2008年12月29日

天皇杯準決勝

BSで録画放送が2試合連続であったので、他に面白い番組もないしずっと見ておりました。軽く感想を。
# それにしても、民放は年末だというのに似たり寄ったりなお笑い番組ばかりでこれじゃ収益悪化するのも道理ですな。
# ああ、あとテレビに出るような経済学者ってのはどうして馬鹿揃いなんでしょうね。悲観論か政治家官僚批判だけ。良い商売ですねぇw

FC東京 1−2 柏
 FC東京が9割方試合を支配していましたが、得点はなんと前半に上げた1点のみ。追加点を取れず、守りきれず、後半にまさかの逆転を許して敗戦。いや、それはないわ。
 後半、柏はフランサと李がでてきましたが、そこのマークが徹底してなかったのが拙かった。フランサにはマンマークを付けるくらいの勢いで、パスを受けさせないようにすれば柏の攻撃力は半減するんですが、試合中にFC東京の選手達は修正し切れませんでしたね。
 攻撃でもミドルシュートのレンジでフリーになってもパスを選択したり、サイドからいいクロスが入らなかったり、なぜか中央をパスで崩そうと固執してみたりとチグハグさが目立ちました。支配を支配していながら、負けるべくして負けたという印象です。

 柏は相変わらず、PA手前まであっさりとボールを運ばれ、そこでなんとか防いで反撃を狙うという、狙ってないカウンターサッカーに。ボランチの2人の読みがあんまり良くないのと、中盤全体の守備連携がイマイチなのが原因だと思うんですが……ここまでFWから守備を行う方針できてましたから、FWが守備できなくなると仕方ないですね。
 後半頭からフランサ、途中から李を投入して更に前線からの守備がおろそかになりましたが、FC東京の拙攻にも助けられ、68分にフランサが同点ゴール。終了間際の88分に李のミドルシュートで逆点。見事に采配が当たった形になりました。
 とはいえ、チグハグさはFC東京とどっこいどっこい。ボランチの位置からゲームを組み立てることができないのがキツイですねぇ。ボランチがボールを持つのが非常に低い位置だし、パスのセンスも精度もいまいちなんで一度サイドに出してから組み立てるんですが、そこで囲まれてあっさりボールを奪われる感じで。でもフランサが入ると中央の高い位置で組み立てができるんですよねぇ。守備は-1人になってしまいますが。

横浜M 0−1 G大阪
 横浜Mは疲れからか下がり気味になるG大阪を押し込み、前後半ともにやや優位に試合を進めます。が、ミドルシュートが主体で最後の最後で粘るG大阪守備陣を崩し切れません。なんとかパスで崩そうとするも、それならクロスを放り込むかミドルシュートを打った方がいいんじゃね?という感じ。
 スコアレスのまま延長戦へ。疲れが見えるG大阪に対して決めきれないまま時間が過ぎ、延長前半の102分に清水が2枚目のイエローで退場。10人になったことで流れを手放してしまい、117分カウンターからゴールを決められ0−1で敗戦。
 う〜ん、ミドルシュートをバンバン打てた時間帯に一番キックの精度ありそうな山瀬がベンチにいたのが厳しかったですかねぇ。あとはあまり高さのないG大阪DFを考慮してサイドからのクロスを徹底するとか。なぜか相手が対応しやすい攻撃に終始してしまった感が。もったいない。

 G大阪は明らかにチーム全体が疲れていました。けれども、精神力だけは充実していたんでしょうね。守備の粘りは相当なものでした。そして117分粘りに粘って、蜂の一刺し。お見事としか言いようがありません。
 それにしても攻撃のアイディアが少なかったです。肉体的な疲れが攻守の切り替えを遅くしがちで、パスの受け手がいいポジションを取れなかったことが一番の原因、それに加えてパスの出し手の精度不足も加わってました。それでも勝つあたりはさすが世界3位。


さて、決勝は柏vsG大阪になったわけですが。
今日の内容を見る限り、G大阪の回復具合によって結果が左右されそうな気配です。中2日で今日以上のコンディションにもっていければ、G大阪が圧勝するんじゃないかと。そうでなければ、柏が今日のような試合を再現するんじゃないかと。
元日はやや楽しみです。
posted by plop at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。