2008年09月07日

W杯最終予選 バーレーンvs日本

一応生テレビ観戦でしたけど、あまりにもあんまりな内容だったんで試合終了後、即寝ましたよ。
まさか0−3から残り3分を切って、2−3になるなんて誰も思わなかったでしょうよ。今時J2でも出ないようなプレーにがっくり。試合の閉じ方を知らないって言えばそれまでなんですけどね。

試合の方は、最近お気に入りの4-5-1というか4-2-3-1の布陣で始まり、開始から積極的に動き回ります。トップ下の位置に田中達也を置くとパスの出し所が多くなり、また1トップの玉田と相まって前戦からのチェックがよく効いています。
が、攻撃における1トップの厳しさは否めず、田中、玉田にボールが入ってもファールを受けるのが精一杯。バーレーンの守備を崩してシュートという場面は作れません。

しかし、何度もファールをもらってセットプレーを数多く得れば、それだけ得点のチャンスも増えるというもの。
18分、PA外やや右寄りの位置でFKを貰うと、中村俊輔が相手GKの予想を外して、壁の横を抜いてゴール左下へとシュートを決めて先制。中村俊輔といえば、壁を越えるボールで狙ってくるという固定観念を逆手に取った見事なシュートでした。

この先制点で日本の勢いは陰りを見せ、徐々にバーレーンに流れが行き始めます。危ないミドルシュートは何本かあったものの、SBの裏を狙ってくるバーレーンの攻撃をよく防いでチャンスらしいチャンスを作らせません。
攻め込まれながらも時々セットプレーでチャンスを作るのは、むしろ日本の方。アウェイでやや攻め込まれながらもいい感じで時計を進めていきます。

44分、CKからサインプレー。ぽっかりと空いたゴール正面から中村俊介のシュート、これが相手DFのハンドを誘ってPK獲得。これを遠藤がなんなく決めて0−2とします。
これで前半終了。日本は、いい時間帯に先制して、いい時間帯に追加点を取ることができました。

後半に入ると、日本は早い攻守の切り替えからのショートカウンターっぽい攻撃は鳴りをひそめ、もっぱらゆったりとしたボール回しからの攻めになりました。
余裕があること自体は問題ないのですが、余裕を持つと油断してしまう中村俊輔あたりが1対1でボールを奪われたりパスカットされたりすると、途端にピンチになってしまいます。相変わらずまともにシュートを打たせないDFラインと長谷部、遠藤のダブルボランチは優秀なのですが、なにやらイヤな雰囲気は否めません。

それでも66分にバーレーンに退場者が出ると、日本のボール保持率はいよいよ高くなり、バーレーンは2点差がありながら引いて守ってカウンター気味にボールを蹴り出すしかなくなります。完全に日本のペース。あとは追加点を取るのか、無失点で試合を閉じることができるのかという点に興味が移ります。

危なげなく試合を進めて、85分、途中交代で入った中村憲剛がミドルシュートを決めて0−3。これで勝負あったと思われました。

が、これで勝ったと油断したのか、なんとここからミスが連発。87分、右サイドから斜めの低いパスが入り、これがPA内左にいたサルマンに通ってしまいます。マークしていたのは右SB内田ですが、一瞬パスカットを狙おうと前に踏み出してしまったのが命取り。入れ替わる格好になって、なんなくゴールを決められてしまいました。
続く89分、今度はロングボールを下がりながらGKに戻そうと闘莉王が頭に当てたところ、指示をしながらキャッチにきた楢崎の横を抜けてしまい、オウンゴール。これで2−3。

馬鹿馬鹿しいミスが連続で出してしまい、一時はどうなるかと思われましたが、ロスタイムの3分をなんとかしのいでタイムアップ。日本は勝ち点3を得ることができました。


さて、まずは馬鹿馬鹿しいミス2連発から。
ん〜、まず内田のミスはJリーグでも稀に出るので、まあ若さってことでしょうね。欧州の主要リーグなら二度と使われなくなるようなプレーですが、そこはそれ。ここは日本ですから。鹿島の場合、代わりの右SBもいませんし、なによりリーグと代表(五輪含む)で使われすぎってのもありますしね。お目こぼし中というところでしょうか。
闘莉王のミスはねぇ……イケイケの時はもちろんだし徐々に攻め込まれる分にはいいけど、突然守勢に立たされると意外と脆いんですよね。昨年のJリーグ終盤でもそうでしたが、追い込まれた状況で劣勢になると途端に自信をなくしたようなプレーに終始するのは感心しません。普段強気の態度が、こういう不安をかかえてのものだとすると、これ以上大成しない気がしますがどうでしょう。

次にチーム全体にいえることですが、緩急の差が無さすぎるのが気になるところでして。
前半開始から先制するまでは、全員よく動いていました。しかし、忙しなく動くだけで緩急がつけられないので徐々にバーレーンの守備が対応し出すのがわかりました。今日はFKから先制点が取れましたが、あのまま無得点で30分を過ぎていたら、ジリ貧になっていたかもしれません。
その傾向は先制後も顕著で、先制して全体的に動きが落ちて足元にボールを貰うようなプレーに終始していました。前線の2人は元気に動き回っていましたが、さほどキープ力がない2人ですから中盤の動きが少なくなるとそれに応じて前線でのパス回しに支障が出てしまいます。

後半に入ると、それがより顕著になります。よくボールは動きますがほとんどが足元へのパス。中盤で動きながらパス交換する場面もありましたが、周りの動き出しがないのでそれも続きません。ワンツーまでは通っても、その後の「スリー」で決定的なチャンスを作り出すまでにはいかないのです。ゆったりパスを回しつつ、相手の隙を見つけたらスピードアップというのが理想ですが、そういう意図を持ったプレー自体みることができませんでした。
結局、ゴールはFK直接とPKとミドルシュート。がっちり引いているわけでもないバーレーン相手にこれでは、最終予選を通過できても本大会では北京五輪と同じ結果になるんじゃないかと危惧しています。

あと気になったのは守備、特に前線からのプレスのかけ方です。
後半になってより表出したのですが、FWと中盤前目の玉田、田中、中村俊輔、それに途中からFWに入った佐藤寿人のプレスが「ただボールホルダーを追いかけるだけ」になっていて効果が薄く、その上ボランチやSBが前に出てプレスをかけに来た時に挟み込みに行かないのが気がかりなのです。
ここで言うのも何ですが、柳沢は相手のパスコースを切りながら近づいていくのが非常にうまい選手で、それを基準に見ているのがアレなんですけど、柳沢の曲線を描きながら相手の動きを制限しつつ距離を詰めていく動きに比べると、上記の選手たちは直線的過ぎるんです。もー最短距離。でも、それじゃ簡単にパス出されて終了。ですから、もうちょっとクレバーな守備をして欲しい。
今日の玉田と田中は、競り合って倒れた直後に起きあがってすぐにボールを取りに行く姿勢を随所に見せてくれました。でも、そのがむしゃらさだけではこの先通用しないと思うんです。特に本大会では。ドイツ大会のブラジル戦を思い出してもらえれば、まあわかると思います。


なんにせよ、最終予選の初戦で勝ち点3を取ることができたのは大きいです。不安を抱えつつ、来年まで最終予選を戦っていくことになりそうな予感。途中で監督交代やらゴタゴタが起きなければいいのですが。
posted by plop at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。