2008年12月08日

J1 第34節

土曜日は急遽飲み会で、鹿島の優勝を見届けてから出発。翌日曜日に、一人ワインで祝杯を挙げました。2日連続ででろれんと酔っぱらっていたせいで、旬を逃しつつの更新と相成ったわけで。

さて、今期のJリーグもこれで終了。
鹿島が順当に勝ったおかげで優勝争いには波乱はなかったのですが、降格争いが大変なことに。まさか1ヶ月前の予想が当たるとはねぇ。
チーム毎のまとめとかはまた明日。の予定。

札幌vs鹿島以外は、いつも通りJリーグタイムを見ての短評です。

札幌 0−1 鹿島
 序盤はホームで最終戦を迎えなんとか勝ち点を、という札幌が押し気味に進めます。が、20分を過ぎたあたりから慎重な立ち上がりをみせた鹿島が盛り返し始め、チャンスをいくつも作るようになります。
 35分、野沢がFWの動きを囮にしつつ中央へ横のドリブル、シュートコースを塞がれる前に鋭く右足を振り抜くと、ボールはゴール左隅に突き刺さりました。昨期同様、野沢が重要な試合でゴールを決めて優勝に向けて大きく一歩進みます。

 その後の札幌は、点を取らないといけないにもかかわらず、後ろからの押し上げと前線からのプレスがまったくかからない消極的な試合運び。後半に入っても展開は変わらず、鹿島は悠々とDFラインでボールを回して時計を進めることができました。
 55分に札幌が選手交代のカードを切って、ようやく鹿島がボールキープする時間が短くなりましたが、今度はやや前掛かりになり過ぎな前線と押し上げきれないDFラインとの間が空くようになり、鹿島に何度もカウンターから決定的な場面を作られてしまいます。マルキーニョスの調子が良ければ早々にトドメを刺されていたかもしれません。

 80分を過ぎてもゴールの数は変わらないまま。交代枠を使い切った札幌はどんどん攻めますが、鹿島はチーム全体が落ち着いて対処。カウンターに入っても相手コーナー付近にボールを運んで、札幌にいい形で攻めさせないよう注意を払い、42分と44分には時間稼ぎの交代をするなど、「試合を閉じる」という意識が全員で統一されていました。
 そしてタイムアップ。0−1で勝利して勝ち点を63に伸ばし、2008年J1リーグの優勝を決めました。昨期は、浦和がシーズン終盤に大失速した末の棚ぼた的優勝でしたが、今期は前節までの33節中17節で首位に立ち、終盤は28節以降首位を明け渡すことなく優勝を決めました。往年の力が戻ったと言い切っていい、見事な優勝でした。

大分 0−0 名古屋
 大分は、3点差をつけて勝てばAFC出場権を得る3位以内の可能性がある4位。いつも通りの堅い守備からカウンターを仕掛けて名古屋ゴールに迫りますが、どうしても得点が奪えません。結局、スコアレスドローで4位のままとなりました。
 名古屋は、勝てば鹿島の結果次第で逆転優勝が狙える2位。いつも通りマギヌンを中心にしたサイドからの攻めを見せますが、どうしても大分の守備をこじ開けることができません。結局、スコアレスドローで川崎に抜かれ3位となりました。

東京V 0−2 川崎
 最終節の大波乱劇場、その1。
 東京Vは、引き分け以上なら千葉の結果にかかわらず自動降格なしはほぼ決定という16位。序盤から動きの堅い川崎相手になんとか無失点で時計を進めていきます。しかし、26分に福西がセットプレーのこぼれ球をPA内でクリアする際に、後ろから来た相手選手に対して故意に腕を当て(腹部へのバックブローのような感じ)、PK+一発退場。このPKはジュニーニョが外してくれましたが、川崎相手に10人では守りきれるはずもなく、64分に先制を許してしまいます。ロスタイムにトドメとなる2失点目を喫し万事休す。
 川崎は、大量得点で勝たなければ逆転優勝はないという3位。それがプレッシャーになったのか、2試合連続4−0と好調だった前節までとは打って変わって硬いプレーに終始。チャンスを作っても決めることができません。東京Vが10人になってもなかなかゴールをこじ開けることができず、先取点は64分まで待たなければいけませんでした。その後も追加点を奪うことができず、ロスタイムになんとか1点を取るのがやっと。それでも名古屋を抜いて2位でシーズンを終えることになりました。

