2008年06月22日

W杯アジア3次予選 日本vsバーレーン

もう3次予選突破を決めていて消化試合でしたし、バーレーンの先発を見てもDF登録5人と、明らかに主力を落としてスコアレスドローを狙ってきていましたから、またしても音声だけ聞いてネットしてました。
ちなみに、日本の先発は主力はそのままで前目だけ入れ替えた感じ。なんで中村俊輔と遠藤を休ませて、他のメンバーの組合せを試そうとしないんだか。

結果的には、1−0の勝利。それも後半ロスタイムに入るかどうかというところで、内田がこぼれ球を頭でゴール前に送ったボールがワンバウンドしてGKの頭上を越えてゴールという、ややラッキーなもの。相手GKとDFの連携ミスでどっちも落下点に向かわず、クリアしようとしませんでした。
あ、この場面だけは何故か見てました。ホントにたまたま。

まあずっと見てたわけじゃないんで偉そうなことは言えませんが、またしても日本は完全に引いた相手を崩せなかったようですね。なんでもっとサイドを深くえぐらないのか。雨も降ってたんだから低いミドルシュートも狙えばいいのに。
ただ、セットプレーは多かったし、前半にはPK(中村俊輔が蹴って防がれた)、後半には遠藤のFKがバーに当たってバウンドした時にゴールラインを越えましたがノーゴールの判定、と惜しい場面はあったようです。

前半はかなり押し込んでいて、カウンターもほとんど受けていなかったようですが、後半に入ってかなりいいカウンターを何回も受けていたような。なんだかタイ戦と同じような流れのような。その割に、また交代が遅かったような。
まあ、65分の佐藤寿人→山瀬はいいとして、73分に安田→今野ってのは押されてる状況の割に遅いんじゃないかと。65分に2人同時でもいいと思うのは結果論ですかね? 80分に本田→巻ってものもう5分早くてもいいんじゃない?
タイ戦と同じで、後半に入って相手が修正してきて逆に押されるようになってるのにもかかわらず、対応が遅いってのは最終予選で致命的な状況を招く要因になると思うのですが。

さて、日本は勝ち点3を得て実質的に意味のないグループ1位になりました。ただ、戦術的な上積みはほとんど感じられず、逆に中心選手である中村俊輔、遠藤が抜けた時にどう戦うかというテストする場を失っただけのようにも感じられます。
バーレーンは、主力を欠いても勝ち点を取るサッカーを目標に強の試合に臨んだのは明らかで、それはほぼ90分成功しました。

もちろん見方を変えれば、日本は引いて守る相手に猛攻をかけて、最後の最後に相手の集中力を切らすことに成功したと言えますし、バーレーンはスコアレスドローという目標を達成できませんでした。

今日の試合の評価は難しいですね。怪我人が出なかったのはなにより喜ばしいことなのですが。
posted by plop at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。