2008年06月20日

動画、というよりむしろ曲紹介(その2)

さて、動画紹介2回目のお題はVOCALOIDオリジナル曲。それも初音ミク独自のキャラクター性に基づいた曲、VOCALOIDがヴォーカルでこそ意味をもつ曲のみを、ほぼ初音ミクオンリーでお届けします。

初音ミクのキャラクター性というのは、おおまかにいうと
・「萌え」を意識した容姿(アニメっぽいイラスト、髪型)の16歳の女の子である。
・パソコン用ソフトウェアであり、インストールされ起動しないと歌えない。
・使用者が歌詞を打ち込まない限り歌えない。
・使用者のスキル、知識、経験値によって歌の出来に(時に大きな)差が出る。
といった感じでしょうか。
こういった要素を踏まえつつ、初音ミクという「人格」が仮想的に造り上げられました。(というか、徐々に出来上がったというのが正解ですが)

そして人格を持った「ミク」がその心情を歌ったオリジナル曲が、発売後しばらくして作られるようになります。それまではカバー曲がほとんど、またノウハウも蓄積されてなかったので、どうにも微妙なデキのものが多かったミク曲の中で異彩を放ち、視聴者の支持を得るようになりました。

続きを読む
posted by plop at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。