磐田 0−1 大宮
 磐田は勝てば残留が決まる15位。とはいえ、やはり失点を恐れて慎重に試合を進め、他会場の経過を見ながら対処していこうという感じ。後半途中まで千葉も東京Vも負けていたので、磐田は負けても残留決定でしたが、75分に先制され、千葉がその後逆転すると状況は一変。引き分ければ千葉と勝ち点で並び、得失点差で上回る磐田が15位をキープできるはずでしたが……攻撃の駒不足、そしてオフト監督の攻撃戦術のアイディアの無さが祟って、交代枠を一つ残したまま0−1の敗戦。なんと千葉に抜かれ、16位となってJ2仙台との入れ替え戦に臨むことになりました。
 大宮は例え負けても、入れ替え戦までしか落ちない13位。終盤になってようやく安定感を取り戻した守備が、最終戦でも機能して磐田の攻撃を封じます。攻撃は相変わらずイマイチではありますが、75分に小林大悟が貴重な先制点を上げると、その後は磐田の攻撃を凌いで勝利。順位を一つ上げて12位でシーズンを終えました。

千葉 4−2 FC東京
 最終節の大波乱劇場、その2。
 17位と自動降格圏に位置する千葉は、この試合に勝った上で磐田と東京Vの結果待ちという立場。終盤に入ってからの守備崩壊がまたも出てしまい、39分、53分とハーフタイムを挟んで2失点。これで終わりだろうな……と誰もが思う中、56分に新居、63分に谷澤が交代で入ると、試合の流れが一変します。74分、新居のシュートがGKの手に弾かれながらゴールに飛び込むと、今度はFC東京の守備が崩壊。77分に谷澤が同点とし、80分には今野がPKを与えてしまい、これをレイナウドがきっちりと決めて逆転。わずか6分で試合をひっくり返し、この時点で順位を15位に上げることに成功します。その4分後には、またも谷澤が駄目押しとなる4点目を決めて、この試合の勝利を揺るぎないものに。そして、東京Vと磐田が負けた瞬間、残留となる15位へのジャンプアップが決まりました。
 FC東京は奇跡が起これば、3位以内にジャンプアップするかもという5位。このところの好調そのままに、序盤から試合を優位に進めて前半のうちに先制、後半も立ち上がりに追加点と理想的な展開。しかし、これで気が緩んでしまったのか、それとも残留に執念を燃やす千葉の勢いに押されたのか、74分からの10分間でなんと4失点を喫するという信じられない状態に。順位を一つ落とし、6位でシーズンを終えることとなりました。

新潟 3−2 G大阪
 ここからは、優勝も降格も関係ない試合。
 新潟は、2−0とした後に追い付かれましたが、試合終了間際に勝ち越して最終戦を白星で終えました。しかも25節ぶりの3得点。G大阪に勝ちきってシーズンを終えたことは自信になるかも。順位は13位。
 G大阪は、クラブW杯と天皇杯に目標を据えているためか、このところリーグ戦は淡泊な感じ。ここ5試合で11失点という守備の脆さが出て、一時は追い付きながら3失点での敗戦。まあ、怪我人を出したくないだろうし、コンディションも崩したくないでしょうからねぇ。最終順位は8位でした。

京都 1−3 清水
 既に残留を決めた京都は、やはり気の緩みを見せて37分と38分に連続失点。終始試合の流れを握られたまま80分にも失点。最後に柳沢が一矢を報いますが、まあ仕方のない敗戦というところでしょうか。結局14位に順位を落としてシーズン終了。
 清水は天皇杯に向けていい準備をしているなぁ、という内容で最終戦を勝利で飾りました。早々に優勝戦線から脱落しながら最終順位は5位まで上げてきました。長谷川監督の続投も決まったようですし、来期こそはという思いでしょう。

神戸 0−2 柏
 神戸は松田監督の続投が決まったはずが、最終節直前に電撃退任決定。今期、要所要所で上位陣を苦しめてきた堅くて速いカウンターサッカーは、更なる完成を見ずに終わることになりました。チーム内に走った動揺も大きかったようで、いいところ無く敗戦、10位で終了。
 柏は、フランサが怪我で抜けて李が戻ってきたことで、前線からのプレスが復活しつつあるようです。いや、最終節ですけどね。しかし、石崎監督の有終の美を飾ることができました。最終順位は11位。

浦和 1−6 横浜M
 浦和は、今期のフロント、監督・コーチ陣、選手達のゴタゴタを集大成したような大惨敗を喫してシーズンを終えました。もはやチームとして機能しないところまで壊れてしまったようですね。まあそれもこれもシーズン序盤に、選手達がオジェック監督への批判を強め、フロントがそれに応える形で監督を解任したのが原因ですから、自業自得以外の何物でもないです。31節には2位だったにも関わらず、3連敗で最終順位は7位。目も当てられないとはこの事ですね。
 横浜Mは、もはや組織だったサッカーをできない浦和を、簡単に、そして徹底的に料理。今期最初で最後の6得点と、遅まきながら攻撃陣が爆発して楽勝と相成りました。最終順位は9位、シーズン中盤には16位まで順位を落としていたことから考えると、上出来でしょう。
posted by plop at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。