2009年02月25日

Windows7 beta でHoI2をやってみたり、いろいろ

表題とはいきなり違いますが、チャンピオンズリーグはe2スカパー!の無料期間+コンポジット(黄赤白のケーブル)でテレビのOUTPUTからHDDレコーダに録ることにしました。当面は。録画したのがどんなもんになるか不安ですけど。
e2スカパー!は16日間だけ無料なので、それ以降はどうするかまだ考え中です。


で、表題のWindows7 betaにHoI2をインストールした件。結論から言うと、かなり楽しめました。具体的には20時間くらい。
安定していると評判のWindows7 betaでどれくらい落ちないか、特に落ちやすいHoI2でどれだけ落ちずにいられるか試した、というのは後から考えた言い訳ですw

HoI2wikiを見ながら、Vistaの場合と同じようにインストールすればいいことを理解してインストール。
最低限のパッチだけ当てて実行しますが、何故か起動しない。
まあ、これはモニタのカラーモードを16bitにしてなかったためでして。16bitカラーにすると、4:3画面ではありますがちゃんとHoI2が起動しました。HoI3では16:9のモニタにも対応してくれるといいな〜と思ったり。(HoI3絶賛開発中!

で、久しぶりにHoI2をやってみました。しかも、アルゼンチンという微妙(地政学的な意味で)な位置の国で。
HoI2wikiの各国戦略の手引きを読みつつ、1939年までにブラジルを除く南米諸国をことごとく併合(米国の潜在的脅威に怯えつつ)。米国が連合入りを果たした1942年に、ブラジルも併合して南米大陸統一を果たしました。

と、簡単に書きましたが、ここまで実時間で5時間かかってません。
月曜の夜、正確には2月24日0時30頃から始めたのですが、空が白んでくる6時までには南米統一を果たしていたことになります。
今までHoI2をやっていたサブPCだと、AMD AthlonXP1600+メモリ512MB(Windows2000)で1942年まで3日はかかっていたはず。それがわずか5時間で! Core 2 Duo+メモリ4GBだとまるで別のゲームです。


例えて言うなら、PC9801DAでやった大戦略4とWindows98でやった大戦略4ほどの違いが。(若い人はわからんねw)
PC9801を使っていた当時は、5インチフロッピーでゲームやらアプリを使うのが普通で、ゲームの最中に『カッチョンカチョカチョ』とアクセス音がするたびにゲームが止まるのが常でした。大戦略4はリアルタイムシミュレーション(RTSの黎明期?)として売り出されたのですが、フロッピーへのアクセスが頻発して『リアルタイム』とは到底言えないデキに。
当時中古で買ったDAには、コプロと拡張メモリ1MBが付いていたので、MS-DOSに詳しい友人にアドバイスをもらって大戦略4を起動する前に、拡張メモリをRAMドライブに定義して、フロッピーの内容を丸ごとコピーしてからゲームを実行するようバッチファイルを組んだものです。(バッチファイルが組めた後の大戦略4自体は面白かったです)

そんな苦労をしたにもかかわらず、数年後Windows用にリリースされた廉価版をやってみたら、恐ろしいほど速くてビビリました。
PC9801の時は、各ユニットに移動先を指定して、敵を見つけたら勝手に戦闘するんで、各ユニットの被害状況と燃料だけを心配していれば対応できました。リアルタイムシミュレーションなのに。
でもWindows版は、単純にCPUのクロック周波数もメモリ量も段違いに上がって、しかもHDDも普及した後だったので、リアルタイムに恥じない内容に。つーか、ゲーム内時間の進み方を遅くしないと、こっちが気付く前にユニットが全滅したり、墜落したりして負けます、ごくあっさりと。


今回のHoI2はそれほどまでに速度の違いを考えました。序盤のユニットがほとんどない時期は勿論、ユニットだらけになる1945年以降も。

南米を統一した後も、連合国の一員として対ソ連、対日本戦のバックアップをしながら1946年までプレー。
(HoI2wikiの薦めに従って、1938年には連合に加入して南米を併合しまくっていたら、連合の一員であるフランスの好戦度がつられて上がってしまい、1939年にドイツに宣戦。その後は欧州歴史イベントが全く起こらないまま(アンシュルス除く)、ドイツがバルカンに進出したり、ソ連がドイツと連合に宣戦したり、その結果ドイツが1940年にはソ連に併合されたり、と歴史IFの象徴っぽい展開に)

そんなこんなで、1945年にはソ連が大帝国を築いて陸軍が700師団を超えるほどになりました。それでも、ゲーム速度にまったくストレスを感じないくらい快適。むしろゲーム内時間経過を遅くしないとさっくり戦闘が終わってしまって、大戦略4と同じ轍を踏みかねません。
これまでは日次処理で3〜10分、自動保存が重なると15〜30分は覚悟する必要があって、ソ連が大拡張した日には1年進めるのに丸3日とか平気でかかっていました。
が、いまや待ち時間なんて無いも同然!苦行めいた日々とは完全におさらばです!


と、順調に動いていたHoI2ですが、昨日(24日)の20時半頃にいきなり落ちてしまいました。ぶっ続けで20時間、よく持った方だと思います。Windows7もVista同様、CPUとメモリさえ潤沢なら安定しているということでしょう。(Vistaをぶっ続けで使ったことはありませんけど)

今日、ゲーム内時間で5ヶ月毎に自動的に取っていたセーブデータからゲームを再開しようとしたら、何故かロードの途中で読み込みが止まったまま動きません。
はて?と思いながらセーブデータを開いて(HoI2はゲームデータもセーブデータもテキストなのです 書き換えてチートしまくることも可能)みると、なんかおかしい。主に一番最後が。どうもセーブ中に処理が中断されたらしく、セーブデータが途中で切れているのがロードできない原因のようでして。簡単に言えばデータが壊れてると。

嗚呼、オラのアルゼンチンが……

せっかくソ連がイギリスのインド領に攻め込んできたのを撃退して、さらに漁夫の利で東から攻め込んできた日本に逆襲をかけているところだったのに。その後は、ペルシア(現イラン)からソ連に逆進してやろうと考えてたのに……

まあ、ダメなものは仕方ありません。今回は、Windows7 betaがかなり落ちないのと、HoI2がかなり落ちない(ユニット数が増えてくると別)という検証結果をもってよしとします。
さ、またアルゼンチンで始めようかな。


ちなみに、この20時間中、口に入れたのは紅茶だけ。HoI2ダイエット未だ健在ですw 廃人ゲーと呼ばれるのは伊達じゃない実力を見せつけてくれました。個人的に。
最近Xbox360でCiv4が出ましたが、これに手を出したら終わりだと思ってますw
posted by plop at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。