2008年11月20日

W杯最終予選 カタールvs日本

一応、生放送を見ていたわけですが予想外の快勝にびっくり。
まさか0−3とはねぇ。

とはいえ、何故かついこの間までUAE代表監督だったブルーノ・メツがカタール代表監督になっていたり(調べてみたら9月に代わっていたらしい)、いつもの中東クオリディが炸裂した当然の結果と見てもいいかもしれません。
# 中東の各国サッカー協会は、王族が主要メンバであることが多いため、
# 面子に拘るあまりすぐに結果が出ない代表監督を首にすることが多い
# 個人的にこれをサッカーにおける「中東クオリティ」と呼んでいます。


前半から日本はサイドにボールを散らして、うまいこと攻め上がりますがゴール前では人数が足りなかったりポジションニングが悪かったりと、決定的なチャンスはなかなか作れず。逆にDFラインや中盤でつまらないパスミスをしてピンチを迎えたりします。

が、19分、右SBの内田がハーフウェイライン付近から長いボールをゴール前に入れると、これが誰も触れずに逆サイドから斜めに走り込んだ田中達へ。右に流れて角度が無くなりましたが右足で流し込むと、ボールはGKの股間を抜いてゴールへ。
ボールに触る前からイメージが出来ていたと見ているこっちに確信させるほど淀みない流れでの見事なゴール。0−1として試合の主導権を握りました。

監督が代わったばかりであること、そしてホームでリードを奪われたこともあってカタールの守備戦術は縮こまってしまいました。
中盤からプレスをかけようと日本ボールの時にはそれぞれの選手が定位置に戻るのですが、そこから共同してプレスに行くタイミングがまったく判らないようで、まるでパス練習のように日本の中盤にパスを回されます。
それでも失点しなかったのは、日本が今までより攻撃的な4-2-2-2の布陣を敷いていながら、2トップが田中達と玉田なために中盤まで下がってくることが多く、いざと言う時にゴール前の人数が足りないかったからでしょう。

前半は日本が優位に試合を進めたまま終了。
後半に入ってすぐ今度は玉田のゴールが決まって0−2。左45度から長谷部からの横パスをダイレクトでミドルシュート、という玉田らしからぬシュートが決まってリードを広げます。

この得点で日本はかなり落ち着いた感じになり、前半に散見されていたミスもほとんどなくなります。
が、今度は荒くなってきたカタールのプレーに加えて、中国人の主審によるやたら笛を吹かない傾向の判定によって、日本の選手がピッチに倒れ込む姿が多くなります。
中国のリーグだとファウルの基準はかなり甘いんだろうなあ。

意図的なファウル(顔に手が入る、後ろから蹴る、悪質なスライディング)は、時にノーファウルと判定される中、日本の選手達は冷静さを失わずにプレーを続けます。
そして68分、右CKのチャンスからショートコーナー。中村俊輔が戻ってきたボールをファーサイドへ送ると、CBの寺田と闘莉王がジャンプ。寺田の後ろに位置していた闘莉王が、見事に狭いところを抜くヘディングシュートを決めて0−3。これで勝負あり。

残り時間、完全に冷静さを失ったカタールに悪質なファウルを受けながら、大きな怪我をせず、失点もせず、かなりの時間を相手陣で試合を進めた日本が完封で勝利を収めました。


今年の日本代表の試合日程はこれにて終了。岡田監督が代表監督に就任して約1年になります。とはいえ、日本代表自体が「成長した!」と実感できなかった1年ではありました。
まあまだ1年ですし、代表だと選手を集めて合同練習するのにもスケジュール調整が大変だし、結果や内容に即結びつくというのではないというのはわかります。

しかし、それを除いたとしても、前任のオシム監督が築きつつあったベースを基にしていながら、上積みという面では期待外れだったと言わざるを得ません。
トルシエ監督時代のように、一からチームを作り直すというのであれば時間がかかるのは納得ですし、事実あの時は1年経たずに目指すサッカーが見えていました。(結果が伴ったのはその1年後)
今回は、オシム前監督が創り上げつつあったチームを引き継いで、そのコンセプトをベースにしながら上積みをしていくという建前だったはずです。その建前から考えても上積みはほとんどゼロ、ほぼ停滞しているようにしか見えません。もし違うコンセプトを目指しているということであれば、そのコンセプトがピッチの上から感じ取れません。

夏までは移行期間として必要だろうと内容には目をつぶってきましたが、そろそろ日本代表が目指すべき「軸」を示して貰わないと、ジーコ監督の時と同じ轍を踏むんじゃないかと危惧しています。
個人的には、岡田監督自体が目前の対戦相手によってコロコロと戦術を変えるだけで、長期戦略というチームの軸を組み立てられていないことが「試合内容のブレ」に繋がっているんじゃないかと思います。
今のところは結果には表れていませんが、世界の強豪との真剣勝負になった時にボロが出るような気がしてなりません。杞憂ならいいんですが。
posted by plop at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。