2009年09月03日

選挙結果をまとめてみた(2)

選挙結果のまとめ2回目。
今後日本がどうなっていくのかという辺りを予想してみたいと思います。

が、その前に第二次大戦後、日本がどうやって復興したか思い起こしてみましょう。
第二次大戦は、実は日本が参戦するべきでなく、また、実はする理由もなかった戦争です。

それなのに何故、日本は戦争をするまで追い詰められてしまったのか。それは、国際的な信用を失ったからです。
ケチの付き始めは、日露戦争の戦後処理。前回のエントリーでもちょろっと出た日比谷焼き討ち事件をきっかけに、戦費の半分を出したアメリカに対して満州鉄道の権益を認めず、日本が独り占めしてしまったのがそもそもの始まり。
日露戦争を経て列強の仲間入りをしたものの、白人国家の中にあって人種差別撤廃という理想論を掲げて煙たがられ、中国では傀儡国家満州国を強引に設立し、更には当時中国に権益を持っていた欧州各国の領地にちょっかいをかける始末。

一言で言えば、空気読めない国。それが第二次大戦前の日本だったわけです。それは今の中国を見てみれば判るでしょう。戦後のどさくさに紛れて周辺国を侵略し、現在に至るまで世界各国から様々な経済的政治的な圧力を受けながら「うっせーよ!」とばかりに我が道を行く姿。
ちなみに日本は、終いには国際連盟から脱退し、交渉による解決の道を自ら閉ざしてしまった上、世界初の国際的な紛争解決の枠組み自体を破壊してしまいました。
第三者的視点から見れば、ここまでやったら一度更地にされても致し方ないと納得できるかと。

だからこそ、戦後の日本人は「信用」を得るために、文字通り血を吐くような努力を続けてきたわけです。
戦前は軽工業中心だったのを重工業中心に切り替え、資源を得るために官僚と商社が中東各国を中心に駆けずり回り、契約に基づいて金払い良くアフターサービスは万全、年々製品品質をじわりじわりと上げていき遂には世界最高水準へ。常に顧客(相手国)に満足と安心を与えられるように腐心してきました。

円借款などを通じて、発展途上国を支援できるくらいまでに経済成長を達成すると、今度は金を出すだけでなく人材と技術を惜しげもなく投入して産業を根付かせ、その地域で経済活動ができるようにしてきました。欧米各国のバラマキ&搾取とはまったく違う方向性のそういった国際貢献をしてきたからこそ、今の日本の地位があるわけです。(これに関しては、戦前に朝鮮と台湾で培った経験が活きました)

そして国際的な枠組みは決して日本から拒絶しない姿勢。それは、IWCから未だ脱退してないという、その一点で証明ができます。戦前、国際連盟から自ら脱退して、国の将来を決定付けてしまった反省を生かしているのです。

だからこそ、世界で一番信用される国になったのです。日本は。
続きを読む
posted by plop at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。