで「ミク以外はどんな声なの?」「一緒に歌う男性ヴォーカルも欲しいよね」などのユーザの声によって表舞台に出てることができました。
なにせミク発売前でKAITOタグがついてるのがこれ一つだけ。しかもネタw
ブレイクのきっかけになったのは、KAITO良曲メドレーという一つの動画。これによってKAITOの知名度が上がり、当時36本だったニコニコ市場でのKAITOの売上げも、1000本に迫るほど。さまざまな曲が次々と作られ、今やKAITOはVOCALOID唯一の男性ヴォーカルとして重宝されるまでに至りました。

槇原敬之の「カイト」。「KAITOのカイト」と呼ばれ、歌詞の内容といい(「♪追い風が吹かないことを どうか嘆かないで♪」)、槇原曲との相性の良さといい、当時カバー曲としてはかなりの高レベルという評価でした。
そして、聞く人すべてを唸らせた「島唄」。言わずと知れたTHE BOOMの名曲を、心を込めて歌っています。とにかく聞いて貰えばわかるという逸品。
映画パプリカのED曲「白虎野の娘」は、KAITOを10人前と鏡音リン2人前で見事なコーラスを奏でています。原曲と聞き比べても面白い作品ですよ。
KAITOは、槇原敬之だけでなく平井堅とも相性が良いいようで、「瞳を閉じて」はサビまでは『ズコー』となりますが、ひとたびサビに入れば『サーセン』と謝らざるを得ませんw





MEIKOの方はもうちょっと恵まれていて、ミク発売前からのユーザも多くニコニコ動画にも20曲ほどが投稿されています。なんとKAITOの20倍!……どんぐりの背比べw
というか、ミク発売前までは「VOCALOID曲を動画サイトに投稿する」という考え自体がユーザに浸透していなかっただけかもしれません。

その証拠に、2007年06月19日にはアニメ「ぼくらの」の主題歌「アンインストール」がカバーされています。石川智晶の力強く伸びやかな歌声を見事に再現、ちょっと舌足らずになったりしますがそこはご愛敬ってとこでしょうか。
ただミクに比べると操作系の使いづらさと、調教の難しさが敷居を高くしている部分があったのかもしれません。(いろんな投稿者コメントを読んでの感想ですが(KAITOも同様))


最近のMEIKOはかなり使い込まれてきた感があります。そして何故か、カバーに関してはアニメ曲との相性がよろしい感じ。
アニメ「エヴァンゲリオン」主題歌の「残酷な天使のテーゼ」は、さすがに完全再現とはいきませんが、高橋洋子の雰囲気をかなり持たせることに成功していると思います。でもちょっと鼻づまり気味w
懐かしのアニメ「クリーミーマミ」の主題歌「デリケートに好きして」(おっさんホイホイ)は、これまでのMEIKOのイメージとは違いハイティーンっぽい声で歌っています。調教次第で別の一面を引き出せるという好例じゃないでしょうか。



そうそう、VOCALOIDはKAITOを除いて何故かアニメ・ゲーム曲との相性がいいんですよね。ランキング上位に入る動画がアニメ・ゲーム系が多いという、ニコニコ動画の傾向からそう感じているだけかもしれませんが。
というわけで一気に紹介。昨年末に発売された鏡音リン・レンもいろいろお手伝いしてたりします。というか、鏡音リン・レン単独でカバー曲ってあまりないんですよね。ちょうど、カバー曲からオリジナル曲へ流行が移った時に発売されたせいかもしれません。詳しくはオリジナル曲紹介の時に書くかも。

1つ目、まずは発売10日後のミクで、ゲーム「もじぴったん」。さすがにメカメカしいw
2つ目は、アニメ「らき☆すた」のキャラソンから「寝・逃・げでリセット!」。原曲が声優さんだけに、正直ミクの方が上手いw
3つ目、劇場版「エヴァンゲリオン」主題歌「魂のルフラン」をミクと発売直後のリン・レンがパート分けして歌っています。
4つ目、アニメ「蒼穹のファフナー」主題歌「Shangli-la」を鏡音リン・レンでデュエット。ココア☆ソーダ☆クエン酸
5つ目、アニメ「みなみけ」主題歌「経験値上昇中☆」をミク・リン・レンのトリオで歌い、原曲のコーラスを加えてミクもコーラスに参加してます。
6つ目、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」挿入歌「Lost my music」をボサノバ風にアレンジしたものに、ミクが歌をのせたもの。
連続で聞くと、この1年足らずでどれだけ進歩したかわかるんじゃないでしょうか。







ふい〜、ようやく最後に辿り着いた(書き始めて6時間経過してます)。
最後は懐メロ。30歳以上の日本人ならほとんどが知っているであろう歌ばかり。説明は不要でしょう。最近のビミョーな歌手のカバーよりよっぽど上手いですよ。



今回紹介したのは24曲。これでもかなり削ったんだけどなぁ。
うう、しかしこんなに時間かかるとは……その2はいつになるやら。それにレイアウトが右にはみ出してるし。
posted by plop at 23:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

動画、というよりむしろ曲紹介(その1)
Excerpt: ... と、サビの「こなぁ??ゆき???」でお馴染み、レミオロメンの「 粉雪 」...
Weblog: レミオロメンの秘密
Tracked: 2008-06-14 19:46

:::musiCrackie::: ワープ // lego big morl
Excerpt: ... アジカン・ストレイテナー・レミオロメン・RADWIMPS好きな人は、リピ...
Weblog: レミオロメンの秘密
Tracked: 2008-06-15 21:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。